BLOG
DevOpsを高速化するための6つのステップ

投稿:2020年10月15日   |    更新:2022年3月9日

多くの組織がDevOpsの導入を検討しているのは、リリース速度の向上、開発速度の向上、開発者がイノベーションに集中できる時間を確保できることなどが期待されているからです。しかし、DevOpsの採用は万能薬ではありません。その代わり、DevOpsモデルが奨励するコミュニケーション、コラボレーション、批判しない前提での振り返りの考え方は、問題を解決するだけでなく、プロセスを改善してボトルネックを解決し、より無駄のないシステムを構築するのに役立ちます。

DevOpsを実装する組織にとって最大の課題の1つは、ワークフロー内の既存の問題を特定して削除し、より新しく、よりアジャイルな方法論に道を開くことです。ガートナー社は、システムが目標達成に近づくのを妨げる不便さ、挫折、その他の制限要因を意味する制約を取り除き、真の意味でDevOpsの速度を向上させるために組織が取ることができる6つのステップを以下にまとめました。

ステップ1:プロセスを定義する

プロセスを再構築する際には、DevOpsチームは、初期の構想から最終的な顧客価値に至るまでのワークフローをデザインし、プロセスを定義する必要があります。既存のプロセス内のすべてのステップを文書化することにより、プロセス全体に積極的に貢献していない可能性のある制約領域をより簡単に見つけ出し、改善できます。さらに、サイクルタイム、おおよその時間間隔、ハンドオフ、待機状態など、より価値の高い流れを明確に把握できます。これがすべて整理されたら、チームは最大のプロセス制約を簡単に特定し、プロセス全体を改善するための手順を開始し、プロセス文書化の効果を高めることができます。

ステップ2:最大の制約を特定する

典型的なDevOpsのワークフローでは、アイデアから価値へのプロセスを遅らせる段階が常に存在します。体系的な改善を推進するために、チームは進行を妨げている特定のフェーズを特定し、制約の原因を取り除く必要があります。

最大の制約を特定するには、「誰もが常に何を待っているのか」を問います。これを尋ねることで、チームは効率を高めるために特別な注意が必要なことを特定できます。責任追求をしない建設的な環境でこれを行うと、チームメンバーは発言しやすくなります。最大の制約を特定したら、プロジェクトの進行状況を監視して、ブロック要因が正しく特定されていることを確認します。

ステップ3:制約条件下での無駄を取り除く

制約が特定された場合、最も一般的な行動方針は、より多くのリソース(人、お金、新しいシステムなど)を投入することです。ただし、役に立たない可能性があるリソースを追加するのではなく、無駄な可能性のあるリソースを排除することがより効果的です。

ガートナーによると、クライアントが特定した上位3つの無駄の発生源は次のとおりです。

  • インシデント: 新しい製品や機能の開発などの付加価値活動を犠牲にして、インシデント管理に貴重な時間が費やされています。このためのベストプラクティスは、チームメンバーを相互訓練してインシデント管理に習熟することです。将来のインシデントを防止する1つの方法は、責任追求をしない事後検証を実施して、インシデントの根本原因を解明し、将来それを防止することです。
  • 待機: 人、外部組織、その他のリソースを待つことは、常に課題です。これは、多様なスキルと知識を備えた従業員をトレーニングや雇用して、並行して作業できるようにすることで軽減できます。これにより、他の人の対応を待っている間に、プロジェクトの目標や他の割り当てられた仕事を達成することができるようになります。
  • 人のポテンシャル: データベースの更新であれ、インシデントのエスカレーションであれ、多くのIT専門家は多くの時間をかけて手動で作業しています。組織はできる限り自動化することでより多くの価値を実現し、人々はより価値の高いタスクに集中できるようになります。

ステップ4:制約を無視しない

制約を無視して新たに発生した問題に集中すると、元の問題に対処できなかったため、作業が遅くなり、将来さらに問題が発生します。たとえば、鎖について考えてみましょう。鎖の中の最も弱い環が強化されていない場合、鎖はある時点でその場所で切れてしまいます。

制約を無視することで、チームは次のようなさまざまな課題を経験することになります。

  • ミスや欠陥の増加
  • チームの効率と生産性への悪影響
  • 変化率の高い状況での費用のかかるやり直し

ステップ5:容量を追加する

上記の手順は、スループットを少なくとも30%向上させるのに役立ち、問題を評価する能力と時間を利害関係者に与えるので、迅速な解決策を選択するのではなく、最善の解決策を慎重に検討できます。チームは専門サービスの契約であろうと追加のスタッフの採用であろうと、キャパシティを増やすことができる他の方法を見つけるためにこの時間を取るべきです。

ステップ6:次の最大の制約を見つける

リリース速度を向上させることは簡単なことではなく、プロセスを継続的に改善する必要があります。例えば、あるチームが制約を取り除くことに成功したとしても、ワークフローの別の部分で別の制約が取って代わることがあります。時間が経つにつれて、チームは高い開発スピードを達成するために、プロセスとプラクティスを適応させる必要があります。最後に、顧客のニーズを確実に満たすためには、開発サイクルのデューデリジェンスを実施し、必要に応じて改善する必要があります。

ガートナーの完全なレポートをお読みになりたい方は、「制約を削除してDevOpsのリリース速度を向上させる6つのステップ」をご覧ください。

本記事は米国PagerDuty社のサイトで公開されているものをDigital Stacksが日本語に訳したものです。無断複製を禁じます。原文はこちらです。

book-markタグ: