プラットフォームの拡張性

簡単に拡張可能なインシデント管理プラットフォーム

PagerDutyのインシデント管理プラットフォームを簡単に拡張できます。拡張された開発者ポータル、SDK、コード例などの新しい開発リソースを活用して、管理、監視、およびChatOpsツールを統合します。

プラットフォーム拡張性の詳細

イベントAPI v2

拡張されたイベントAPIはインバウンドイベントを自動的に正規化し、すべてのイベントデータを簡単に細かく分けることが可能です。

スピードとパフォーマンスを提供

優れたAPIの一貫性とパフォーマンスを備えた最新のAPI(v2)使用して、開発チームからより迅速な配信を可能にします。

開発者向けポータル

任意のサービスやツールのリソースをPagerDutyプラットフォームに接続するときは、デベロッパーポータルを活用してください。

アドオンAPI

独自のカスタムコードを記述してPagerDuty内のiframeに直接埋め込んで、ユーザ機能を拡張してください。

インシデントエンリッチメント

リアルタイムのメトリックとコンテキスト情報をインシデント内に直接埋め込むことで、MTTAとMTTRを削減します。

カスタムイベントトランスフォーマー

HTTPリクエストを送信できるツールから送信されたペイロードを、PagerDutyが理解できるペイロードに変換します。

すぐに使用できる拡張性

PagerDutyは、150以上のネイティブ統合により、エコシステムの拡張性の業界リーダーです。統合の詳細については、Integrationsのページをご覧ください。

ワークフロー拡張

異なるチームやサービスに一貫した情報を提供するための双方向の情報フローのために、PagerDutyと他のサードパーティのソリューション間の運用ワークフローを構成します。

PagerDutyのインシデント解決プラットフォームは、ノイズを削減し、インシデントをより迅速に解決するのに役立ちます。

PagerDutyの導入事例を見る

導入事例はこちら

PagerDutyに関するお問い合わせはお気軽にお寄せください。

お問い合わせ