アラートの集約と分類

アラートのトリアージと機能

PagerDutyを使用すると、DevOpsとIT Opsのチームは、重要なアプリケーションとインフラストラクチャのすべてのデータを単一のプラットフォームに集約することができます。

アラートをグループ化することで、関連するすべてのコンテキストを単一のビューに統合することができ、チームは重大な問題について簡単に特定、優先順位付けすることができます。

イベントの正規化機能、機能の詳細をご覧ください

アラートテーブルCEFフィールド

フィルタリングし、正規化されたフィールドを使用してアラートを検索します。

インシデントマージAPI

関連するアラートをAPI経由で自動的にマージします。

アラートトリアージ

アラートを1つのインシデントに統合することで、ノイズを大幅に削減し応答時間を短縮します。

ルールエンジン

大量のデータをプログラムで管理し、アラートやインシデントの動作をインテリジェントに調整します。

抑制

問題の指標を把握しながら、イベント通知を受け取ります。

セルフサービス統合とイベント集中化

PagerDutyはあらゆる監視、デプロイ、チケットツールと簡単に統合でき、すべての重要なデータを集中管理できます。

正規化

統合された監視ツールとカスタムツールのアラートデータは、共通の形式に正規化することで、負荷を軽減します。

充実化されたインシデント

インシデントの詳細には、関連するすべてのアラートコンテキストを統合し、グラフ、イメージ、ランブックリンク、メタデータ、電話会議番号を直接組み込むことができます。

Events API v2

Events APIを使用すると、すべてのイベントデータを正規化し、分類するのが簡単になります。

PagerDutyのインシデント解決プラットフォームは、ノイズを削減し、インシデントをより迅速に解決するのに役立ちます。

PagerDutyの導入事例を見る

導入事例はこちら

PagerDutyに関するお問い合わせはお気軽にお寄せください。

お問い合わせ