BLOG
What's New:イベント・インテリジェンス、オンコール管理、オートメーション、モバイルなどの最新情報

投稿:Invalid date   |    更新:2022年7月27日

私たちは、PagerDutyプラットフォームの新しいアップデートと機能強化のセットを発表することに興奮しています。製品チームからの最近の更新は、オンコール管理、イベントインテリジェンス、およびモバイル製品、PagerDutyコミュニティ&アドボカシーイベントが含まれています。新しい機能により、ユーザーや顧客はインシデントの迅速な解決、以下のようなことを行うことができます。

  • 強力なイベントインテリジェンスにより、システム全体のノイズを制御し、手動イベント処理の量を削減します。
  • Rundeckの最近のリリースでオートメーションのセキュリティが向上しました。
  • オンコール管理機能の向上により、応答者の燃え尽き症候群を軽減し、応答者が常に重要な事件に迅速かつ効果的に対処できるようにします。
  • PagerDutyのモバイルアプリの最新アップデートにより、重要なコンテキストの表示と重要なインシデントレスポンス機能へのアクセスが可能になりました。
  • PagerDuty App for ServiceNowの製品デモと、2021年からのイベントインテリジェンスの機能をWebinar & Eventsからご覧いただけます。
  • PagerDutyとRundeck、LaceworkをTwitch Stream上で連携させる方法について同業者から学ぶ

また、新機能のデザインパートナーとしての参加も歓迎します。また、ソリューションガイドのコレクションを通じて、組織内のさまざまなチームがPagerDutyオペレーションクラウドをどのように受け入れ、利益を得ることができるかを発見していただけることを願っています。

ソリューションガイド

PagerDutyは、IT部門以外の部署でも利用できることをご存知でしょうか?その通りです!マーケティング、営業、財務、人事などのチームがPagerDutyを使用して重要なビジネス機能を処理するのに役立つ、私たちが共有したソリューションガイドをチェックしてみてください。

pagerduty-solution-guides-for-business-a-1536x905.png

イベント・インテリジェンス

イベントインテリジェンス(EI)は、企業がダウンタイムを削減し、顧客体験を実現するために役立つMLを活用したソリューションです。最新のEI機能は、ノイズを減らし、根本原因を突き止め、手動プロセスを自動化してインシデントの発生を減らし、迅速な解決を可能にする実用的なインサイトをチームに提供します。

イベントオーケストレーション

イベントオーケストレーションにより、チームはノイズを減らし、手動によるイベント処理を削減し、業務効率の向上と労力の軽減を図ることができます。イベントオーケストレーションのディシジョンエンジンは、カスタムロジックを作成し、イベントの条件に基づいて、適切なチームへのイベントのルーティングを大規模に強化、変更、制御することを可能にします。

event-orchestration-c-routing-rules-1536x905.png

ネストされたイベントルールを機械学習とターゲット自動化と組み合わせて、診断および修復アクション(システムヘルス統計情報の取得、自己修復の実装、導入の自動ロールバックとサーバーの再起動を含む)をトリガーします。

event-orchestration-automated-diagnostics-1536x905.png

Event Orchestrationのデモをご覧ください。

オンコール管理

チームの健康、幸福、そして全体的な幸福は、すべての組織の成功の鍵です。私たちのオンコール管理機能は、組織の最も貴重な資産である「人」を守るために役立っています。

ラウンドロビンスケジューリング

ラウンドロビンスケジューリングは、複数のチームメンバー間でオンコールシフトの責任を公平に分配することができます。この機能は、チーム内の異なるユーザーに新しいインシデントを自動的に割り当てることで、チームが燃え尽きるリスクを抑えながら、可能な限り効率的にインシデントを解決できるようにするものです。

round-robin-v2-1536x905.png

デモをご覧ください。

オートメーション

Rundeck 3.4.7, 3.4.8, 3.4.9, および 3.4.10 リリース Rundeck Enterprise と Rundeck Community の最新の Rundeck 機能と拡張をチェックしてください。

