BLOG
インテリジェント対応と自動化で、少ない労力で多くのことを行う

投稿:2020年7月20日   |    更新:2022年3月10日

良くも悪くも、私たちの社会はは効率化に取りつかれています。オンラインバンキングやEコマースアプリからスマートIoTデバイスに至るまで、私たちの生活の隅々にその痕跡があります。しかし、私たちは個人生活のほぼすべての面で自動化を使用しているにもかかわらず、PagerDutyとDimensional Researchが実施した共同研究では、90%の企業が問題解決のための自動化をほとんど、あるいは全く行っていないことがわかりました。なぜでしょうか。私たちは簡単なことをより簡単にするため、私たちの生活の中で毎日自動化を利用しているのに、なぜ仕事でもそれを利用していないのでしょうか。

頑張らずに賢く働く

社内では「技術の達人」と呼ばれているにもかかわらず、仕事を終わらせるために面倒な手動のプロセスに頼っているIT担当者の多さに驚くことでしょう。

多くのITチームは、時間やリソースを最大限に活用できていません。その代わりに、問題への対応方法を決定するためにハンドブックに目を通したり、過去のインシデントを手作業で調べて関連性があるかどうかを確認したりしています。しかし、チームの効率を向上させ、収益を守るための最も簡単な方法の1つは、インテリジェントな対応と自動化であり、繰り返し可能な手順を自動化することで、貴重なリソースを他の場所に再配分することができます。

2020年春に発表された最新の機能強化では、インテリジェント対応と自動化に3つの方法でアプローチしています。(1)人とプロセスの調整、(2)対応チームが必要なときに適切なコンテキストと情報を提供する、(3)使いやすい自動化機能を提供することで、問題を迅速に診断して解決できるようにする。これがどのように機能するかを詳しく見てみましょう。

新機能の詳細

インテリジェントトリアージ

PagerDutyイベントインテリジェンスの一部として、モバイルで利用できるようになったインテリジェントトリアージは、チーム作業の重複を防ぐことができます。これにより、複数のチームに影響を与えるインシデントについて、何が本当の原因となっているかを判別するために、Related Insidents機能を使用することができます。Related Insidentsは、イベントインテリジェンスの機械学習機能をノイズ削減の域を超えて拡張し、サービス全体にわたってリアルタイムのコンテキストに基づいた洞察を対応者に提供します。

目下のインシデントに関連している可能性のある他のサービスで同時発生しているインシデントを調査することで、対応者は影響の幅と範囲をより深く理解し、重複したコミュニケーションを回避し、問題解決のためにチームがお互いを邪魔しないようにすることができます。インテリジェントトリアージは、機械学習を利用して以下のことを可能にします。

  • ビジネス全体で今現在何が起こっているかを見る
  • 問題がローカルなものなのか、他に影響を与えるものなのかを理解する
  • 適切なチームメイトを募り、協力して問題を解決する
  • MTTRの改善

intelligent-response-automation-2

インシデントの再開

時には、インシデントが実際には解決されていないにもかかわらず、対応中に誤ってインシデントをクローズしてしまうことがあります。あるいは、インシデントが終了したと思って大規模なインシデントを解決済みにしたにもかかわらず、その後すぐにモニタリングやカスタマーサポートなどの他のチャネルを通じて、同じ原因に起因する進行中の症状に気づくこともあります。

大丈夫です、間違いは起こります。私たちは皆人間です。だからこそ、PagerDuty は新しいアラートをトリガーすることなく、応答者がインシデントを再開することができる新機能(アーリーアクセス可能)をリリースしました。このシンプルでありながら重要なアクションは、対応者の柔軟性を高め、インシデントの重複を減らし、重大なインシデントの症状が再発していることが判明した場合に、対応チームの再動員をより速く、より簡単にします。また、ServiceNowのような隣接するツールを同時再開することができます。

intelligent-response-automation-1-1536x908

ランブックオートメーションのインテグレーション

もう1つの方法は、運用上の「ランブック」で取得した手動または部分的に自動化された手順をすべて自動化して、自動化されたインテリジェントなインシデント対応プロセスに接続することです。Amazon EventBridgeとの既存のインテグレーションに加え、ランブック自動化のために新しくリリースされたRundeckAyehu、およびPliantとのインテグレーションは、Amazon EventBridgeとの既存のインテグレーションに加えて、手動のITレスポンスプレイワークフローを自動化し、対応チーム内のコミュニケーションと解決スピードを向上させることができます。

intelligent-response-automation-3

Rundeck 統合のランブック自動化機能を使ったインシデント対応の例を見てみましょう。

「Eコマースビジネスのピーク時にサーバがダウンして、顧客がチェックアウトしたり、カートの中の商品を購入したりすることができなくなりました。PagerDutyはインシデントが発生したことを適切な人に警告しました」

さて、どうしますか。どのようにして対応者がインシデントを診断し、解決するための迅速な行動を取ることができるでしょうか。もし彼らが同僚や他のチームにエスカレーションしなければならない場合、あなたは時間をロスすることになります。wikiを閲覧したり、マニュアルのランブックを調べたりする場合も時間の無駄になります。

そうではなく、対応者が行動を起こすために必要な自動化されたオペレーション手順に安全にセルフサービスでアクセスできるようにしましょう。Rundeckによるランブックの自動化により、対応者の誰もが専門家と同じように診断や修理の手順を安全に実行できるようになり、インシデント時間をより短くし、より少ないエスカレーションで済むようになります。

RundeckとPagerDutyのインテグレーションにより、以下のことが可能になります。

  • PagerDutyのインシデントの開始時に自動的にRundeckジョブをトリガーする。例えば、最初の対応者がPagerDutyにログインする前に診断を開始したり、修理アクションを試したりする
  • PagerDutyのWebやモバイルUIでカスタムアクションを使って、インシデント発生時にRundeckジョブをトリガーする
  • Rundeckジョブが自動的にPagerDutyのインシデントノート/タイムラインを更新する
  • Rundeckジョブが失敗した場合にPagerDutyインシデントをトリガーする

このシナリオでは、ランブックの自動化を利用することで、Eコマースビジネスはリソースをより効率的に展開し、MTTRを改善し、停止の結果として失われる収益を保護することができます。

インテリジェントな対応と自動化を実現

これらの新機能は作業の重複を減らし、機械による手作業の自動化を可能にすることで対応者の負担を軽減します。PagerDutyはチームに少ない労力でより多くのことを行う能力を与えることで、企業の回復力を向上させ、顧客との関係性と獲得した収益を保護することを支援します。

本記事は米国PagerDuty社のサイトで公開されているものをDigitalStacksが日本語に訳したものです。無断複製を禁じます。原文はこちらです。

book-markカテゴリー :ベストプラクティス
book-markタグ: