BLOG
PagerDutyの世界危機対応月間が帰ってきました。新たな脅威からハイブリッドワークプレースを守るために

投稿:2022年9月1日   |    更新:2022年11月11日

世界はますます複雑化しています。悪者による脅威は、社会を混乱させ、ニュースを席巻し、さまざまな形で私たちの生活に影響を与え続けています。COVID-19は、想定外の事態に備えた計画についていくつかの教訓を与えてくれましたが、同時に、多くの人が自分の働く場所を考え直すきっかけとなりました。ハイブリッドワークが多くの人にとって現実の仕事形態であり続ける中、危機対応と物理的セキュリティー管理を任務とする専門家は、もはや私たちの大半が同じ屋根の下で一つの安全プロトコルに従って働いているわけではない今、深刻な課題に直面しているのです。 PagerDutyは世界中で24時間体制で活動しています。そのため、デュートニアンの人々の安全を守るための24時間体制のオペレーションは、トレーニング、知識の共有、効果的なツールを通じて、全ての従業員が行動を起こせるようにすることから始まります。「世界危機対応月間」は、従業員の安全に関するワールドカップであり、私たちが行う全ての能力向上活動の成果を発表する場です。インタラクティブで、部門横断的で、楽しく、そしてシニアリーダーシップによって承認された活動です。 このブログでは、災害に対するチームの備えと、ハイブリッド化した世界における重要な物理セキュリティーイベントのギャップに対処することを目的とした「Harden the Target」イニシアチブで、PagerDutyを社内でどう使っているかを紹介します。

PagerDutyによるリアルタイムでのオーケストレーション

物理的なセキュリティーシステムで重大な違反や停止に直面した場合、チームはいつ、どこで、どのような事態が発生したかをリアルタイムで理解する必要があります。人間は、複数の物理的なセキュリティーイベントを同時に監視することは、機械と同じようにはできません。デジタル運用の原則をリアルタイムのアラートと自動化に適用することが、より良い洞察と実用的な情報を得るための鍵となります。PagerDutyの機能は、まさにこれを実現するのに役立ち、また戦力増強の役割も果たします。 PagerDutyのプラットフォームに統合することで、危機対応と物理セキュリティーの異なるシステム間で展開される重要なイベントに対応するための、より徹底した共通のオペレーションの概観図が得られることが分かりました。設定されたサービスと物理的セキュリティーの重要なイベントの種類が1対1であるため、何が起きているのかがよく分かり、潜在的に有害な活動に対応したり中断したりする平均時間が短縮されます。このプラットフォームの機械学習とインテリジェントなグループ化機能により、アクセス試行の失敗や機器停止の頻度など、トレンドとパターン認識のための追加情報を得られます。

image1-5-1024x616.png

この使用例では、物理的なセキュリティー管理のベストプラクティスとFEMAのエリアコマンドを、PagerDutyの従来のインシデントレスポンスに重ねています。このセットアップは、私たちの仮想Global Security Operations Center(GSOC)として機能します。PagerDutyの650以上の統合機能(Slack、Teams、Zoomなど)、メールクライアント、APIにより、ほぼ全ての物理セキュリティー、脅威情報、ステータス監視システムから重要なイベント情報を取り込み、そのデータでタイムリーに何かを実行できることが保証されています。 このプラットフォームを通じて、対応チームへのアラート、スタッフのための可聴アラームのセット、サードパーティーのビデオ分析を使用した契約セキュリティーチームのための自動化されたレスポンス作業の実行をオーケストレートできます。PagerDutyは、重要な物理的セキュリティーイベントを見逃すことなく、適切なタイミングで適切なチームにエスカレーションすることを保証します。

練習を重ねることで、反応の素地を作る

9月中は、週替わりの教育テーマ、PD.orgと連携したボランティア活動、ゲーミフィケーションによる防災セットづくりや災害映画トリビアなど、緊急事態への備えを社員に呼びかけています。また、「#stayready」をテーマに、地震などの自然災害や銃乱射事件のような人災に対応できるよう、従業員の準備を進めています。また、一緒に楽しみながら、お互いに重要な学びを得ることを目的としています。 また、緊急通信テストや地震訓練「The Great ShakeOut」など、システムテストや訓練を実施し、PagerDutyプラットフォーム上で連携しながら、対応習慣を定着させるようにしています。このプロセスを通じて、オンコールスケジュールを最新の状態に保ち、オンコール準備ツールを使って、全員がインシデントコマンダーとしてタイムセンシティブなアラートに対応できるように設定していることを確認しています。PagerDutyでは、チームに未来を築く力を与え、重要な物理的セキュリティーイベント用に設定されたプラットフォームによって、社員とビジネスに対する新たな脅威の先を行くためのツールボックスを手に入れたのです。PagerDutyが、あなたの組織が悪質な行為者によって引き起こされる多くの脅威に対応し、戦力として、または仮想GSOCとして機能するのに役立つかどうかを知りたい場合は、無料トライアルにサインアップしてください。


この記事はPagerDuty社のウェブサイトで公開されているものをDigital Stacksが日本語に訳したものです。無断複製を禁じます。原文はこちらです。

book-markタグ: