ライブコールルーティング

オンコールのレスポンダ―にすぐに連絡を取る

電話番号を呼び出すだけでオンコールチームにすぐに連絡を取りインシデントを報告できることで、インシデントのより迅速な受信と解決を確実にします。インバウンドコールは、PagerDutyで対応している重要なアプリやサービスに同一の通話スケジュールとエスカレーションポリシーでルーティングされるため、誰でもすぐに適切なレスポンダーに連絡を取ることができます。

ライブコールルーティングに関する詳細

リアルタイムでやり取り

電話をかけるだけでオンコールのスタッフと直接やり取りできるため、オンコールスケジュールを調べる手間を回避してMTTAとMTTRを大幅に低減します。

自動エスカレーション

コールは、PagerDutyでご利用のすべてのアラートに対して同一のグローバルオンコールスケジュールとエスカレーションルールを使用して転送され、確実にレスポンダーが問題に対処するようにしています。

国際番号の設定

PagerDutyを使用すると簡単に国際番号を設定でき、オンコールチームにつながるかどうかの不安を解消します。

コールによるインシデントの発行

顧客やユーザーがボイスメールを残すと、自動的にインシデントとして扱われます。音声記録は、インシデント解決に活用できトレーニングのサポートにも役立ちます。

特定のチームに連絡

1つの番号で複数のサービスやチームにつながることができます。お客様は、内線番号を押すだけで、まさに必要な相手に連絡を取ることができるのです。

PagerDutyの導入事例を見る

導入事例はこちら

PagerDutyに関するお問い合わせはお気軽にお寄せください。

お問い合わせ