BLOG
これまで以上に強力に。PagerDutyのモバイルアプリを刷新し、インシデント対応のさらなる向上を目指す

投稿:2022年7月12日   |    更新:2022年9月22日

2020年は、私たちの働き方に革命をもたらしました。多くの人が一夜にして、フルタイムのオフィスワークから100%リモートワークへと移行しました。そして今、再びオフィスでの仕事が視野に入ってきたため、企業はフレキシブルな働き方を継続する方法を考えています。しかし、これには課題が増え、この働き方に合ったツールが必要とされています。

PagerDutyのモバイルアプリケーションは、App StoreやGoogle Playで星4.8の評価を得ており、高い認知度を誇っています。私たちは、適切な人にすぐに連絡することがいかに重要かを理解しています。だからこそ、レスポンダーがいつでもどこでも重要な仕事を解決できるように、iOSとAndroidに多大な投資を行ってきました。

このブログ記事では、最も必要な情報を見つけるための新しいナビゲーションインターフェース、過去および現在のインシデントを通じたインシデントインテリジェンスの向上、自動診断の起動と修正アクションを実行するための自動化の活用など、最もエキサイティングな改善点をいくつかご紹介します。

必要な情報を簡単に見つけられる

レスポンダーは、自分がいつオンコールになるのか、どのようなサービスのためにオンコールになるのかを知る必要があります。万が一、呼び出しを受けた場合、自分が担当する技術サービスがどのように機能しているかを確認できることが極めて重要です。そして最も重要なことは、これらの情報をモバイルアプリから一目で確認できることです。複数の画面を参照したり、アプリの奥深くに埋もれた情報を探したりする必要はありません。

新しいPagerDutyモバイルホーム画面エクスペリエンスでは、レスポンダーが必要とする最も重要な情報が容易に利用可能です。このデザイン変更により、オープンインシデント、オンコールシフト、影響を受けるテクニカルサービスを中心に表示し、アプリ内のナビゲーションに必要なタップ数を減らすことができます。

デザイン変更されたホーム画面は、現在、早期アクセス可能です。試してみたい方は、この早期アクセスフォームに必要事項を記入し、「新しいモバイルホーム体験」の選択をすると、案内が送られてきます。

フレキシブルに働くということは、最も重要な瞬間に、クリティカルインシデントの状況を自由に把握できることを意味します。インシデントが発生したら、できるだけ早く対応し、影響を軽減するための最善の方法を決定する必要があります。

その方法の1つが、新しいモバイルインシデント詳細画面です。この画面では、視覚的に分かりやすく、最も重要な機能全てにアクセスできるため、インシデント対応に迅速に取り組むことができます。インシデントで作業している他のレスポンダーのメモ、変更イベント、過去のインシデント、最新のアラートなど、インシデントに関する最も重要な情報をすぐに利用することができます。

また、更新版のモバイルインシデント詳細画面にある新しいカルーセルでは、プレーの実行、優先度やメモの追加、ステータスアップデートの投稿などを行うことができます。

過去または現在におけるクリティカルインシデントのコンテキストを獲得する

インシデントが発生したとき、最大のハードルの1つは、「以前にもあったか」という質問に答えることです。もしあれば、以前に動作したプレーを実行したり、自動化シーケンスを実行することで簡単に解決できるかもしれません。しかし、そのような過去の状況を見つけることはしばしば困難であり、それは誰にも許されない無駄な時間です。

  • PagerDutyモバイルアプリのPast Incidents(過去のインシデント)機能では、現在アクティブなインシデントと同じサービス上で発生した、類似したメタデータを持つインシデントが表示されます。この追加コンテキストにより、正確なトリアージが容易になり、解決までの時間が短縮されます。例えば、自分やチームの誰かが過去に同様のインシデントに巻き込まれたことがあるかどうかを確認し、詳細を調べてどのような改善策が取られたかを知ることができます。
  • Change Events(変更イベント)。システム内の変更は、しばしばインシデントの影の犯人です。特に、多くの組織が1日に何十回、何百回も新しいコードを出荷している場合、どの変更がインシデントを引き起こしたかを正確に特定するのは難しいため、見過ごされがちです。しかし、「Gartner社の推定によると、全てのパフォーマンスインシデントの約85%は追跡可能」です。変更イベントにより、お客様の環境に影響を与える変更を確認し、潜在的な根本原因を特定することができます。変更イベントは、モバイルアプリの2つのエリア(新しいモバイルインシデントの詳細画面と、サービスの詳細画面)で簡単に確認できます。目的のインシデントをタップして変更イベントにスクロールするか、サービスディレクトリーに移動してサービスを選択し、最大2つの変更イベントを表示できます。表示されるイベントの詳細には、日時、概要、サービス、タイプ、リンク、ソースが含まれます。
  • インシデント対応におけるもう1つの重要な情報は、問題の影響範囲を理解することです。この情報を得るための1つの方法は、Service Dependencies(サービス依存関係)を理解することです。大規模で顧客向けのビジネスサービスが、技術的なサービスインシデントによって問題が発生している場合、問題の範囲をよりよく理解するために、より速く、より文脈的なインテリジェンスで対応する必要があります。モバイルアプリのサービス依存関係画面では、どのサービスが影響を受けるかを表示して、範囲をよりよく理解することができます。サービス依存関係は、サービスディレクトリーの各サービスのプロファイル内に表示されます。

自動化を活用した迅速な対応

テクノロジー環境がより複雑になるにつれ、人々の時間と認知資源を節約することがこれまで以上に重要になっています。これは、人間ではなく、機械が最初の防衛線として機能することを意味します。

反復的な手作業やよく理解されている事象を自動化することで、対応者の不必要な労力を軽減し、本業に集中できるようにし、最も必要とされている事象にのみ注意を向けるようにできます。これを実現する1つの方法が、指先のタップで実行できる自動化です。

PagerDuty Automation Actionsは、PagerDutyモバイルで一般的に利用できるようになり、いつでもどこからでも自動診断と修復アクションを実行できるようになりました。繰り返し行われる診断と修復のステップを自動化することで、手動で行っていた作業を代替し、生産性を向上させることができます。スクリプトを実行するだけでなく、過去に実行したスクリプトや出力レポートをモバイルアプリから直接表示することができます。これらはリアルタイムで更新されるため、見落としがありません。

PagerDutyモバイルアプリケーションに追加されたこれらの最新機能は、時間、品質、顧客体験を犠牲にすることなく、レスポンダーが思い通りに作業できるよう支援します。フレキシブルな働き方は今後も続きます。PagerDutyの強力なモバイルアプリケーションは、あなたがそれを最大限に活用できるよう支援することを約束します。PagerDutyのモバイルアプリケーションをまだお試しでない方は、今がチャンスです。QRコードを使って、どちらかをダウンロードしてください。

image5-150x150@2x.png iOS

image9-150x150@2x.png Android

重要:モバイル体験の安全性を確保するために

PagerDutyモバイルに多くの新しい素晴らしい機能が追加されました。モバイルアプリが革新的で安全であり続け、ユーザー体験を向上させるために、新しい最小システム要件を導入します。2022年6月27日より、PagerDutyモバイルアプリの将来のバージョンでは、Android 9.0かiOS 14.0以降が必要となります。モバイルアプリのアップデートを継続的に受信するために、お使いのデバイスが最新に保たれていることをご確認ください。

この記事はPagerDuty社のウェブサイトで公開されているものをDigital Stacksが日本語に訳したものです。無断複製を禁じます。原文はこちらです。

book-markカテゴリー :DevOps
book-markタグ: