BLOG
余計なアラートを抑制しよう!

投稿:2017年12月19日   |    更新:2022年3月10日

インシデント管理におけるノイズ回避

抑制( 注:Suppression )。シソーラスによると、この単語は削除、排除、消滅などの用語と同義語です。

しかし、インシデント管理の文脈の中では、抑制とは全く異なることを意味します。永遠にデータを削除することではありません。そうではなく、騒音を軽減して管理者が適切なタイミングで適切なアラートに注目できるようにする方法として機能します。

ここでは、抑制がインシデント管理を合理化する様子をご紹介します。

抑制が重要な理由

suppression

インシデント管理に抑制が役立つのはなぜでしょう。簡単に言えば、現代のインフラストラクチャは大量のアラートを生成するので、管理者は全てのアラートをレビューできないのです。試してみればすぐにアラート疲れすることに気づきます。つまり、アラートの量に圧倒されて燃え尽きてしまい、本当に重要なアラートを無視するようになってしまいます。また、アラートに注意を払うのをやめるとインシデント管理プロセス全体が壊れてしまいます。

アラート抑制はこの問題を回避する方法です。管理者は、特定の種類のアラートを抑制することで、対処可能で優先度の高いアラートを重視するようにできます。また、ダッシュボードに表示されるアラートの総数を減らすことができるので、アラート疲れを防ぐのに役立ちます。

例えば、ワークステーション群が更新プログラムのインストール後に1週間に1回再起動するようになってしまったケースを考えてみましょう。ワークステーションが再起動後にオフラインになってまた復帰するまでの間に一連のアラートが生成されます。管理者が見ているインシデントダッシュボードにこれらを追加すると、ダッシュボードが役に立たなくなってしまうでしょう。それらのアラートは特にアクションを必要としないルーチンの手続き型イベントが起きたことを示すものだからです。この役に立たないノイズを管理者のダッシュボードに表示させないようにするには、管理者はインシデント管理ソフトウェアの設定で、ワークステーションの再起動に関連するアラートを抑制することができます。

抑制はゼロか100かという問題ではありません

アラート抑制を理解するうえで大事なのは、アラートを抑制するというのはゼロか100かを選ぶのではないということです。つまり、管理者のオプションは、特定のタイプのすべてのアラートを有効にするか、またはすべてのアラートを永久に抑制するか、ということではありません。

そうではなく、抑制にはもっと繊細なアプローチをとることができます。特定の期間内に繰り返し発生しない限り、特定の種類のアラートが抑制されるように設定できます。あるアラートを特定の時間帯に発生した場合だけ報告するように設定したり、他の時間帯には抑制するように設定したりすることもできます。同様に、管理者は特定の種類のデバイスで発生した特定の種類のアラートは抑制したいが、他の種類のアラートは抑制したくないという場合があります。

こういう柔軟性はアラートの有効性を最大限に引き出すために重要です。幅広く雑な抑制ポリシーを適用するのではなく適切に調整すれば、インシデント管理システムに不要なノイズを出さず、重要なイベントを最大限に可視化することができます。

上記の例では、繊細な抑制が役に立ちます。私が指摘したように、管理者は普通、ワークステーションがソフトウェア更新後、深夜に再起動したときに出すアラートは受信したくありません。しかし、インシデント管理ソフトウェアが同じ期間に複数回再起動するワークステーションを検出した場合は、管理者が知りたい問題(ソフトウェアの欠陥など)が発生している可能性があります。この状況では、再起動が反復される場合だけセンターのダッシュボードに表示されるインシデントが生成されるように設定すれば、インシデント管理の効果を最適化できます。

抑制はデータの損失を意味しません

インシデント管理の文脈でいう抑制は、抑制されたアラートが永遠に消えることを意味するものではないことを強調しておきます。逆に、抑制されたアラートはまだ発生しますし、それらに関連するデータは保存する必要があります。抑制されたアラートとされていないアラートとの唯一の違いは、前者はインシデント管理システムの優先順位の高いダッシュボードには送信されないということです。

これは管理者が必要に応じて抑制されたアラートを見てインシデントを把握できることを意味します。これにより、アラートのしきい値を調整するのに役立ちます。さらに、抑制されたアラートを過去のインシデント管理データとして見ることで、インフラストラクチャの効率性やシステムの健全性のトレンドに関する多くの貴重な情報を明らかにできます。

抑制されたアラートを活用することで管理者がインシデントの特定と対応に役立てることもできますし、優先順位の高いインシデントを解決するために活用したいダッシュボードを、対処不可能な情報で混乱させることもなくなります。さらに、インフラストラクチャを完全に把握できるように、アラートが適切な状況下でのみ抑制されるようにして、常に報告が続けられるよう微調整することもできます。

book-markタグ: