BLOG
2019年春リリースの概要:The Intelligent Enterprise

投稿:2019年5月10日   |    更新:2022年3月10日

今日のデジタルワールドでは、企業のビジネス関係者や障害対応にあたる技術者は、中断が発生したときにすぐに対応できるように、常にデジタルサービスの健全性を意識する必要があります。それでも過去3年間で、1人のレスポンダーあたりの業務の複雑さは平均3倍に増えているため、チームがデータを理解し、意味のある洞察を得て、デジタルオペレーションを改善することはますます難しくなっています。

そこで今日私たちは、インテリジェントな企業向けに設計した新しい一連の製品の機能を発表します。これらの機能強化によって、各チームが重要な瞬間にデータ、インテリジェンス、そして大規模な自動化を使って、効果的に成果を上げることができます。Spring 2019リリースでは、プラットフォーム全体で新しい改善が行われており、エンタープライズクラスのものでありながらユーザーを念頭に置いて設計されたエクスペリエンスを提供します。

新製品のアップデート

この1年で、私たちは、マシン、チーム、サービスの所有権、そして人間の応答データにわたる、独自のテレメトリの流れに基づいて構築された、いくつかの新しいモジュラー製品をコアプラットフォームの上にリリースしました。 以下に詳述するこれらの新製品は、すでに何千ものチームがよりインテリジェントで効率的な方法でリアルタイム作業を処理するのを助けています。

PagerDuty Event Intelligence

ますます複雑化する運用上の複雑さを管理し、ノイズから信号を抽出し、機械学習主導のコンテキストでトリアージを加速することで、チームの拡張を支援します。

PagerDuty Modern Incident Response

自動対応の動員と利害関係者のコミュニケーションにより、チームは重要なインシデントをより迅速に解決できます。

PagerDuty Visibility

レスポンダーと事業主の両方がデジタルの混乱への共通の状況を受け取ることができます。

PagerDuty Analytics

運用上の投資と成熟度を向上させるための最新の洞察をデジタルビジネスのリーダーに提供します。

Human-Context Enriched Intelligenceの提供へ

Springリリースの一部として、 いくつかの新しい機能でPagerDuty Event Intelligenceを強化しました。 機械学習を使用してノイズを低減するPagerDuty独自のIntelligent Alert Groupingアルゴリズムは、これをさらに効率的に実行するように改善されているため、少ないトレーニングデータでより早く作業を開始できます。 新しいアラートグループ化プレビューにより、サービスのオーナーはインテリジェントアラートグループ化をアクティブにする前に、潜在的なノイズ低減とグループ化動作を理解することができます。

book-markタグ: