Category
ニュース&告知

2022年8月11日  (更新日:2022年8月11日)

ウクライナへの支援|企業としての表明

ロシアがウクライナに侵攻してから3週間が経過しましたが、この危機は予測できないほど長く続く可能性があります。人道的危機の規模は驚異的です。この地域における暴力、特に罪のない一般市民を標的にしたエスカレートは悲劇であり、急速に近年最大の人道危機の一つになりつつあります。

私たちは、企業として、私たちの意図を裏付ける行動を優先しています。社員が寄付やボランティアをするためのリソースを提供し、非営利団体と協力して、この地域の救援活動を直接支援したり、サポートしたりする機会を積極的に設けています。

PagerDutyには、グローバルコミュニティーのニーズに応えるための文化や歴史が確立されています。私たちは、ウクライナの人道的支援、救援活動の組織化、避難の調整などを推進する組織が、PagerDutyを無料で利用できるようにし続けます。適切なタイミングで適切な人々に迅速かつ忠実に、そして柔軟にコミュニケーションをとることは、彼らの活動を成功させるために不可欠です。私たちは、新しいユーザーがすぐに製品を使えるようカスタマーサポートを提供します。

PagerDutyは、ロシアの国営企業や、ウクライナのドンバス地方やクリミア地方にある企業とは一切取引していません。より広範な国際ビジネス社会と連帯して、私たちは、私たちが関わっている限られた数のロシアの顧客との全ての作業を停止し、ロシアからの新しいアカウントを受け付けないことにします。当社は、当社のサービスとセキュリティーを積極的に監視し、利用規定に記載されているガイドラインを実施しています。私たちのプラットフォームが不適切に使用されていることを発見した場合、私たちは迅速に対応します。

私たちは、ウクライナで起きている出来事を追い続け、国民、国家、そして主権のために立ち上がる勇敢なウクライナ人を支援する方法を模索し続けます。紛争の平和的かつ公正な終結を願うと同時に、私たちの専門知識とプラットフォームを活用して、私たちが正しいと信じることを支援する方法を積極的に模索していきます。

支援対象組織

国際医療協力隊「ウクライナ基金」。PagerDuty.orgのパートナーは、ウクライナと近隣諸国の医療専門家による一次および緊急医療サービスを提供しています。 UNHCR。ウクライナから逃れてきた難民に、現地で緊急支援を行います。 セーブ・ザ・チルドレン「ウクライナ危機救済基金」。350万人の子どもたちとその家族に、食料、水、衛生キット、心理社会的支援、現金支援などの緊急支援を提供することを目標としています。 Nova Ukraine。ウクライナの非営利団体で、現在、人道的支援を行い、他の地域へ移住しなければならない避難民を支援しています。 Voices for Children。心理学者とともに、危機的状況にあるウクライナの子どもたちを現場で支援します。

この記事はPagerDuty社のウェブサイトで公開されているものをDigital Stacksが日本語に訳したものです。無断複製を禁じます。原文はこちらです。

続きを読む
ニュース&告知
2022年8月8日  (更新日:2022年8月8日)

女性が個人として技術分野でリードすることの意味

テクノロジーの仕事は、単なるソフトウェア開発の役割だけではありません。PagerDutyのようにソフトウェアがビジネスである企業では、あらゆる職務がテクノロジーに関わります。PagerDutyの多様性イニシアティブは、CAPインターンシッププログラムから取締役会まで、組織のあらゆるレベルに及んでいます。

女性史月間と国際女性デーの今年は、昨年に引き続き、女性に焦点をあてたプログラムを充実させたいと考えています。2021年のイベントを見逃した方は、録画がご覧いただけます。今年のウェビナーでは、ゲストスピーカーにDevOps InstituteのチーフアンバサダーであるHelen Bealを迎え、その後PagerDutyとユーザーコミュニティからエグゼクティブがパネルディスカッションを行います。3月23日のイベントについての詳細と参加申し込みはこちらから。

ウェビナーに加えて、私たちのソーシャルメディアアカウントにライブストリーミングされる一連のパネルディスカッションを開催します。私たちは、女性経営者が何に刺激を受け、どのように組織を運営しているかについて話すことが大好きです。今年はパネルを拡大し、PagerDuty、お客様、そして私たちのコミュニティで個人貢献技術者として活躍する女性の話をもっと聞きたいと思いました。これらのディスカッションはTwitterアカウントでフォローすることができますし、質問をしたい場合はTwitchでも見ることができます。ライブを見逃した方もご安心ください。ライブを見逃した場合でも、TwitchやYouTubeアカウントで録画したものを見ることができます。

今週はPagerDutyのChief Diversity OfficerであるRoshan Kindredからお話を伺います。Roshanは昨年の夏にPagerDutyに入社し、公平性と帰属意識に対する情熱を持ち続けています。Roshanは昨年の夏にPagerDutyに入社し、平等と帰属意識に情熱を注いでいます。私たちはRoshanと、D&I、キャリア成長、そして女性が技術キャリアで自分自身を主張する方法について話をします。3月7日(月)2pm EST / 11am PSTにご参加ください。

火曜日は、PagerDutyチームのJess Ritterと、H&R BlockのBrittany Woodsと一緒にSREについてお話します。JessはSREデリバリーチームで、私たちの製品をお客様に届けるために必要なものをすべての開発チームが持っていることを保証しています。BrittanyはH&R BlockでServer Automationのマネージャーをしています。彼女は昨年、ポッドキャストのエピソードにも参加しています。このパネルは、3月8日(火)2pm EST / 11am PSTに開催されます。

水曜日は、人々がテクノロジーから最も連想する仕事であるソフトウェア開発に取り組みます。パネルディスカッションでは、PagerDuty RundeckチームのJulianna Green、Event OrchestrationsチームのNeha Wadhwa、モバイル開発チームのSanthoshi Shakar、そしてApp FoundationsチームのHannele Kormanoが登壇予定です。このパネルは3月9日(水)2pm EST / 11am PSTに開催されます。

木曜日のパネルは、セキュリティとコンプライアンスに焦点を当てます。セキュリティエンジニアIIのNeha Guptaをはじめ、ScaleSecのシニアクラウドセキュリティコンサルタントのSarah Gori、Elasticのセキュリティエンジニアリング生産性担当シニアQAエンジニアのTanisha L. Turnerが参加する予定です。セキュリティパネルは3月10日(木)2pm EST / 11am PSTに実施します!

最後に、金曜日は、プロダクトチームとプロダクトマーケティングチームの女性を特集します。PagerDutyのプロダクトマネージャーとプロダクトマーケティングマネージャーは、様々な技術的経験を持ち合わせています。プロダクトマネージメントチームからはJulianna NasserとMya Kingが、プロダクトマーケティングからはVivian Chanが参加します。3月11日(金)3pm EST / 12pm PSTにご参加ください(このパネルは、競合の関係で他のパネルより1時間遅く開催されます)。

私たちのパネルは、PagerDutyで女性が担っているすべての役割を網羅しているわけではありませんが、2022年の国際女性デーを記念して、これらのストーリーを皆さんと共有できることを誇りに思っています。もしあなたがこれらの役割のいずれかに自分自身を反映させることができるのであれば、https://boards.greenhouse.io/pagerduty

この記事はPagerDuty社のウェブサイトで公開されているものをDigital Stacksが日本語に訳したものです。無断複製を禁じます。原文はこちらです。

続きを読む
ニュース&告知
2022年8月5日  (更新日:2022年8月5日)

企業全体のデジタルオペレーションをマスターする

本日、PagerDutyはCatalyticを買収し、自動化能力を新たな規模と範囲に拡大することを発表できることを嬉しく思います。カタリティック社のテクノロジーと優秀なチームによって、私たちは企業全体のワークフローをノーコードで管理し、あらゆる従業員のあらゆるワークフローに広く適用できるプロセスオートメーションの提供を加速させます。私たちの能力を組み合わせることで、フロントオフィスとバックオフィスの両方のワークフローに対応できる統一プラットフォームを企業に提供し、DevOps、技術、カスタマーサービスチームだけでなく、法務、財務、人事、営業、その他の役割にまで私たちの影響を拡大することができます。

この新しい機能により、企業全体の反復作業を自動化することができます。例えば、ビジネスオペレーションにおける従業員、顧客、パートナーのオンボーディング、収益チームにおける販売とパイプラインのレポート、契約、合意、雇用、購買などのあらゆるタイプの共同コンテンツレビュープロセスが含まれる可能性があります。実際、技術的な知識やコーディングを一切必要としない直感的なインターフェイスを使用して、既存のあらゆる反復的なワークフローを迅速に採用することができます。

PagerDutyが重要な業務の管理に注力する上で、自動化は常に最前線にあります。世界がより予測不可能になるにつれ、デジタルオペレーションの複雑さと企業のビジネススピードは加速し続けています。勝ち組になるには、自動化によってチームを強化し、より多くの時間をイノベーションに費やすことができるようにする必要があります。繰り返しのタスクで人に負担をかけることはスケーラブルではなく、最もスキルの高い、限られたリソースである従業員に余計な負担をかける結果になります。

主要なデジタルサービスが利用できない場合、ビジネスへの影響は驚くほど大きくなります。そのため、当初は、高いスキルを持つ(そして報酬を受ける)開発者や技術チームのために、大規模なインシデント対応を自動化することに焦点を当てました。PagerDutyは、自動化されたインシデントレスポンスとインシデント発生時の自動リアクションのパイオニアです。その後、ノイズや誤報を減らすためのイベント管理の自動化に着目し、イベントインテリジェンスでマシンタイムにロジックを注入しています。2020年10月には、Rundeckの買収を完了し、これを急速にプラットフォーム上に統合しました。これにより、ランブック、自動診断、自動修復によるタスクの自動化で対応者を武装し、問題解決にかかる時間を大幅に短縮するとともに、そのための力を第一対応者の手に委ね、開発者や高度なスキルを持つチームの中断やエスカレーションを完全に省くことができるようになりました。

カタリティックの機能と熟練した自動化チームが加わったことで、私たちは、ビジネスに不可欠なデジタルサービスだけでなく、企業全体のあらゆるビジネス・ワークフローに範囲を広げています。冗長なタスクやプロセスを排除し、可能な限り人手をかけずにビジネス全体のサービスレベルを満たし、それを超えることを保証します。

現在、PagerDutyは企業全体のあらゆる反復的なオペレーション業務に取り組んでおり、ビジネス全体のプロセスの自動化と、あらゆる状況に対応できる従業員への動員能力の提供に注力しています。

私たちは、企業全体に機能を拡大できることに、この上ない喜びを感じています。ビジネスが顧客中心になり、デジタルサービスがビジネスのあらゆる側面を強化するにつれ、PagerDutyデジタル・オペレーション・プラットフォームは、すべての従業員の反復作業をサポートし、タスクや不要な中断を取り除き、最も重要なことに集中できるよう拡張していきます。私たちは、以前のRundeckと同様に、Catalyticの機能を迅速に統合し、統一された統合された体験を短期間で提供する予定です。

企業はPagerDutyに最も重要なサービスを任せることで、信頼を深めてきました。私たちは、その信頼に基づき、将来にわたってお客様の組織全体の業務プロセスをサポートできることを嬉しく思っています。

セーフハーバ・ステートメント

このコミュニケーションには、PagerDutyの信念と仮定、およびこのコミュニケーションの日付の時点でPagerDutyが利用可能な情報に基づく「将来予想に関する記述」が含まれています。将来予想に関する記述には、[買収が完了すると予想される時期 (完了する場合)]、買収によって期待される利益、Catalytic を PagerDuty の事業にうまく統合する能力、買収が PagerDuty の製品とサービスに与える影響、および Catalytic の製品とサービスの能力に関する記述が含まれますが、これだけに限られるものではありません。既知および未知のリスク、不確実性、およびその他の要因が多数存在するため、PagerDutyの実際の結果、パフォーマンス、または業績が、将来に関する記述で表明または暗示されたものと大幅に異なる可能性があります。これには、合併した事業、テクノロジー、人員、および運営を完了し統合する際に遭遇する困難、買収に関するコスト、買収および結果として得られる製品およびサービスの市場受容、製品およびサービスのイノベーションを含む事業に対する重要な投資からPagerDutyが価値を実現できない、一般市場、政治、経済およびビジネスの状況、などがあります。

PagerDutyの業績に影響を与える可能性のある要因に関する追加情報は、米国証券取引委員会に提出されている2021年10月31日に終了した四半期のフォーム10-Qによる同社四半期報告書およびPagerDutyがSECに提出したその他の書類に記載されています。法律で義務付けられている場合を除き、PagerDutyは、新しい情報、将来の出来事、その他の結果にかかわらず、将来予想に関する記述を更新または修正する意図や義務、または実際の結果が将来予想に関する記述で予測されたものと大きく異なる理由を更新する意図を持ちません。

この記事はPagerDuty社のウェブサイトで公開されているものをDigital Stacksが日本語に訳したものです。無断複製を禁じます。原文はこちらです。

続きを読む
ニュース&告知
2022年8月3日  (更新日:2022年8月3日)

PagerDuty、AWSから金融サービスに関するコンピテンシーを取得

PagerDutyがAWS Financial Services Competency Partnerとして承認されたことを発表できることを嬉しく思います。私たちは、グローバルリーチを拡大し、金融サービス企業のクラウド移行とデジタルアクセラレーションのジャーニーを加速するための支援を行うことを楽しみにしています。これにより、金融サービス企業のデジタル業務をさらに合理化・自動化するとともに、リスクの低減やコンプライアンス要件の管理を支援することが可能になります。

AWSは、クラウドネイティブであろうとハイブリッドクラウドインフラを運用していようと、多くの金融サービス機関にとって信頼できるクラウドプロバイダーである。信頼されるパートナーになることは、並大抵のことではありません。PagerDutyは、金融サービス業界におけるAWSの専門性を実証し、金融サービスソリューションの監査を成功させるなど、多くの要件を満たしました。

今回、PagerDutyとAWSの連携により、より多くの金融サービス機関がクラウドスケールを最大限に活用し、自動化、DevOps、サービスオーナーシップ、コミュニケーションの合理化を通じてデジタル運用管理のレベルアップを図ることができます。

変化はすぐそこにあった

デジタルトランスフォーメーションは、企業規模に関係なく、すべての業界と地域に広がっており、新しい顧客体験の提供、迅速なイノベーションの実現、クラウドのスケールと俊敏性の活用に道を開くのに役立っています。また、クラウドは、新しいクラウドネイティブの組織が、消費者が求めているサービスを迅速に提供することをより容易にしました。

特に金融業界は、消費者の要求がますます高まっており、変化の時期を迎えていました。新たな既存企業の参入により、すべての組織が競争力を維持するために、より迅速なイノベーションへと駆り立てられました。2020年のリモート化も相まって、デジタルトランスフォーメーションにとってこれほど良いタイミングはありません。

マイグレーションからモダナイゼーションへ

一枚岩として運営されている既存の金融機関にとって、近代化への道はハードルが高いものです。これらの企業は、生き残るためだけでなく、成功するために変化する必要がありました。

クラウドへの移行は、テクノロジーだけでなく、オペレーション、そして最も重要なのは、そのすべてを可能にする人材です。金融サービス企業の働き方に大きな組織的変化をもたらすには、人、ツール、プロセスにわたって整合性をとる必要があります。

金融サービス企業は、クラウドへの移行を始めるにあたり、さらなる課題に直面することになりました。規制の厳しい市場でリスクを軽減・低減し、コンプライアンス要件を満たすことが、クラウド導入の複雑さに拍車をかけています。つまり、コンプライアンスと規制要件を満たすために、ガードレールとコントロールがすでに組み込まれた安全なツールを選択する必要があると同時に、顧客のために迅速にイノベーションを起こすために、クラウドの拡張性と俊敏性を最大限に活用する必要があるのです。

PagerDuty + AWS

金融サービスが停止すると、何百万人もの人々に影響を与え、何十億ドルもの収益が発生します。また、クラウドでは、数百のサービスがすべて相互接続され、互いに依存しているため、障害発生がより複雑になる可能性があります。一刻を争う事態となった場合、インシデント対応を合理化・自動化し、人材、ツール、プロセスの連携を支援するデジタルオペレーションプラットフォームが必要となります。

PagerDuty Operations Cloud ™は、現代のデジタルビジネスにおける緊急かつミッションクリティカルな業務のあらゆる側面を管理します。AWS上に構築されたスケーラブルで安全かつ柔軟なプラットフォームで、企業、人、テクノロジーを統合し、顧客、従業員、ビジネスの評判に影響が及ぶ前に、これらのビジネスにおける緊急かつ時間的制約のある作業を特定、エスカレーション、自動化、解決します。

業界をリードする当社のAWS統合ソリューションは、あらゆる規模の企業がクラウドの力を活用し、サイロ化した集中型アプローチから、複数の分散型チームとハイブリッドインフラへの移行を進め、安全かつ大規模に、より迅速なデジタル変革を推進できるようにするものです。

PagerDuty + AWSを使用すると、金融サービス組織は、次のことができます。

企業全体とハイブリッドクラウドインフラのインシデント対応を合理化・自動化し、顧客価値を提供する。 PagerDutyとAmazon GuardDutyおよびAWS Security Hubの統合により、AWSインフラに影響を与える可能性のあるセキュリティ問題の脅威対応プロセスを自動化し、適切な担当者に直ちに通知されるようにします。 マイクロサービスアーキテクチャへの移行に伴い、技術サービスとビジネスサービスの完全な可視性と明確なオーナーシップを全員が確保できるようにします。

PagerDutyと業界をリードするAWSとの統合により、金融サービス企業は人、ツール、プロセスを連携させることでクラウド移行とエンタープライズモダナイゼーションのイニシアチブを加速させることができます。金融サービス企業は、モノリスを解体し、マイクロサービスアーキテクチャに移行することで、クラウドのスケールとアジリティを得ることができるようになります。この結果、より迅速なイノベーションと顧客の満足度を高めることができます。

詳しくは、re: Inventでの最近のウェビナーやプレゼンテーションをご覧ください。

この記事はPagerDuty社のウェブサイトで公開されているものをDigital Stacksが日本語に訳したものです。無断複製を禁じます。原文はこちらです。

続きを読む
ニュース&告知
2022年7月20日  (更新日:2022年7月20日)

PagerDutyは、従業員の健康を第一に考えています

PagerDutyは、育児休暇と従業員の健康増進のために、業界をリードするプログラムを導入していることを誇りに思っています。従業員とともに、すべてのデュトニアンのために健康で幸せな職場を築くことを約束します。

業界をリードする育児休業制度

最新のPagerDuty Inclusion, Diversity, and Equity Annual Reportによると、社員の約30%が親または介護者であることが判明しています。グローバルな育児休暇制度であるBabyDutyを通じて、私たちは手厚い有給休暇を提供しており、多くの場合、最低限必要な条件以上のものを用意しています。例えば

米国**:妊娠中の両親には最大22週間、養父母を含む妊娠していない両親には最大12週間の有給育児休暇を提供しています。 カナダ**:カナダ雇用保険と連携し、妊娠中の両親には最大22週間、養父母を含む妊娠していない両親には12週間の有給育児休暇を、またカナダで義務づけられている残りの育児休暇については無給の育児休暇も提供しています。

2022年に新たに、段階的な職場復帰ポリシーを導入し、新しい親には、再びフルタイムになる前に最大4週間、スケジュールを短縮して仕事に復帰するオプションを提供します。1日の労働時間や1週間の勤務日数を50%から75%の定員に相当するように減らすことができ、職場復帰への移行を容易にすることができるのです。

さらに、有給育児休暇期間中の基本給以上の給与をカバーするために、ポリシーを拡充しています。この新しいポリシーの意図は、ボーナスやコミッションの対象となる従業員を経済的に完全に維持することです。

_PagerDutyのコマーシャル・オペレーション・ディレクターであるエマは、BabyDutyに参加しているフレディとたくさんの楽しい時間を過ごしました。 両親や家族をサポートする**

子育てには村が必要なため、従業員のコミュニティも拡大しています。 Dutoniansが親としての多くの要求を管理できるように、CleoとCare.comを通じてメンバーシップと特典へのアクセスを受け取ります。

Cleoを通じて、従業員は、健康、育児、およびキャリアのニーズをサポートする専任のスペシャリストとペアになり、ストレスを軽減して親の職務を遂行できるようになります。 Care.comを使用すると、従業員は認定されたチャイルドケアプロバイダーの幅広いネットワークにアクセスできます。 米国とカナダの従業員は、バックアップケアを利用することもできます。これは、年間5日間の助成されたチャイルドケアの補償範囲です。

「パンデミック(世界的大流行)の時期に親であることは、特に近くに家族がいない場合、大変なことです。今年の初めにシッターが病気で休んだとき、1日だけなら何とかなりましたが、彼女が1週間の休みを必要とすることになったとき、私たちは奔走しはじめました。PagerDutyのバックアップケアを試してみることにしました。Care.comは2時間以内に、翌朝到着し、その週の残りをカバーする確認済みのケアワーカーを割り当ててくれました。こんなに簡単だとは信じられませんでした。-カレン、PagerDutyシニアプログラムマネージャー

充電の時間

COVID-19が大流行した際、社内の健康調査を通じて、社員がストレスを感じており、仕事以外の自分の時間を十分に確保できていないことを知りました。

これは、他の有給休暇や祝日に加え、社員が仕事以外の時間を楽しめるよう、全社的に有給休暇を設定したものです。全社的な休暇は、PagerDutyにとって新しいものではありません。数年前、私たちは会社の伝統であるHibernationDuty(冬眠当番)を通じて、会社全体が同時に休暇を取ることに大きなメリットがあることを知りました。年末のHibernationDutyでは、社員は1週間の休暇を楽しみ、会社は少人数のカバレッジチームで運営されます。この期間、社員はメールや仕事が溜まっていることを気にすることなく、完全に切り離すことができるのです。

Dutonian Wellness DaysとHibernationDutyの成功により、今年初めて有給の真夏のウェルネスウィークを提供できることを誇りに思います。私たちは、デュトニアンが十分に休息することで、毎日の「Champion the Customer」が可能になると考えています。

ウェルネス・デイズの導入以来、レジリエンス・スコア(頻繁に脈拍をチェックすることで測定)の好感度が25ポイントも上昇しました。これらの結果と従業員からの圧倒的な好意的なフィードバックに基づき、私たちは従業員の健康に投資し、この変化を企業文化の一部として定着させたのです。

PagerDutyソフトウェアエンジニアのJonは、ウェルネスデイダイビングを友人と楽しみました。

デュトニアンのHannele、Logan、Giselleは、ウェルネス・デイのプランを写真で紹介し、季節とアクティビティが混在する分散型の環境を強調しました。

従業員の経済的負担を軽減する

従業員にとって報酬は重要であり、個人的なものですが、このような不透明な時代においてはなおさらです。将来の資金計画に関連するプレッシャーを軽減するため、退職金マッチングを増やしました。

米国では2022年に、従業員の401k退職金制度へのマッチング拠出を1%から2%に引き上げました。現在、PagerDutyは、従業員が貢献する限り、各給与期間ごとに最大2%まで401kプランの拠出金と同額を拠出することになっています。カナダの従業員については、PagerDuty DPSPへの会社からのマッチング拠出を増やしたことをお知らせします。2022年1月1日より、RRSPに拠出された適格利益1ドルにつき、PagerDutyはDPSPに1ドル、最大2%まで拠出します。

さらに、一部のプランでは、米国における免責金額と医療費自己負担額の上限を引き下げました。PPO(Preferred Provider Organization)プランでは、プランや階層に応じて自己負担額の上限が500ドルから1,000ドルの間で引き下げられました。HDHP(High Deductible Health Plan)の控除額は、プランの階層によって300ドルから600ドルの間で減少し、雇用主のHSA(Health Savings Account)拠出は月々最大225ドルとなっています。

PagerDutyは社員を大切にします

私たちは、社員が日々、当社の製品とサービスを向上させるために貢献していることに感謝しています。私たち全員が前進し、新たな課題が発生したときでも、従業員の声に耳を傾け、世界レベルの従業員体験を提供するために努力を続けていきます。

この記事はPagerDuty社のウェブサイトで公開されているものをDigital Stacksが日本語に訳したものです。無断複製を禁じます。原文はこちらです。

続きを読む
ニュース&告知
2022年7月18日  (更新日:2022年7月20日)

PagerDuty Summit 2022 ハイライト Part 2

PagerDuty Summit 2022の注目のセッションを紹介します。Part 2では、次の3つの講演を紹介します。

"Real Talk: PagerDuty’s Product Impact"PagerDutyの製品担当SVPのJonathan Rendeが、Anaplanの米州担当副社長兼カスタマーサクセス責任者のFiona Gillさんに、PagerDutyが彼らの最も重要な指標、チーム、そしてデジタルオペレーション全体に与える影響について、お聞きしました。 "Delivering Value: A two-way street"PagerDutyのチーフカスタマーオフィサーのManjula Talrejaが、LogicMonitorのCEOであるChristina Kosmowskiさんと対談し、企業が顧客と接する際に「価値」をどのように考え、PagerDutyが組織内でどのようにその価値を創造しているのかについて議論しました。 "Leadership in a Digital-First World"DocuSignのCEOであるDan SpringerさんとPagerDutyのCEOであるJennifer Tejadaがデジタルファーストの世界でのリーダーシップはどうあるべきかを対談しました。

続きを読む
ニュース&告知
2022年7月8日  (更新日:2022年7月8日)     |    ニュース&告知

PagerDutyがどのように全部門の重要な業務に対応できるかをご覧ください

PagerDutyのオペレーションクラウドは、ITチームからカスタマーサービス、人事、マーケティング、営業など、ビジネス全体にわたる重要な業務で組織を支援します。PagerDutyを使用することで、組織は正確な優先順位付け、効率的な対応、運用上のオーバーヘッドの削減が可能になります。

今回のブログでは、新しい「ビジネス向けソリューションガイド」を使って、IT部門だけでなく、あらゆる部門の重要業務にPagerDutyを活用する事例をご紹介します。

人事部が社員と候補者の体験を向上させる

人事部は、現在働いている人、退職する人、入社を希望する人、すべての人に配慮する責任があります。人事部にとって重要な仕事は、賃金や税金の情報が常に最新であることの確認、従業員の迅速な離職、候補者の面接プロセスにおける直前の変更の調整など、多岐にわたります。このような重要な作業は、従業員や候補者の経験を確保するための鍵です。このようなワークフローに支障が生じると、優秀な候補者を逃したり、人材が減少したり、あるいはコンプライアンス上の問題が生じたりする可能性があります。

PagerDutyは、人事チームが刻々と変化する組織の状況を把握し、ワークフローが適切な担当者によって迅速に実行されるよう支援します。さらに、これらのワークフローを最適化することで、運用上のオーバーヘッドを削減し、何度も「リマインダー」メールを送信することに別れを告げることができます。

例えば、人事部門がオフボーディングを担当しているとします。オフボーディングのリクエストが来たとき、誰かの受信トレイに紛れ込むわけにはいきません。オフボーディングのプロセスに遅れが生じると、リスクが高まるからです。そこで、オフボーディング・リクエストごとに通知を設定し、すぐに適切な担当者に転送できるようにしています。さらに、人事部がオフボーディングを完了した時点で、その社員のアカウントを削除するITチームに通知を再割り当てすることができます。

ITチームは、これが重要な作業であることを理解し、それに応じて対応します。チケットを送信して、キューに入れられたワークフローで解決されるのを待つよりも、迅速に対応することができるのです。人事チームは、ITチームが作業している間に通知を見ることができ、フォローアップやメール送信の必要なく、プロセスがエンドツーエンドで完了したことを確認できます。これにより、オフボーディング・ワークフローの継続性が確保され、人事部門にとって価値の低い手作業が削減されます。最も重要なことは、タイムリーに従業員を入社させられないことから生じるリスクを軽減することです。

営業は、お客様の取引サイクルを促進する

営業チームは会社の顔であり、収益を上げる重要な原動力です。営業は、対応力があり、有能で、親しみやすいと思われる必要があります。バックエンドでは、セールスエンジンをスムーズに動かすためのプロセスやワークフローが数多く存在します。このチームにとって重要な仕事は、顧客向け(重要な取引や見込み客のメッセージをカスタマーサポートに伝えるなど)、社内向け(月末の見積もり更新を迅速に行うなど)のものがあります。

PagerDutyは、営業チームが散らかった受信トレイを整理し、何が本当に重要なのかを理解し、生産性を維持・向上させることができるよう支援します。これにより、より効果的な営業チーム、より幸せな顧客、そしてより多くの成約を得ることができるのです。

営業担当者は、月末や四半期末になると特別に忙しくなることがよくありますが、これには理由があります。顧客には、購入時期や予算の都合で、ある時期にある製品を購入することがあります。四半期末の残り1日で取引が成立する場合、営業担当者も顧客も、売上処理の遅れを待つことはできない。たった24時間でも遅れると、取引を延期しなければならなくなり、せっかくの機会も失われてしまいます。

このような事態を避けるために、営業担当者はSalesforceやその他の記録システムとPagerDutyの間の統合を設定することができます。最終的な見積書が承認のために送信されると、承認者がサインオフするまでキューに入れられる必要はありません。また、営業担当者がメールやメッセージで優先度の高い案件であることを伝える必要もありません。その代わり、統合によって承認者に自動的に通知が送られ、すぐにこのアクションを完了するよう促されるため、案件をクローズに向けて順調に進めることができるのです。

財務チームによる期限内の支払いと受領の確認

財務チームでは、ミスが許されないため、問題を遅滞なく修正する必要があります。すべての取引が正しい時刻に正しい金額で行われることを確認する方法が必要です。財務部門にとって重要な仕事とは、予定した支払いが完了しないこと、処理に失敗したこと、監査統制違反に迅速に対処することなどが考えられます。このような重要な業務を発見できないままにしておくと、会社の収益に大きな影響を与えることになりかねません。

PagerDutyを使用すれば、財務チームは、プロセスに障害が発生したときに、担当チームや担当者に警告するテキスト、電話、電子メールによる通知によって、重要な作業への対応の遅れを最小限に抑えることができます。この通知を受け取ったチームは、直ちに状況の改善に着手し、すべての取引が指定された時間内に完了するようにすることができます。

例えば、毎月末の午後9時59分に正確に完了するようスケジュールされた夜間決済があるとします。支払期日から24時間以内に支払いが完了しないと遅延とみなされます。その月の最終日は土曜日である。もし、チームが月曜日の朝まで待って、支払いの失敗を発見したとしたら、会社には遅延損害金が発生する。

この問題を軽減するために、財務チームは、夜間の支払い処理に通知を設定しました。支払いに失敗した場合、PagerDutyが担当者に電話やメールを送り、担当者はすぐに支払いを再送信し、予定通りに支払いが完了するようにします。

マーケティングは、データを使って正しい方向にピボットする

マーケティングはペースの速い部署です。このチームは、データに基づいた意思決定を行い、営業に適格なリードを提供すると同時に、顧客や見込み客を教育することに努めています。このチームにとって重要な仕事は、競合他社の動向、計画されたキャンペーンの変更、重要な機会への注視などを常に把握することです。

PagerDutyは、マーケティングチームが常に最新の情報を入手し、迅速に対応することで、時間と予算を最大限に活用できるよう支援します。マーケティングチームは、MarketoやHubspotのような頼りにしているツールが使えないときや、企業や競合他社の発表に基づいてピボットするタイミングを理解することができます。

例えば、ある小売企業のマーケティングチームが、年に一度のセールに先駆けて大規模なEメールおよびソーシャルメディアキャンペーンを実施する計画をしているとします。この企業は実店舗も持っていますが、売上の大部分と最もエキサイティングなプロモーションのいくつかはオンラインのみで行われます。そのため、お客様に最高の体験をしていただきたいと考えています。

この体験を確実に守るため、マーケティング部門は、オンラインストアでお客様に影響を与える問題が発生した場合に、電話やメールで通知するよう設定しています。この情報をもとに、マーケティング部門はキャンペーンを延期するかどうか、リリース直前に判断することができます。こうして、キャンペーンが開始されると、顧客は購入することができ、マーケティングチームはその投資に対するROIを得ることができるのです。

クリティカルワークは、すべてのビジネスの未来

クリティカルな作業は、IT部門だけのものではありません。顧客、見込み客、従業員のエクスペリエンスを守るために、すべての部門がクリティカルワークを処理する方法を必要としています。

PagerDutyソリューションガイド業務用は、ソリューションガイドをご覧いただくことで、あなたのチームをどのように支援できるかを知ることができます。

この記事はPagerDuty社のウェブサイトで公開されているものをDigital Stacksが日本語に訳したものです。無断複製を禁じます。原文はこちらです。

2022年6月22日  (更新日:2022年7月1日)     |    ニュース&告知

PagerDuty Summit 2022 ハイライト Part1

2020年7月8日  (更新日:2022年6月10日)     |    ニュース&告知

PagerDutyの新機能:仕事のやり方、場所、愛するツールにフィット

by Vera Chen

2020年6月、リアルタイム性を高めるための製品のアップデートと機能強化を発表しました。

私たちは、ユーザーが外出先でのデジタル操作をより良く管理できるように、PagerDutyモバイルアプリのコア機能と美しさを強化することに引き続き注力しています。私たちは、ソフトウェア対応システムからのデジタルデータを利用して、あらゆる信号をリアルタイムの洞察と行動に変換する以上のことを目指しています。ネイティブインテグレーションのエコシステムを継続的に拡張して、チームが必要なときに必要な方法で作業し、対応できるようにすることで、それを実証します。

PagerDutyは、チームが必要な重要な情報とコンテキストを準備していることを確認することで、問題を未然に防ぎ、システムを最高のパフォーマンスで運用し続けることができます。

あなたが今いる場所で仕事をする

PagerDutyを使えば、チームはデスクトップからでもモバイルからでも、どこでもリアルタイムで仕事を管理することができます。インシデント対応者もビジネス関係者も、PagerDutyは認知の負荷を軽減し、重要な瞬間に素早く適切な行動を取れるようにすることを目的としています。

モバイルアプリのロック

PagerDutyでは、セキュリティを非常に真剣に考えており、PagerDutyのモバイルアプリにセキュリティの追加レイヤーを提供しました。ユーザーはアプリからログアウトすることなく、PINロックを有効にしてセッションを短縮できるようになりました。管理者は、ユーザーにPINまたは生体認証のロック解除を要求するように要求するセッションタイムアウトを設定することもできます。この機能がアクティブになると、ユーザーはPINを設定し、ログインし直すだけでPINをリセットできます。

インシデントアクションのメニューの変更

PagerDutyのモバイルアプリは、インシデントの詳細を管理し、伝達する方法を合理化します。ビジネスに影響を与える重要なインシデントが発生した場合、担当者はすぐに対応して解決する必要があります。インシデントアクションのメニューが更新されたことで、インシデントに関する重要なアクションを迅速に実行することが容易になりました。迅速な対応は、インシデントが顧客や収益に悪影響を及ぼす前に迅速に解決し、重要なサービスのダウンタイムを短縮します。

REST APIによるセルフサービスの拡張性

PagerDutyの開発者プラットフォームを介してアプリケーションにリアルタイムのアクションの追加が可能です。このプラットフォームを利用することで、小規模ビジネス向けのウィジェットや企業向けの自己回復製品など、開発者がアプリケーションにリアルタイムワークフローを簡単に構築することができます。