  • HashiCorp Vault Pluginは、より多くのログを記録し、パスワードが保存されている場所とは異なるネームスペースへの認証をサポートし、セキュリティを強化しています
  • Spring Securityのバージョンを5.1.11から5.2へ変更し、セキュリティを強化。
  • Rundeck Enterprise と Rundeck Community の両方で log4j を 2.17.0 に更新し、最近の Log4J の脆弱性に対処しました。
  • Rundeck Enterprise のパスワードリセット機能は、アカウント上で直接パスワードをリセットする代わりに、リセットリンク付きのメールを送信することでローカルユーザーのパスワードをリセットできるようになりました。

これらのアップデート、およびその他のコア製品のアップデートとバグ修正の詳細については、3.4.7, 3.4.8, 3.4.9, 3.4.10 のリリースノートでご確認ください。

インシデントレスポンス

モバイルインシデント詳細リフレッシュ

新しく改良されたモバイルのインシデント詳細画面では、インシデント対応プロセス中のお気に入りの機能すべてに、一箇所から簡単にアクセスできるようになりました。新しいカルーセルで、再生の実行、優先度やメモの追加、ステータスアップデートの投稿など、さまざまなことが可能です。

mobile-incident-details-redesign-combo-1536x905.png

詳しくはナレッジベースで最新のモバイルリリースノートをご覧ください

製品廃止のお知らせ

  • 2022年3月31日 - Webhooks V2 は、現在一般公開されている Webhooks V3 に置き換わります。

ウェビナー&イベント

以下のウェビナーやイベントに参加し、PagerDutyの最近の製品アップデートと、それがどのようにお客様に利益をもたらすかについて、より詳しく学んでください。

Datadog_webinar_300x300-1-150x150@2x.png

  • PagerDutyでノイズを減らし、イベントルーティングを管理する方法 - PagerDutyのシニアプロダクトマネージャであるFrank Emeryが、PagerDuty Event Orchestrationで管理しきれないレベルのノイズと複雑さに対処する方法を説明します。オンデマンドでウェビナーを見る
  • イベントインテリジェンスの最新情報 - 2021 Roundup - Vivian Chan、Frank Emery、Vera Chanによる製品デモとQ&Aで、イベントインテリジェンスの最新のアップデートをオンデマンドで入手できます。オンデマンドでウェビナーを見る
  • イベントインテリジェンス101 with PagerDuty University - Hannah Lodiseが、イベントインテリジェンス機能がいかにチームのシステムノイズを減らし、問題のトラブルシューティングを迅速に行い、手作業を排除して迅速な解決を可能にするかを詳細に説明します。オンデマンドでウェビナーを見る
  • ServiceNowとPagerDutyの統合によるメジャーインシデント管理のレスポンスタイム改善 - ServiceNow統合の製品デモとLaura ChassagneとVera ChanによるQ&Aで、CMDBデータの活用、可視性とコンテキストの向上、インシデントレスポンス、さらに自動診断と自己回復によるインシデント解決時間の短縮について詳しく学びましょう。オンデマンドでウェビナーを見る
  • PagerDuty Pulse Q3 - 最新の製品デモをQ3 PagerDuty Pulseでプレイリストにまとめてオンデマンドでご覧いただけます。今すぐQ3 PagerDuty Pulseをご覧ください

PagerDuty Community Twitch Stream

私たちのTwitchチャンネル、PagerDuty Twitch StreamとPagerDuty Community Twitch Streamに参加して、私たちのデベロッパーアドボケートが率いる最新のストリームをキャッチアップしてください。

Twitch_resource_300x300_1-150x150@2x.png

もし、あなたのチームがこれらの機能拡張を利用できるのであれば、ぜひアカウントマネージャーに連絡して、14日間の無料トライアルに申し込んでください

この記事はPagerDuty社のウェブサイトで公開されているものをDigital Stacksが日本語に訳したものです。無断複製を禁じます。原文はこちらです。

book-markカテゴリー :DevOps
book-markタグ: