全システムを見える化し即応を支援するダッシュボード「オペレーションコマンドコンソール」

システムの全レイヤーを可視化してソフトと顧客体験を改善する実用的な運用のためのインサイトを提供するダッシュボード

Operations Command Console

Infrastructure Health Module

PagerDutyのInfrastructure Health Moduleは相関するイベントを時系列で可視化し、インフラストラクチャー全体の健全性を認識できます。これにより、サービス中断時のよくある傾向を見ることができ、解決までの平均時間を短縮し、ビジネスに影響を与える前に、問題を把握できます。

  • パターン、傾向、異常を特定
  • インシデントのビジネスへの影響と重大性を評価
  • 迅速な問題特定のためデータ ソースまたはサービス毎にプロット

Service Health Module

PagerDutyのService Health Moduleは即時に選別・優先順位決定が必要なサービス、インシデント対応が進行中のサービス、オープンされたインシデントのない正常な状態のサービスを特定します。PagerDutyが持つ洞察力によって負荷が軽減されるため、IT チームは自社のデジタル ビジネスの全体的な健全性をすばやく把握することが可能です。

  • 自社のインフラストラクチャーの横断的なサービス検索
  • 自社サービス全体のステータスを統合したビュー
  • 関連するインシデントを簡単に表示して、インフラストラクチャー全体に及ぶ状況を取得

Responders Module

PagerDutyのResponders Moduleは適切な関係者を集め、対象となる問題の組織内のエキスパートと連携し、オープンされているインシデントをより迅速に解決します。密接な連携という面で、ビジネス ステークホルダーは、継続的なアップデート情報やコミュニケーションの流れを通して、緊急度の高いインシデントに取り掛かっているレスポンダーを識別することができます。

  • すばやくレスポンダーの連絡先詳細を取得
  • すべてのエスカレーション ポリシーとそれに該当するレスポンダーを表示
  • オープンされているインシデントの修正に対応しているレスポンダーを識別

Major Incidents Module

PagerDutyのMajor Incidents Moduleはリアルタイムで発生する重大なインシデントを表示し、根本原因の迅速な分析と解決に向けて、影響を受けているサービスとインフラストラクチャーの関係を特定します。

  • 優先順位付けされたインシデントの一覧を表示
  • 特定のインシデントにフォーカスし、関連するより多くの情報を入手
  • 関連するインシデントをすばやく表示し、インフラストラクチャー全体の状況を把握

Operations Command Console は、将来的にも非常に期待できるPagerDutyの拡張機能です。監視ツールや、ノイズの直接の関連性を統合したビューを提供し、より適切にサービスを管理してサービスの停止状態を防ぐのに役立ちます。Operations Command Console のおかげで、問題が実際に起こる前に、予測することが可能です。

PagerDutyの導入事例を見る

導入事例はこちら

PagerDutyに関するお問い合わせはお気軽にお寄せください。

お問い合わせ