手動タスクを自動化し、より多くの人にリアルタイムワークフローを提供するために、PagerDuty REST APIも拡張していますので、サードパーティやカスタムツールとシームレスにインテグレーションすることができます。

アナリティクスAPI(アーリーアクセス)

アナリティクスAPIのアーリーアクセスが可能になりました。生のインシデントデータと関連するメトリクスを表示することができます。Analytics APIアーリーアクセスプログラムへの参加については、support@pagerduty.comまでお問い合わせください。

ビジネスサービスAPI

公開されているビジネスサービスAPIやTerraformプロバイダを利用することで、チーム管理者はチームのビジネスサービスを定義したり、プライベートビジネスサービスを作成したり、テクノロジーの問題がビジネスにどのような影響を与えているかについて、全員が同じ言葉を使うことができるようになります。チームごとにビジネスサービスを定義することで、チームを横断した大規模なビジネス中断が発生した際に、誰もが理解できるサービスの全体像を構築することができます。

上はビジネスサービスAPIのデモで、ビジネスサービス作成の例を確認できます。ビジネスサービスAPIを使用してビジネスサービスを削除、取得、一覧表示、更新する方法です。

レスポンスプレイAPI

PagerDutyのレスポンスプレイで、あらかじめ主要なインシデントへの対応を計画しておけば、非常時でも簡単かつ正確、即座に行動することができます。レスポンスプレイは、次のことを有効にします。

大規模インシデントのための迅速かつ正確なマルチチームレスポンスの起動

関連する対応者と主要な利害関係者を特定し、積極的な対応計画を立てる

チャット、Web、モバイルアプリ、モニタリング、カスタムインテグレーションを介したインシデントへのチーム対応のコーディネート

組織全体の利害関係者がアクセス可能な、重大インシデント解決に関するステータスの更新

レスポンスプレイAPIの詳細はこちらで。

アプリイベントトランスフォーマー

PagerDutyとのインテグレーション機能がないツールをお使いでしょうか。イベントトランスフォーマーを使えば、独自のインテグレーションを素早く作成して、PagerDutyアカウント全体に展開することができます。イベントトランスフォーマーは、サーバレスのJavaScript(ES6)関数で、Event API v2標準イベントフォーマットでPagerDutyに送信されたwebhookペイロードを変換するために使用されます。すべてのイベントトランスフォーマーは、新しいアプリフレームワークの一部としてPagerDutyでホストされています。

PagerDutyアプリでのイベントトランスフォーマーの使い方についてはこちらをご覧ください。

愛用のツール:Jira ServerとData Center、Microsoft Teams

私たちはインテグレーションのエコシステムを拡大し続けており、新しいネイティブインテグレーションを追加しました。PagerDutyとJira Server、Data Centerとのインテグレーションは、複雑なワークフローを持つチーム間の同期とコラボレーションを促進します。さらに、PagerDutyは幅広い機能を持つチームの人々とチャネル(エンジニアリング、DevOps、ITOps、カスタマーサービス、マーケティングなど)を正しいインシデント解決プロセスとワークフローに接続し、PagerDutyとMicrosoft Teamsとのインテグレーションにより、リアルタイムのChatOpsを推進します。

PagerDuty+Jira ServerとData Centerのインテグレーション

リモートワークや外出先での作業を効率化する方法を学ぶ中で、日々使用するツールスタックを最適化することにますます注目が集まっています。PagerDuty+Jira Server and Data Centerのインテグレーションにより、以下のことが可能になります。

複数のJiraとPagerDutyアカウントを接続して、組織のスケーリングに合わせて変化させることができます

JiraのIssueサイドバーから強化されたPagerDutyアクションを実行し、PagerDutyを通じてリアルタイムのインシデント対応を促進します

高度なワークフロールールを使用して、Jiraでより多くのことを自動化し、ダウンタイムと停止を減らします

JiraとPagerDutyアカウント間のユーザーを双方向のユーザーマッピングでリンクし、インシデント対応をより良く、より包括的に理解することができます

Video

詳細については以下をご覧ください。

上のPagerDuty+Jira ServerとDate Centerのインテグレーションハウツービデオ

PagerDuty+Jira ServerとData Centerのインテグレーションガイド

Blog:Jira ServerとData Centerのための新しいインテグレーションで、より多くの仕事が可能に

PagerDuty+Microsoft Teamsのインテグレーション

分散型やリモートワークへのシフトの増加により、多くの企業やユーザーが日々の業務を共同作業や管理するためにMicrosoft Teamsに依存するようになってきました。PagerDutyはMicrosoft Teamsとのインテグレーションで、デスクにいてもモバイルデバイスを使った外出先でも、リアルタイムのChatOpsを推進し、どこにいても仕事ができるようにします。Teamsのインテグレーションを有効にすると、以下が可能になります。

Teams内での受任、解決、メモの追加により、重要な対応行動を自動化し、アプリ間の切り替えの必要性を軽減します

グラフやランブック、サードパーティ製ツールへのリンクなど、インシデントの詳細を表示し、より詳細な状況を把握することで、解決までの時間を短縮し、ビジネスへの全体的な影響を軽減します

サービスをチームのチャンネルに接続して、ユーザーとチームのつながりを維持します

下記のPagerDuty Microsoft Teamsの概要でインテグレーションの動作を見ることができます。

video>>>

What’s New: PagerDuty Fits the Way You Work, Where You Are, and With the Tools You Love! | PagerDuty

また、すぐに始めたい方は、下記のPagerDuty Microsoft Teamsインテグレーションのハウツービデオをご覧になることもできます。

video>>>

What’s New: PagerDuty Fits the Way You Work, Where You Are, and With the Tools You Love! | PagerDuty

詳細については、以下をチェックしてください。

PagerDuty+Microsoft Teamsインテグレーションページ

PagerDutyとMicrosoft Teamsのインテグレーションの概要

PagerDuty+Microsoft Teamsインテグレーションガイド

上のPagerDuty Microsoft Teamsハウツービデオを見て、インテグレーションを開始し、インストール、設定、テストを行う

ブログ:PagerDutyとMicrosoft TeamsでリアルタイムのChatOpsの推進

2020年6月のアップデートと機能強化による新機能の利用を開始するには、ナレッジベース、プラットフォームリリースノート、モバイルリリースノートを確認してください。

2018年10月3日  (更新日:2022年5月19日)     |    ニュース&告知

PagerDuty、Atlassianユーザーのためのデジタルオペレーションを推進

IT Operations、DevOps、およびDeveloperチームは、PagerDutyの300以上の統合を利用して、どのツールスタックを使用していても、エンドツーエンドのリアルタイムデジタル操作を強化します。 PagerDutyの顧客はすべての規模、業界、およびデジタルでの成熟に対応しているため、通信、APM、ITサービス管理(ITSM)などのニーズにどのツールを使用しているかについて常にお客様にお聞きしています。

今年の初めに、PagerDutyはITSMソリューションとしてServiceNowを活用しているチームのための新しい統合を開始しました。 Atlassian Suiteとの包括的な統合を開始することができ、AtlassianユーザーはPagerDutyのリアルタイムデジタルオペレーションの機能を日常業務に追加することができます。

今月(2018年9月)のバルセロナでのAtlassianサミットでは、PagerDutyチームは共通のお客様のうち3000人を超える方々と交流する機会を得ました。 Atlassian Suiteの最新のプラットフォームとのインテグレーションは、お客様からのフィードバックを共有した結果として構築されたものです。Atlassian Summitは、これらを発表するのに理想的な場所でした。 PagerDutyとAtlassianは、Jira Software、Jira Service Desk、Jira Ops、およびBitbucketの双方向インテグレーションの新しいセットを組み込むように、 パートナーシップを拡大して深めました。これによりチームはリアルタイムでアクションとコラボレーションを行うことができます。 さらに、PagerDutyのイベントインテリジェンス機能は、デジタル信号と人間の反応行動の両方を組み合わせて、Jiraにさらに深いコンテキストを提供し、Atlassianユーザーの生産性を向上させます。

Atlassianユーザーは、すでにJira SoftwareやJira Service Deskなどのようなシンプルな製品を使うのが大好きです。これらの新しいインテグレーションにより、よりスマートで効率的に作業することがさらに容易になりました。 PagerDutyは、Atlassianユーザーが本物のリアルタイムオペレーションを自分たちのデジタルでの仕事に活用できるようにし、さらにAtlassian Suiteだけでは本来は利用できない機能を追加できるようにします。

リアルタイム運用センターでできること

PagerDutyを使うと、Jira SoftwareとJira Service DeskでPagerDutyとの双方向同期で問題や重要なサービス要求を処理し、インシデント解決を加速できます。 こうした柔軟性は、お客様との会話で常に出てくるテーマでした。私たちは、この新しいレベルの機能性をお客様と共有できることを嬉しく思います。 全体として、PagerDutyのAtlassianとのインテグレーションにより、PagerDutyを使うチームは、デジタルオペレーションプロセス全体で問題の検知、対応、通信、改善をより効果的に行うことができます。 AtlassianユーザーのためのリアルタイムIT運用のハブと記録システムとしての役割を果たすことで、PagerDutyを使うチームは、Atlassian Suiteの中で好きな方法で作業することができます。クラス最高のModern Incident Response、Event Intelligence、 Analytics 、 Visibilityといった製品に対応しています。

すべての信号、より少ないノイズ

Atlassianユーザーは、PagerDutyプラットフォームが提供する300以上の監視、コラボレーション、開発、セキュリティ、およびその他のツールとのインテグレーションに期待することができます。 PagerDutyのイベントインテリジェンス製品は、Atlassianユーザーのためのゲームチェンジャーですあり、チームの効率性をさらに高めます。機械学習を利用して信号からノイズをカットし、チームの時間を節約し、あなたの組織にとって本当に大事なことに集中できるようにします。 また、Jiraとの同期を維持することで、チームの生産性が向上します。 この豊富なコンテキスト情報をAtlassian Suiteに追加することで、ユーザーはデジタルオペレーションのライフサイクル全体にわたって効率を上げることができます。

自動化されたリアルタイムOpsが可能に

データは、適切な人の手元にある場合にのみ役立ちます。 これを念頭に置いてPagerDutyプラットフォームは構築されました。新しいAtlassianのインテグレーションも例外ではありません。 PagerDuty + Atlassianを使うと、リアルタイムで、適切なコンテキストで、適切な人と交流できます。 インシデントに関するバックグラウンド情報を検索する必要はありません。それは自動で用意されます。ユーザーはPagerDutyとJiraの間で、豊かで実用的なインシデントを自動または手動で同期できます。 このような柔軟性により、チームはAtlassianのツールスタックとSlackのようなChatOpsツール全体でワークフローの統合を調整できます。

無料で試してみてください。簡単に始められます

PagerDutyとAtlassianの両方のユーザーは、それぞれのソリューションをどのように簡単に(そして素早く)始めることができるかをすでに知っています。では、私たちの統合ソリューションは他と何が違うのでしょうか? PagerDuty + Atlassianは簡単に設定でき、製品間で同期し、ビジネスに合わせて拡張できます。チームがどこでどう働いていても適応するインテグレーションを提供することで、共通のお客様がJiraとAtlassian Suiteを合理的に利用できるようにしました。 Atlassianを試用するチームは、PagerDutyプラットフォームとの統合により、イベントインテリジェンス、300以上の監視ツールとの統合、オンコールのローテーションとスケジューリング 、冗長性のある通知の配信など、スAtlassian Suiteだけでは使えない機能を活用できます。

新しいAtlassian Suiteとのインテグレーション Jira Service Desk

Jira Service Deskの統合により、エージェントは重要な要求に対してオンコールのレスポンダーに従事し、通知することができます カスタマーサービスエージェントのビジネスコンテキストとサービスの健全性の可視化 PagerDutyのサービス要求状態、優先度、および注意事項の双方向同期 Jira Service Desk UIに表示されるサービス要求のエスカレーションに関する詳細情報

