Developers

CODE IT
SHIP IT
OWN IT


コードを所有し、インシデント管理を自動化することで、
より多くの時間をイノベーティブな作業に費やせます。

開発者はただプログラミンをしているだけではありません。本番環境のサービスを成功させる責任を担っています。
PagerDutyは、開発者がプログラムのパフォーマンスにすぐに対処でき、本番環境のアプリをスムーズにリリースできるようにします。

インシデント対応
ライフサイクル

  • ご使用の監視ツールからアラートを受け取り、類似したアラートをインシデントごとに分類することで、オンコールの開発者、NOC、DevOpsエンジニアに関連する情報だけをEメール、電話、SMS、プッツ通知など各担当者にあった方法で送信します。
  • 運用手順書のような関連情報を表示したり、他のチームメンバーを参集したりして素早くインシデントを評価・解決し、過去のインシデントを学習して今後の問題発生を防ぎます。
  • インシデントが解決すると、PagerDutyでは、事後検証を合理化して今後の対応をよりスピードアップし、繰り返し起きる問題を見分けることで、結果的に、優れたプログラムを書くことにチームは専念出来る様になります。

インシデント管理を自動化して、優れたサービスの構築により多くの時間を割けるようになります。開発者がPagerDutyを活用する方法を常にチェックします。

顧客エクスペリエンスの問題を先読みする

何か問題が発生した場合、いち早く自分で情報を把握することが重要です。ユーザーが影響を受け、解約やログオフし、最悪の場合、競合他社に切り替えてしまう前に、状況をコントロールしましょう。

PagerDutyのOperations Command ConsoleとIntelligent Applicationでは、お客様のインフラストラクチャの全体的なビューを提供し、問題の根源と影響を受ける依存関係のあるサービスを容易に特定します。

サービスの停止による影響を視覚化することができれば、依存関係をより深く理解できるため、顧客に影響を与える前に問題を解決し、また将来的には質の高い製品を提供することができます。

中断を最小限に抑えて、本来の作業に集中

重要事項に時間を割き、トラブルシューティングや目先の問題対応に追われる時間を低減します。

PagerDutyでは、自動的にイベントを共通のフォーマットに正規化します。開発者はルールを使用してイベントワークフローを大規模にカスタマイズできます。アラートのフィルタリングにより、システム全体で適切な情報を簡単に見つけることができます。 ルールエンジン、アラート抑制、グループ化機能を活用すれば、すべての適切な情報を参照して優先度の高い問題に集中できます。

ご自身がオンコールの場合には、優先度が高く顧客に影響を与える問題についてのみ通知を受け、後は眠りたいですよね。

インシデント対応の簡素化と自動化

インシデント対応を自動化することで、運用作業ではなく効果的な解決に集中できます。

PagerDutyは、インシデント対応プロセスを一元化、簡素化、自動化することで、問題を迅速かつ効率的に解決するのに役立ちます。 PagerDutyを利用することより開発者は、インシデントの背景や状況、運用手順書情報、および以前の修復の詳細を確認できるので、インシデントの解決がさらに早くなります。

PagerDutyは、自動化を活用してアラートを統合し、柔軟なAPIで手作業を最小限に抑えます。 PagerDutyで自動的に通知を行い、適切なレスポンダーにエスカレートできるため、オンコール対応での不安や疲労を低減できます。

現在ご利用のスタックをそのまま

プロセスを変更する必要はありません。すでに使用しているツールで作業します。

175以上のネイティブインテグレーションと、拡張可能なPagerDuty APIを備えており、お客様ご利用のすべてのツールからのデータを統合し、既存のITインフラストラクチャのインサイトを提供します。 当社の拡張イベントAPI v2では、すべての受信イベントを共通のフィールドに自動的に正規化します。

双方向性の拡張機能を使用して、ご自分の使い慣れたツールを使用して各人に合った方法で応答が可能です。ツールの切り替えがなくなり、好みのChatOpsツールを使用して問題をインラインで修正したり、運用関連のタスクを自動化することができます。

PagerDutyの導入事例を見る

導入事例はこちら

PagerDutyに関するお問い合わせはお気軽にお寄せください。

お問い合わせ