Jira Software

Jira Software( Cloud / Server )はPagerDuty Event Intelligence Awareなもので、デジタル信号と人間の対応行動の両方を見て、より上流のコンテキストを提供します PagerDutyからJiraにフィールドをマップする機能を含む、PagerDutyで識別された問題とインシデントの詳細をさらに詳しく提供 問題のステータス、優先順位、および注意事項に関するPagerDutyとの双方向同期 問題をエスカレートし、Jira Software内からのをオンコール中のレスポンダーを呼び出せます PagerDutyのインシデントをJiraに自動または手動で同期できます

Bitbucket

ビルドやテストの失敗に素早く対処して、パイプラインをグリーンに保つ コミットによって障害が発生した場合は、すぐにエンジニアに知らせて対応させる PagerDutyと Bitbucketとの統合の詳細

Jira Ops

自動的に、またはボタンを押すことでJiraインシデントを開く 課題(Issue)のステータスのPagerDutyとの双方向同期 問題をエスカレートし、Jira内からオンコールのレスポンダーを呼び出せる PagerDutyがJira Incidentタイムラインと統合されます PagerDutyと JiraOpsとの統合の詳細

本記事は米国PagerDuty社のサイトで公開されているものを日本語訳したものです。原文はこちらです。

2020年6月9日  (更新日:2022年3月11日)     |    ニュース&告知

PagerDutyの新機能:関連インシデント、ビジネスレスポンス、モバイルステータスダッシュボード、新しいインテグレーション

by Alex Ware

常時オンの世界では、デジタル運用を管理するための積極的で予防的なアプローチが必要です。PagerDuty は、システムの健全性をひと目で把握できる要約を提供することで、効率の良いリモート修復を支援する最新リリースを発表しました。

PagerDutyはオンコール管理とインシデント対応機能で知られていますが、インシデントのビジネスへの影響を可視化できるなど、他にも機能があります。これらすべてが一体となって、チーム内の効率化を促進し、重要な問題の管理とトラブルシューティングのコストを削減します。また、新たに開発されたブランドメッセージングを用いて、利害関係者にリアルタイムで情報を提供しながら、統一的なビジネス対応をサポートします。

根本原因分析に役立つ関連インシデント

新たに開始された関連インシデント機能により、ユーザーは重要なアプリやサービスをリアルタイムで可視化し、すべてを1カ所で把握することができます。関連インシデントは機械学習を利用しており、他のサービスで現在どのようなインシデントが発生しているかを表示します。この機能は、イベントインテリジェンスを使用して、複数のチームに影響を与えるインシデントのトリアージ時間を短縮するのに役立ちます。また、重複したコミュニケーションを減らし、障害の全体的な範囲を理解し、問題解決のためにお互いに干渉しないようにします。関連インシデントでは以下のことができます。

他のサービスで同時に発生しているインシデントの中で、関連する可能性のあるものを表示する

リアルタイムの機械学習アルゴリズムを適用するイベントインテリジェンスを使用して、サービス全体のアラートと人間の対応行動を解析、ベクトル化、クラスタ化し、関連するインシデントの提案を行う

「いいね」投票をしたり、サービス間でインシデントをマージしたりすることで機械学習を訓練する

Salesforce V2インテグレーション

PagerDuty Summit 2019では、開発チームとカスタマーサービスチームの連携を強化するために、PagerDuty内のインシデントをSalesforce Support CloudのケースにリンクさせるSalesforce Service Cloudとのインテグレーションをリリースしました。Salesforce V2 のインテグレーションにより、Marketing Cloud、Commerce Cloud、Quip などの Salesforce オファリングのサポートが追加されたため、以下のようなことが可能になりました。

顧客の問題、販売機会、その他の活動に関する対応とアクションを組織全体でオーケストレーションする

PagerDuty の更新(Acknowledge、Resolve、Reassign など)があるとすぐに、関連情報を含む Salesforce オブジェクトを作成したり、更新したりする

Salesforce Cloudのインターフェイス内から、インシデントの優先順位を設定したり、レスポンスプレイを実行したり、インシデントを再割り当てしたりする

任意の Salesforce Cloud 標準オブジェクトとのインテグレーション

ビジネスレスポンスブランディング

gif image go here

多くの企業は重要な情報やコミュニケーションのためのブランドガイドラインを持っています。PagerDutyはビジネスブランドガイドラインをリリースしました。これにより、情報を受信した対応者はそれが経営陣からのものであることを知ることができ、ビジネス関係者やエンジニアはクリティカルな事態の間でも企業ガイドラインを遵守することができます。会社のプロセスを遵守し、メッセージングの信頼性を高めるために、ステータス更新メールに会社のロゴを含めることができます。

モバイルステータスダッシュボード

モバイルステータスダッシュボードでは、エグゼクティブや管理職向けのステータスダッシュボードにコンシューマーユーザーエクスペリエンスの状況を組み込み、スマートフォンやiPadからビジネスシステムのステータスを簡単に表示できるようにしました。

モバイルステータスページでは、技術的な知識を持たないビジネスユーザーに重要な障害のステータスを知らせ、すべてのビジネス関係者がアクセスレベルに関係なく、モバイルアプリで主要なビジネスサービスの状態を確認できます。この機能は、ほとんどの iOS および Android デバイスで利用できます。

ライブコールルーティングのためのカスタム呼び出し

ライブコールルーティングは、顧客から掛かってきた電話やボイスメールをオンコールの対応者に転送することで、カスタマーサポートを充実させることができます。この機能を使うと、専用の電話番号(ローカルまたはフリーダイヤル)が提供され、その番号への着信やボイスメールをPagerDutyのオンコール対応者に転送します。

ライブコールルーティングでカスタムメッセージが使えるようになりました。録音されたMP3ファイルを再生し、以下のように発信者をサポートします。

企業とブランディングを一致させる

クリティカルなイベント発生時に追加サポートを提供する

顧客が正しい番号に発信したことを確認する

顧客を適切なリソースに誘導する

API提供の拡張

ビジネスサービス

チームや人などのオブジェクトのタグ付けと検索

中央集中や分散チームのためのイベント管理ルール

当社の API を使用して、ビジネス・テクニカルサービスの階層を自動化し、時代遅れの散在する Wiki への依存をやめ、ビジネス関連情報を必要な場所に置くことで、情報提供を合理化します。

本記事は米国PagerDuty社のサイトで公開されているものをDigital Stacksが日本語に訳したものです。無断複製を禁じます。原文はこちらです。

2017年9月17日  (更新日:2022年3月11日)     |    ニュース&告知

Summit 2017で発表されたPagerDutyの新機能

ビジネスは事実上ソフトウェアの上で行われるので、デジタルエクスペリエンス の質は組織の成功を左右します。 だからこそ、組織はデジタルの問題を解決するためにビジネス全体のスタッフ全員を動員するのですが、それは数時間、数分ではなく、数秒で動員しなければなりません。

そのため、PagerDuty Summit 2017では、これらのニーズを満たすまったく新しいエキサイティングなプロダクトイノベーションを発表しました。アプリケーションの学習、エンドツーエンドのレスポンスの自動化、およびリアルタイムでビジネス全体の人員動員を統合する新しい機能により、最も重要な場面での非効率をなくし、ビジネスがイノベーションに立ち戻ることに貢献します。

クイックツアーで新しい機能をすべてチェックしてみましょう。

レスポンダー向け:インテリジェントでリアルタイムな意思決定支援

インシデント発生時の不安の最大の原因の1つは、起こっていることを診断するための適切な情報の入手方法を知らないことです。 インフラストラクチャの複雑さとシステムデータの圧倒的な増加は、これをさらに困難にしています。 アラートグループ化、類似のインシデント、及び新しいユーザーエクスペリエンスを備えたPagerDutyは、インシデント発生時、必要な時に正確に提供するシステムとアサインの仕組みをインテリジェントに搭載しています。

アラートのグループ化

問題を冷静に分析しようとしている時に望むことは、電話通知が鳴り続けないようにすることです。 今回、ルールベースの自動化と機械学習によって、関連するアラートが1つのインシデントに自動的にグループ化されるので、レスポンダーは集中的にコンテキストを取得し、問題をトリアージし、応答を開始することができるようになります。

Similar Incidents

マシンデータはインシデントのトリアージ処理を開始する際の中心となりますが、全体像を把握するためには同様の問題を誰が処理したのか、それを解決するためにどのような手順を取ったのかなど、人的情報が必要です。 Similar Incidentsにより、レスポンダーはインシデント優先順位、影響、修復手順など、以前の関連する問題と概要を確認することができます。

ライブインシデントページの再設計

インシデントの影響が大きく、レスポンスが複雑になるにつれ、進行中のすべての状況を把握することが難しくなります。 新しいインシデントページでは、プラットフォーム全体のユーザーエクスペリエンスが大幅に改善されましたた。新しいインシデントページでは、フレッシュなデザイン、リアルタイムの更新、および改善された情報アーキテクチャーによってさらに使いやすさが向上しています。 レスポンダーに対するメリットは、探している情報が容易に発見でき、何が起きているのか最新の見解を常に確認できる点です。 この新しいエクスペリエンスは現在のすべてのプランで利用が可能です。 インシデントが発生した場合、画面の下部にある「Try Something New!」ボタンをクリックしてみてください。

レスポンスチームとツールチェーンオーナーのために:自動精密応答

1分ごとに数千ドルを喪失するようなビジネスを繰り広げている中で、できるだけ迅速にサービスを回復させることが最優先事項となります。 すなわち、可能な限りすべて自動化することで、チームは誰がページを見ているかを調べることなく、問題の解決に集中できるようになります。 新しいイベントとインシデントの自動化により、PagerDutyでのインシデント対応はこれまで以上に高速で、簡単で、正確です。

レスポンスオートメーション

イベントルーティング

複数の場所でビジネスロジックを管理するのは煩わしくて非効率的なだけではなく、可視性が低下し、構成エラーのリスクも高まります。 高度に要求されたイベント管理機能であるイベントルーティングにより、すべてのイベントをPagerDutyに送信し、イベントのペイロードに基づき問題を異なるチームやサービスに自動的にルーティングできます。PagerDutyで定義されたすべてのイベントの自動化により、特定のイベントがどのように処理されるのか一目瞭然です。

Dynamic Notifications

真夜中に目を覚ます必要はありません。異なるイベントではさまざまなレベルの対応が必要ですが、先月リリースされたすべてのスタンダード以上のプランでDynamic Notificationsが利用可能で、イベントデータが通知やエスカレーションに変換される方法をカスタマイズできます。 これにより、大量のアラートによる疲れを減らし、重複したサービスを少なくし、レスポンダーの負荷を軽減します。

組織全体のために:ビジネス全体のオーケストレーションプラクティス

主要なインシデント対応にはITレスポンダーだけでなく、顧客との関係を管理してブランドの評判を保護するために積極的な対策を講じる必要があるなど、ビジネス全体のステークホルダーとの調整も含まれています。 レスポンスは、サポート、カスタマーサクセス、法律やマーケティングなど、さまざまな部門に及んでいます。顧客のエクスペリエンスを保護するという統一目標に、すべてのスタッフを集中させる必要があるからです。

そのため、オープンソースのインシデントレスポンスドキュメンテーションを技術的なレスポンス以上のものに拡張しました 。 これによリ、何千もの最高のオペレーションチームのベストプラクティスに基づくインシデント対応の究極のガイドを活用し、サービスの中断が発生した場合に組織がどのように動くべきかを学ぶことができます。 さらに過去数週間にわたり、PagerDutyのリーダーたちは、 カスタマーサクセスから企業のコミュニケーション方法まで、私たちが日々の仕事でどのようにレスポンスに取り組んでいるか、独自の視点を共有しています。

新しいものを確認する

PagerDutyプラットフォームの最新機能の概要を楽しんでいただければ幸いです。 Dynamic Notifications、新しいインシデントページ、および更新されたレスポンスドキュメントは現在入手可能です。他の機能を誰よりも先に試したい場合は、 こちらからご連絡ください。

※このコンテンツは www.pagerduty.com/blog/の抄訳です。

2019年8月19日  (更新日:2022年3月11日)     |    ニュース&告知

2019年6月リリース新機能の概要:いつでもどこでも、リアルタイムで作業

6月の新機能リリースでは、チームがどこにいてもリアルタイムで作業できるように設計された新しい一連の機能強化を発表いたしました。移動しながらモバイルデバイスを使っていても、いつものようにデスクにいても、使いやすさを犠牲にすることなく業務の革新を続けていきます。

あなたのやり方で

PagerDutyを使用すると、チームはデスクトップから、もしくはチャットやモバイルを介して、どこからでもリアルタイムの作業を管理できます。

モバイルチームとエスカレーションポリシー

iOSモバイルデバイス用のPagerDutyモバイルチームとエスカレーションポリシーが更新されました(Androidは近日公開予定)。これで、iOSモバイルデバイスで次のすべてを直感的に実行できるようになりました。

チームメンバーとオンコール担当者がすぐ分かる 問題の現状把握と解決を容易にするため、適切な対応者とその連絡先を特定する チームのエスカレーションポリシーの明示

再設計されたモバイルオンコールシフトとスケジュール

モバイルオンコールのシフトとスケジュールの全体を確認し、タップしてスケジュールやエスカレーションポリシーの詳細を表示し、簡単に変更できます。

モバイルビューとインシデント対応者の追加

誰がインシデントに対処しているのかを確認し、アプリから対応者(ユーザーまたはエスカレーションポリシー)を追加して、問題を迅速に解決するために必要な支援を受けることができます。

モバイルビューインシデントステータスの更新

その他の新たな機能は、企業全体のコミュニケーションを自動化して、チームが重要なインシデントについて組織全体で認識を共有するのに役立ちます。iOS向けの最近のリリースに続いて、Androidデバイスを使用する利害関係者も、インシデント購読者を管理し、インシデントのステータスの更新を表示して、関連する解決活動について常に情報を得てデジタルビジネスの健全性を把握できます。

モバイルスワイプジェスチャー

インシデントに対するモバイルスワイプジェスチャーの改善により、Androidでは設定メニューから、iOSではスワイプから表示、タップと確認で、左スワイプや右スワイプのアクションを設定できるようになりました。

モバイル複数選択ワークフロー

Mobile multi-select workflowsで、一度に複数のインシデントをトリアージ、スヌーズ、マージ、受任することができます。これにより、ノイズを削減し、PagerDutyイベントインテリジェンスにフィードバックを提供して、トリアージとスマートな応答を迅速に行えます。

新インテグレーションーCloudability、Demisto、Salesforce(coming soon)

私達はFinOpsやSecOpsなど、さまざまな利用法をツールチェーンで接続する際に、より高い可視性と柔軟性を持つことができるように、新たなインテグレーションへの投資も続けています。さらに、Salesforceとのインテグレーションも間もなく開始されます。そのほか、新しく強化されたインテグレーションには、CloudabilityとDemistoがあります。

PagerDutyとCloudabilityのインテグレーション により、クラウド関連の意思決定と予測、計画、および購買能力の適切でタイムリーな最適化アクションを実行できます。このインテグレーションにより、クラウド使用料請求に異常が検出されたときに、リアルタイムで使用量を最適化することができます。

PagerDutyとCloudabilityのインテグレーションにより、次のことが可能になります。

豊富なクラウド請求イベントデータをCloudabilityからPagerDutyにリアルタイムで送信する Cloudabilityインスタンス内の異常を検出する 対応するPagerDutyサービスで新しいインシデントをトリガーする アラートを単一のインシデントに自動的にグループ化する Cloudabilityで検出された異常に対処するようオンコールの担当者に通知する

PagerDutyとDemistoのインテグレーション により、自動化されたデジタル運用管理とセキュリティとITチームにわたる集中的なインシデント監視が可能になります。また、DevSecOpsツールスタック内で機動的なセキュリティ対策を実施するのに役立ちます。

PagerDutyイベントの取り込みと作成、解決を自動化 Demistoインスタンス内のPagerDutyからオンコールスケジュール、連絡方法、通知の詳細にアクセスする 何百ものDemisto製品統合を活用して、部門を超えて対応を調整する ChatOpsを介して対話的に数千のコマンドを実行する 実行スクリプトを作成する。コントロールルームでコマンドを実行したり、スクリプトをプレイブックに関連付けたりする

PagerDutyとSalesforce Salesforce Service Cloudとのインテグレーションはまもなく登場します。内部プロセスがあなたの顧客経験に影響を与えないようにしてください。PagerDutyはSalesforce Service Cloudとのまったく新しいインテグレーションを開始し、カスタマーサービスチームがリアルタイムのサポートを受けられるようにします。双方向のインテグレーションにより、PagerDutyとSalesforceケースの同期が維持され、エージェントは必要に応じて適切なリソースを毎回適切な時期に活用できます。

インシデント対応

より大きなコンテキスト

コンテキスト検索

Contextual Searchでは、チーム、エスカレーションポリシー、ユーザーなどの簡単なタグ付けメタデータをPagerDutyオブジェクトに追加して、対応者とマネージャーが目的のオブジェクトをナビゲートして整理しやすくするとともに、インシデントをすばやく簡単に再アサインできます。タグ付けはコンテキスト検索と連動しているため、インシデントに対応者を追加するときにエスカレーションポリシーをフィルタリングできます。次のスクリーンショットは、PagerDutyオブジェクトのタグ付けの概要を示しています。

Contextual Search APIは現在、特に関心のある利用者への早期アクセス提供となっており、2019年夏に一般利用可能になる予定です。

チームタグの作成と追加

エスカレーションポリシーのタグ

ユーザータグ

タグでオブジェクトを絞り込む

タグを使用してインシデントを再アサイン

モバイルでのエスカレーションポリシーのコンテキストサーチ

Mobile Contextual Searchを使用して、アラートを受信すればいつでもどこでも、タグでエスカレーションポリシーをフィルタリングしたり、検索を使用してインシデントを適切な担当者にすばやく再アサインできるようになりました。

セルフサービスの拡張性

ユーザセッション管理API

User Session Management APIエンドポイントにアクセスしてユーザーセッションを取得、削除できます。これらのエンドポイントは、組織外のユーザーをそのユーザーに関連付けられているすべてのPagerDutyセッションから安全に削除する、ユーザーオフボーディングワークフローの活用に不可欠です。

リアルタイムの可視性

可視化コンソールのパフォーマンスとカスタマイズ

可視化コンソールのパフォーマンスが新たに強化されたことで、エンジニアとビジネス担当者の間で、テクニカルインシデントがデジタルエクスペリエンスにどのような影響を与えるかをリアルタイムで共有することができます。可視化コンソールのすべてのモジュールがライブアップデートされるようになったため、手動でのリロードや自動更新は不要になりました。さらに、コンソールレイアウトの変更は自動的に維持されるようになり、レイアウトの変更を手動で保存する必要がなくなりました。

6月リリースの新機能を使い始めるには、あなたのアカウント担当者に連絡を取り、詳細についてはKnowledge Baseをチェックしてください。

最後に、私たちは定期的に、四半期ごとのPagerDuty Pulse Webinarで、製品、インテグレーション、その他新機能のすべてを紹介しています。今すぐregister todayで登録しましょう。

本記事は米国PagerDuty社のサイトで公開されているものをDigitalStacksが日本語に訳したものです。無断複製を禁じます。原文はこちらです。

2018年9月5日  (更新日:2022年3月10日)     |    ニュース&告知

Summit 2018の事例紹介トラックに登場する顧客企業について

ソリューションと顧客マーケティング担当ディレクターである私の一番の仕事は、世界中の熱心なPagerDutyの顧客全員と会うことです。 PagerDutyがどのようにしてより俊敏で、より顧客中心の、より革新的なものになったのかなどに関する彼らの話は、本当に感動的です!

そのために、 Summit 2018では、顧客がユニークで創造的な方法で組織内でPagerDutyをどう使ったかを紹介する一般向けのトラックがあります。 Summit 2018は皆のために、あなたがスタートアップや大企業、ハイテク業界や他の業界で働いていても、何かが得られることを保証します! 登場するお客様を紹介します。

American Eagle

あなたが町で見かけるキュートな服は、衣類やアクセサリーを専門とするアメリカのオムニコマース企業であるAmerican Eagle Outfitters(AEO)のものである可能性があります。 新学期からホリディシーズンまで、カレンダーのQ4はAEOの最も忙しい時間です。Matt Kundrat氏のチームは、販売チャネルをサポートするすべてのアプリケーションが週7日で24時間いつでも利用できるようにする責任があります。Mattが説明してくれるのは、AEOがワークライフバランスを維持しながらピークシーズンにどう対応しているか、ということで、そう、維持できるんです!

FanDuel

あなたがデイリーのファンタジースポーツが好きなら、FanDuelが向いています。 同社のサイトでゲームが進行中にログインすると、トーナメントに参加したり、他のコンテストに参加したりすることができます。ただし、それはWebサイトやアプリが稼働している場合だけです。 そうでないときは、FanDuelサポートチームがこれについて確実に把握します! しかし、テクニカルチームが5つのタイムゾーンに離れている場合、サポートチームは各テクニカルチームに顧客対応の問題をどうに通知したらよいでしょうか? Business Operations ManagerのLuke Kanter氏がその方法をシェアします。

Fitch Group

Fitch Groupは金融情報サービスの世界的リーダーであり、中でも著名な信用格付け機関であるFitch Ratingsはよく知られています。 そのため、迅速なイノベーションは同グループの競争上の差別化要因です。 しかし、同社は機密性の高いデータを扱うため、強力なセキュリティとのバランスを取る必要があります。 Director of IT Product Development and Head of DevOpsであるMir Ali氏は、Fitch GroupのDevSecOpsの流れについて、背景から主な学習とベストプラクティスまでを通して説明します。

Funding Circle

Funding Circleは、ピアツーピアレンディング(融資)のリーダーとして、投資家から50億ドル以上を調達して中小企業に融資しています。 これをできるだけ簡単にすることが同社の最優先事項であり、同社のエンジニアチームが革新を継続的に提供できるようにするのが、Paul Whyte氏の責務です。Funding CircleがPagerDutyを活用して、ソフトウェアの品質とパフォーマンス、ビジネスの重要な指標を真に理解しているその方法を、聞きましょう。

GE Digital

多くの人は、フィットネス-トラッカー、スマートサーモスタット、Alexaのおかげで、Internet of Things(IoT)に精通するようになりました。 しかし、産業用IoTの規模は、特に製造業や重工業にとって、さらに大きくなることが約束されています。 GE Digitalは、産業用インターネット向けのデジタルトランスフォーメーションに役立つエンジンです。Cloud Architecture and Automation LeaderのBen Hwang氏から同社のアプローチとPagerDutyが組織内でどうに使用されているかについての講演を聞きましょう。

Good Eggs

あなたが私のような人なら、スーパーマーケットに走るのと並んで待つのが嫌でしょう。Good Eggsのおかげで、これはもう不要です。 同社は、あなたの食べ物が適切な温度に保たれるように特別な冷蔵配送トラックを使用して、生鮮食料品を戸口まで届けます。 新鮮さはミッションクリティカルなので、Good Eggsはトラックの冷蔵庫が常に動作するようにする必要があります。PagerDutyはその監視を支援するために使われています。 センサー、トラック、PagerDutyの詳細については、Good EggsのAssistant Director of OperationsのTannia Hernandez氏と、Facility Manager であるJJ Mayoraの講演をお聞きください。

まさにすごいラインアップですね? これはPagerDuty Summit 2018のトラックの1つです! 今年のサミットでは3つのトラックで20回以上のセッションが行われ、いくつかの新しい思考を促す基調講演者も登壇します。 私はアジェンダや数日間のコースで共有される優れた学習方法やベストプラクティスについてとても楽しみにしています! では、 あなたも席を予約するため今すぐ登録してください!

本記事は米国PagerDuty社のサイトで公開されているものを日本語訳したものです。原文はこちらです。

2018年10月16日  (更新日:2022年3月10日)     |    ニュース&告知

2018のPagerDuty Summit Awardsの受賞者を発表

毎年開催されるSummitカンファレンスの最終日に、共同設立者でCTO Alex Solomonが2018 PagerDuty Summit Awardsの受賞者を発表しました。 これらの賞は、最高の顧客とパートナーをいくつかのカテゴリーに分けて表彰し、PagerDutyプラットフォームを活用した独自のユースケース、緊密なコラボレーション、およびビジネスへのインパクトを認めるものです。

今年の受賞者は次の方々です。

Community Champion Award winner: Simon Fiddaman 氏 Simon Fiddaman氏はeBayのeCG NOCのSiteOpsマネージャーで、 PagerDutyコミュニティのアクティブメンバーです。Simonはコミュニティを充実させ、メンターを募集し、他のメンバーとの交流を深める新しい投稿とコンテンツを生み出しています。 International Customer of the Year Award winner: Xero (代表者はサイト信頼性エンジニアAbdullah Siddiqui氏) この賞はPagerDutyのグローバル展開に不可欠な役割を果たした国際的な顧客を表彰するものです。Xeroは会計士や簿記担当者向けのニュージーランドベースのクラウド会計ソフトウェアプラットフォームです。 同社はPagerDutyを使用してインシデント対応プロセスを改善し、APIを活用してChatOpsツールMultivacを構築しています。 Impact Award winner: SightLife (代表者はドナー・オペレーションディレクターのAustin Nagasako氏) この賞は、PagerDutyを使用して、社会的または環境的に重大な課題に効率的かつ効果的に対処するための非営利団体を表彰するものです。SightLifeは、2040年までに世界中の角膜の病気による失明をなくすために取り組んでいる非営利団体です。Pag​​erDutyを使用して、SightLifeは寄付された角膜を回収するための回復プロセスを加速し、世界中で利用可能な角膜の数を増やしました。 Customer Experience Award winner: ING Australia この賞はPagerDutyの能力を使用して、記憶に残る世界でも一流のカスタマーエクスペリエンスを提供している顧客に与えられます。 Nielsen Consumer and Media Viewのオーストラリア版で最も推奨された銀行であるING Australiaは、監視プロセスを自動化し、顧客の影響を受ける前にインシデントを効率的に解決するため機械学習を活用しています。 Innovation Partner of the Year Award winner: SignalFx (代表者はCTOのArijit Mukherji 氏) SignalFXは、クラウドの監視および分析プラットフォームです。 この賞は、PagerDutyとの共通の顧客の成功を実現した有望な革新者を称えるものであり、SignalFxソリューションは PagerDutyプラットフォームの機能を拡張し、共通の顧客に大きな価値を提供しています。 Alliance Partner of the Year Award winner: AWS (代表者はパートナーエコシステムのグローバルヘッドのAina Khimani氏) この賞は、PagerDutyとの共通の顧客との優れたコラボレーションと成功を実現し、パートナーシップの成長と強化を続けているパートナーを表彰するものです。 現在までに、2600社を超えるお客様がAWS CloudWatchでPagerDutyを使用しています。 さらに、7月中旬にPagerDutyがAWS Marketplaceで発売されたため、既にMarketplaceを通じてPagerDutyに加入している顧客もいます。

Summit Award受賞者全員にもう一度、おめでとうございます! PagerDutyは、お客様やパートナーのサポートなしには何の意味もありません。私たちは、あなたがたが当社の製品やあらゆることにしてくださった貢献に感謝しています。 私たちと働き、革新し、成長してくれてありがとう!

本記事は米国PagerDuty社のサイトで公開されているものを日本語訳したものです。原文はこちらです。

2018年11月16日  (更新日:2022年3月10日)     |    ニュース&告知

Business Insiderの記事でPagerDutyが取り上げられています

Business Insiderの記事「 2018年、ユニコーンになった米テック企業35社 」でPagerDutyが取り上げられています。こちらをご覧ください。

“2018年、ユニコーンになった米テック企業35社” (November 14, 2018)

2021年7月12日  (更新日:2022年3月10日)     |    ニュース&告知

PagerDuty Summit 2021の概要 Part 2

2021年6月に開催されたPagerDuty Summit 2021から、注目セッションのご紹介のパート2です。

パート2では2つのセッションを取り上げます。最初のセッション「The power of PagerDuty in alert noise suppression」(アラートノイズ抑制におけるPagerDutyの力)は、Hudson’s Bay Company社のPlatform Visibility and Command Center Monitoring部門のディレクターであるMarcelo LaRosa氏が登壇しました。このセッションで彼は、測定対象を管理することで生産性と従業員の満足度がどう向上したかを共有しました。 ノイズ抑制に関しては日本の皆さんも興味のあるところだと思います。

さらにご紹介する2番目のセッションは「How PagerDuty & Rundeck Drives Operation Maturity」(PagerDuty&Rundeckが運用の成熟度を高める方法)です。こちらはTrimbleのCloud Engineering and Infrastructure部門のディレクターであるAndrea Valenti氏と、TrimbleのシニアリードDevOpsエンジニアであるAli Soheili氏の講演です。

The power of PagerDuty in alert noise suppression: (アラートノイズ抑制におけるPagerDutyの力)

Hudson’s Bay Company社のMarcelo LaRosa氏 ©PagerDuty

「The power of PagerDuty in alert noise suppression」(アラートノイズ抑制におけるPagerDutyの力)の講演は、Hudson’s Bay Company社のPlatform Visibility and Command Center Monitoring部門ののディレクターであるMarcelo LaRosa氏によって行われました。

最初にLaRosa氏は、「誰もノイズなんか聞きたくない、特にモニタリングでは」と述べました。 彼は、受信する必要のないアラートを処理するためにアクションを実行する必要があり、アクション可能なアラートのみを受け取るようにする必要があると述べました。

最初に行う必要があるのは、PagerDutyでデータを収集することです。分析内で、レポートを選択し、月次データを取得する必要があります。彼は、「少なくとも1年分のデータを取得し、通常の月よりもアラートが多い可能性がある場所を確認すること」を提案しました。次に、その月次データを取得したら、特定のサービスごとに月次統計を分析する必要があります。彼は、高い頻度でアラートを出す上位3つのサービスを確認し、各サービスのCSVレポートをプルダウンして、ピボットテーブルビューを作成することを強く勧めました。

アラートノイズの問題を改善するための手順 ©PagerDuty

そのデータを入手した後に、彼はトップ3のアラートサービスのオーナーとの個別の会議を設定すべきだと強調しました。「サービスオーナーの知識に応じて、アラートをP1 / P2またはP3などとして優先し、警告を設定し、アラートをグループ化するなど、分類法を改善する必要があります」。そして彼が最後に提案したのは「メンテナンス」です。 彼は、改善のための、PagerDutyを使った反復的なモニタリングを確立することを提案しました。彼のチームでは、毎日、毎週、毎月のリズムを確立し、定期的にアラートをチェックしています。そして、ある時点で何かがトップ10に入っているのを見ると、すぐにそのデータの再分析を開始します。

最後に、彼は「継続的改善はまさにそれ自体、継続的に改善すべきである」と私たちに思い出させました。 彼は、こうした説明したプロセスを継続することを強く推奨しました。 「最初の数カ月は大変かもしれませんが、大量のアラートと戦ったあとは簡単になります。こうしたたくさんのレポートを取得する方法はおそらく自動化できます。 自然と会議ができるようになり、意見が出てきます。 その意見が広まり、人々が私たちを求め始めると、何か大きなことをやったんだと感じるようになります」。

How PagerDuty & Rundeck drives operational maturity: (PagerDuty&Rundeckで運用の習熟度を上げる)

このセッションでは、建設をはじめ複数の業種にサービス提供している国際企業で、大規模なDXを遂げているTrimble社のシニアリードDevOpsエンジニアであるAli Soheili氏と、同社のクラウドエンジニアリングおよびインフラストラクチャのディレクターであるAndrea Valenti氏が講演しました。彼らのプラットフォーム 「Trimble Project and Program Management」(Trimble PPM。同社の「Connected constructions Portfolio」の一部)は、PagerDutyとRundeckを使いインシデント対応プロセスを自動化しています。彼らがどうやってインシデント解決までの時間を短縮し、エスカレーションを削減したかを学ぶことができます。

まず、Andrea Valenti氏は同社の重要な目標のひとつとして、CEOのRob Painterの言葉を引用し「私たちがサービスを提供する業界のライフサイクルをつなぐこと」と述べました。PPMは、そのTrimbleにおけるSREの変革の最前線です。彼はPagerDutyとRundeckの導入の経緯を説明しました。特定の部門内だけでなくTrimble全体で、PagerDutyとRundeckの両方を長い間使用してきた経験があります。

TrimbleでのPagerDutyとRundeckの導入と自動化の歴史 ©PagerDuty

また、特に同社の「e-Builder」SaaSアプリケーション群で、すでに数年間PagerDutyを使用していると述べました。Rundeckについてはヨーロッパグループの輸送部門で最初のプロジェクトを開始したときかに使い始めたそうです。PPMでは、エンタープライズレベルでのセキュリティと統合を進めることが彼らにとって最重要なポイントであるため、彼らはさらに2つの製品を活用することを決めました。

Trimbleは、2018年以降、複数のアプリケーションの統合ポートフォリオの運用を開始しました©PagerDuty

2018年からは複数のアプリケーション、e-Builder、ProjectSight、Prolog、Prolianceの統合ポートフォリオの運用を開始しました。その運用は、全グループが独自の方法、独自のツール、独自の解釈とアイデンティティを持っているため、非常に困難でした。そこでSREグループはまず複数のグループでプロビジョニングとデプロイメントについて一貫性のある命名法を決めました。これはまだ継続中ですが、ほぼ確立しています。同時にインシデント管理についても命名法を決めました。以前はイベントがなぜ起きたかをチームごとに別々の見方で調べていました。そのためインシデントの状況を特定すること困難でした。そこで彼らは、イベント管理や各グループがもたらす多様性を消してしまうのではなく、決断をするようになりました。インシデントの概念にフォーカスして、全イベントをPagerDutyに集約することを決めたそうです。

次に、Ali Soheili氏は、SREチームを単一のクラウドチームに変えるべき3つの理由を共有しました。

Rundeckを使いビジネスオペレーションを自動化したことで得られた効果 ©PagerDuty

次に、インシデント管理がどう設定されているかを説明しました。同社ではNew Relicをはじめ複数の監視ソリューションがさまざまな部門で使われていました。Rundeckの利用目的の1つはそのオペレーションの自動化でした。彼らはそれらをセルフサービスとしてRundeckで自動化しました。結果として複数のチームがこれらのセルフサービスジョブを利用できるようになり、時間を大幅に節約できます。例えばあるケースでは、開発チームのオペレーションには5日間のサイクルタイムがありましたが、数分に短縮されました。コスト削減も大事な目的であり、このセルフサービスを使用するメリットの1つです。

次の図はPagerDutyとRundeckを使用して実行した自己修復の例です。

PagerDutyとRundeckを使用して実行した自己修復の2つの例 ©PagerDuty

最後に、Andrea Valenti氏は、RundeckとPagerDutyの利用について学んだことを共有しました。

自動的に修復をする実用的なフレームワークを用意してください。小さくて簡単なものでも、インシデントの優先順位付けで最上位に当たるP1をダウングレードする際に再利用できます。 SME(Subject Matter Experts)のセカンドラインが待機していることを確認してください。 PagerDutyを使用すると、複数の監視ツールからの情報を集約でき、インスタンスを表示する方法を1つに絞ることができます。

すべての画像の著作権はPagerDutyにあります。

PagerDuty Summit 2021のサイトでは詳しい資料と動画を公開していますので、こちらをご覧ください。

2021年7月2日  (更新日:2022年3月10日)     |    ニュース&告知

PagerDuty Summit 2021の概要 Part1

2021年6月に開催されたPagerDuty Summit 2021から、注目セッションの様子をご紹介します。 パート1では、CEOのJennifer Tejadaによる基調講演「DigitalOps Now」と、データサイエンスのシニアディレクターであるMitra Goswamiのセッション「The Power of AIOps」の要約を掲載します。

PagerDuty Summit 2021 基調講演: DigitalOps Now by Jennifer Tejada , CEO of PagerDuty

PagerDutyのCEOであるJennifer Tejadaが、近年のAIOpsのニーズの増大とそれにPagerDutyがどう対応するかを解説 ©PagerDuty

最初の講演「DigitalOps Now」でJenniferは、大手企業がデジタルアクセラレーション、DevOpsトランスフォーメーション、クラウド移行への投資を増やし続けており、75パーセント以上が今後1年半の間にAIOpsに投資すると予想されていると述べました。

ここでゲストとして招待されたNetflixのDelivery Engineering担当ディレクターであるAmy Smidutz氏は自分のチームとNetflixがプラットフォームの信頼性を確保するためにPagerDutyにどう頼ってきたかを共有しました。PagerDutyの機能によりチームとサービスを結びつけることで、インシデントが起きた時に反応するのではなく、予測して計画を立てることができます。

PagerDutyの新しい製品「Service Graph」ではビジネスと技術サービスを担う組織を一望できる ©PagerDuty

続いてJenniferはPagerDutyの新製品である「Service Graph」を紹介しました。これは、フルサービスのオーナーシップを強化するための、ビジネスと技術サービスの関係の全体的なマップです。最も意味のある、または問題のある組織の領域をセグメント化し、これらのプロセスを推進するデータソースを直接リンクして、ビジネスサービスと技術サービスの間に新しい接続を作成します。Jenniferはもう一つ、無駄な時間とエスカレーションを減らし、人の介入を必要とせずに対応を自動化する「Runbook Action」を発表しました。

ここでゲストとして招待されたZoom、Box、Tenable、UiPathの投資家兼取締役でゴールドマン・サックス・グループのKim Hammonds氏は、デジタルトランスフォーメーションがどこまで進んだか、そしてまだどこまで行かなければならないかについて、彼女の考えを共有しました。デジタルトランスフォーメーションを主導するための種を撒くには、第1に稼働時間、可用性、回復力、災害復旧などのすべてが機能する必要があります。そして2番目に重要なのは、世界中の誰もがサイバーセキュリティの脅威に対処しているためのサイバーセキュリティです。3つ目はカスタマーエクスペリエンスです。そして4つ目は何が起こっているかをデータから理解し、データを使って顧客により良いサービスを提供する方法を理解することです。

ゴールドマン・サックス・グループの会長兼CEOであるDavid M. Solomon氏が登壇 ©PagerDuty

ここでさらにスペシャルゲストとして、ゴールドマン・サックス・グループの会長兼CEOであるDavid M. Solomon氏が登壇しました。彼は「PagerDutyのようなツールを使うことで、エンジニアがトラブルシュートに備えて定期的につながっている状況を確実に担保できる」と述べました。彼は、ゴールドマン・サックス・グループが個人を対象にしたビジネスを拡大しているとも述べ、その理由は、「デジタルの世界は個人が白紙の状態で参加することを可能にし、さらに経済的生活を統合するためのツールを提供するからだ」とのことです。彼は、現在定着している消費者金融サービスの世界で巨大なデジタルによる破壊が起きると信じています。彼はまた、消費者がやりたいことは摩擦の少ないデジタルアプリケーションによって、はるかにシームレスな方法で経済的生活を管理することだ、と考えています。

PagerDuty自身のチーフプロダクトオフィサーであるSean Scottが、最新のデジタルオペレーションについて紹介 ©PagerDuty

続いて、PagerDutyのチーフプロダクトオフィサーであるSean Scottが登壇し、組織内で発生する重要で喫緊の作業に現代のデジタルオペレーションが対処している状況を紹介しました。彼は、2019年から2021年の間に重大インシデントが21%増加したことが分かったと述べました。各インシデントの解決には、平均2時間かかり、組織の管理には年間15万ドル以上の費用がかかりました。また、昨年はレスポンダーが以前より不規則に働くことが増え、3分の1以上が24時間体制で問題に対処するために1日2時間余分に働いていることも分かりました。従業員は過労になると仕事を辞める可能性が高くなります。そこで、対策が必要です。

この点での最大のニュースが昨年9月のPagerDutyによるRundeck買収でした。お客様からのフィードバックによると、彼らは労力を減らし、エスカレーションを減らし、運用全体の保守とサポートを民主化する必要がありました。そのため、PagerDutyはそのニーズに投資したのです。RundeckチームとPagerDutyによる自動化が統合されたことで、インシデント解決時間の短縮と開発者の作業の中断を減らせます。お客様の一部はすでにこの価値を理解していると思います。

PagerDutyがRundeckのテクノロジーをマージすることで実現しつつある主なイノベーション ©PagerDuty

6カ月後、彼らのチームは、PagerDutyプラットフォームにこのテクノロジーを統合したことで大きなイノベーションを提供し続けました。

Sean Scottは、Salesforce ServiceCloud用の新しいPagerDutyアプリケーションを提供するSalesforceとの戦略的パートナーシップも発表しました。この新しいパートナーシップにより、最前線のカスタマーサービスエージェントと主要な内部の利害関係者に、Salesforce Service Cloud内で直接に強力なPagerDutyエクスペリエンスを提供します。この機能は、昨年、プロフェッショナルレベルのカスタマーサービスプランナーに新しい価値を追加し、新しいビジネスレベルのカスタマーサービスプランにも統合されます。これは、サポートエンジニアのデスク統合と監視統合に役立つものです。

彼はさらに架空の大手小売業者のビジネスを想定し、PagerDutyの新機能をデモしました。

最後に彼は「PagerDutyはあなたをデジタルの勝者にするパートナーであり、私たちは一緒に完璧な顧客体験を提供することができます」と述べてセッションを結びました。

PagerDuty Summit 2021 基調講演: Power of AIOps

PagerDutyのデータサイエンスのシニアディレクターであるMitra GoswamiがAIOpsの威力について解説 ©PagerDuty

注目のセッション「The Power of AIOps」では、PagerDutyのデータサイエンスのシニアディレクターであるMitra Goswamiが、AIOpsの威力について、その理由と、この分野で最も大きな影響を与える可能性のあるAIの使用例について説明しました。

「AIOpsという言葉は2016年にGartnerが作り出したもので、「ビッグデータと機械学習を組み合わせて、イベント相関、異常検出、因果関係の判断など、IT運用プロセスを自動化するもの」です。この定義は組織によって異なります。Gartner自身は数年後に『AIOpsなしではIT運用の未来はない』と主張しました」。

彼女は次に、PagerDutyがAIOpsをどう強化するかを説明しました。

「この旅を始めたとき、当社はお客様と話し合い、AIOpsの3つの問題点を共有しました。お客様は『まず大事なことはセットアップと開発の容易さだ』と言いました。この点は、PagerDutyは実装が非常に簡単で、すぐに使えます。2番目に大きな問題点は『原因をすばやく発見すること』です。この点についてPagerDutyは新たに3つのソリューションを採用しました。3つ目の問題は、お客様がAIと機械学習のソリューションの信頼度を高めてほしいと考えていることです。(AIという)ブラックボックスで重要な決定を下すことになるので信頼性が高いことを求めています」。

彼女はまた、開発者にとっての3つの問題と、AIOpsソリューションを必要とする理由を共有しました。「最初の問題点は『アラートが殺到すること』です。インシデントが発生すると、開発者は数百または場合によっては数千のアラートを受け取ります。そのため、関連性のある有用な情報を確認することは非常に困難です。2番目は開発者から見て『高レベルの重要なコンテキストが不足している』ことです。十分な時間があるかどうか分からず、狭い部分しか見られない場合、それらはいくつかの重要なコンテキストへの配慮を欠くかもしれません。 3番目は、インシデントを以前の変更に関連付けることができないことです。インシデントの80%が変更イベントによって引き起こされており、現在のすべての情報が右側の同じ場所にないため、インシデントが発生しているときにアクティブな変更と履歴の変更をそれらのインシデントに関連付けることは非常に難しいのです。以上の課題を解決してできるだけ短期間に素因を見つけられるようにするために、AIOpsソリューションが必要です。」

彼女はここでPagerDuty式の「素因分析(RCA)」を共有しました。これは、「勧告、修復、最適化」という3つのアプローチに基づいています。彼女は、「素因の勧告」はこの旅の非常に重要なステップであると述べました。そして目標は、開発者が素因に対処し、できるだけ早くイノベーションに戻ることができるようにすることです。

より高速な素因分析(RCA)により、MTTRが大幅に削減されます ©PagerDuty

彼女は次のように述べています。「効果的な素因分析(RCA)は、開発者の日常生活に直接的な影響を及ぼします。より高速な素因分析により、解決までの時間(MTTR)が短縮され、重大なインシデント解決プロセスの中で起きてほしくない燃え尽き症候群やストレスも回避されます」。

彼女はまた、「RCAをするための3つの方法」についても説明しました。「1つ目はノイズの低減です。PagerDutyのソリューションは、同様のアラートを集約し、関連するインシデントをマージすることに基づいています。そのため、開発者は、何千ものシステムがアラートを開始したときにも波に呑まれることなく、重要で関連性のあることに集中できます。2つ目は、インシデントの分類です。3つ目は変更イベントとインシデントの相関度を示すことです。レスポンダーは潜在的な要因を特定し、無関係な変更を排除できます」。

彼女はまた、Event Intelligenceパッケージとそのデジタル運用計画で利用できる「Intelligent Alert Grouping」機能を紹介しました。チームがシステムの複雑さの増大に合わせて増員できない場合、アラートによる疲労が士気を落とし、何が実行可能かを特定するのを困難にする、という問題に言及しました。この問題を解決するために、PagerDutyのアルゴリズムは、インバウンドのシグナルのパターンとレスポンダーの動作の両方から、アラートをグループ化する方法を学習します。

Incident Alert Groupingは、関連するアラートを単一のインシデントに自動的にグループ化できます ©PagerDuty

彼女が次に言及したのは、新機能の「Incident Outliers」です。これは、レスポンダーが対応に集中している間は、過去の同様のインシデントの経験に関するコンテキストの情報を得る機会が不足することです。解決策は、インシデントをRare、Novel、またはFrequentに自動分類する最適化されたモデルを用意することです。

Incident Outlierは、各インシデントをrare、novel、またはfrequentに分類できる機能です ©PagerDuty

3番目の新機能は、「Change Events & Correlation」です。このソリューションは、お客様の履歴データとアクティブな変更を確認する、最適化されたモデルを提供します。お客様は過去の変更に関するウィンドウを移動することができ、変更をインシデントに関連付けられるようになります。

「Change Events & Correlation」は、お客様がインシデントの原因となる可能性のある変更を特定するのに役立つ機能です ©PagerDuty

最後に、Mitraは、PagerDutyがAIOpsをどう改善しようとしているのかについて言及しました。「PagerDutyの巨大な分析プラットフォームの強みを活用しており、そのアルゴリズムはお客様との信頼関係を構築するために、誤報の50〜60%を即座に削減しています。また、新しい機械学習機能を開発し、お客様と対話できるようにするハイブリッドな方法を導入しています。そうした施策により、多くの力をお客様に還元し、AIOpsソリューションの信頼度を向上させています」。

すべての画像の著作権はPagerDutyにあります。

PagerDuty Summit 2021のサイトでは詳しい資料と動画を公開していますので、こちらをご覧ください。

<  12  >