BLOG
DevOpsは買えません

投稿:2019年8月26日   |    更新:2022年5月19日

devops-sale-225x300

DevOpsへの移行は、どこから始めればよいのかわからない多くの組織にとって、大変な作業になる可能性があります。私は最近、どんなソリューションが市場に出回っているかを知るために、いくつかのDevOpsの評価を読んでみました。それはDevOpsを完全に採用している組織から、まだ始めたばかりの組織までありました。評価の中には真の価値をもたらし、文化や方法論に関する記事にリンクしているものもあれば、DevOpsのすべての夢を実現するためのツールを提供してくれるというものもありました。

DevOpsの過程では、ユーザーがサービスを継続的にデリバリーし、自動化し、サービスを監視することを可能にするソフトウェアとしてのツールは不可欠です。ただし、DevOpsは製品ではなく、ツールだけではDevOpsの価値を十分に理解するために必要なプロセスを得ることができません。DevOpsでは人が最も重要です。人がいなければ、DevOpsを完全に実現するために必要な考え方や文化を構築することはできません。

DevOpsで勝つのではなく、チャンピオンになる

私は最近PagerDutyのCEOであるジェニファー・テハーダと勝者とチャンピオンの違いについて話をしました。彼女は勝利の素晴らしさを語りました。トロフィーやタイトル、もしそれが宝くじなら数百万ドルが手に入ると。しかし、大きな絵で見ると、勝利は短期的なゴールに過ぎません。対照的に、チャンピオンになるには、長期的な成功や成果に焦点を当てることが必要です。この会話で、DevOpsを採用している組織に同じ原則をどのように適用できるかについて考えさせられました。

DevOpsツール関連の私のお気に入りの1つは、XebiaLabs社のDevOpsツール周期表です。

Period-Tables-of-DevOPs-Tools

表に示されているように、DevOpsカテゴリーには多数のツールがあります。しかし、ツールを購入することによって組織が「DevOpsに変貌する」という話を見たり聞いたりすることが多すぎます。先に述べたように、ツールはDevOpsへの過程の重要な部分ですが、ツールだけではDevOps環境は構築されません。DevOpsチームを適切に機能させるためのすべての要素(コラボレーション、自動化、オーナーシップ、サイロの解体、プロセスの定義、継続的改善、継続的デリバリー)を考慮する必要があります。

ツールの購入を決断することは正しい方向への大きな一歩ですが、もっとも重要なのは、決定の背後にある「なぜ」、つまり最終目標を定義することです。そのために、もう一度チャンピオンの考え方を検討しましょう。

たとえば、オリンピックの水泳金メダリスト、マイケル・フェルプス選手を見てください。フェルプスは史上最も称賛されたオリンピック選手であり、彼は39の世界記録を保持しています。フェルプスは1、2勝するどころか、20勝でも止まりませんでした。彼はチャンピオンになることを目指しました。これはすべて、コミットメント、実践、そして目的とする最終状態に集中することによって成されました。

DevOpsの定義

DevOpsには何百もの定義がありますが、ほとんどの人はDevOpsレポートで概説されている次の基本原則に同意することができます。

「DevOpsは、チームがより効率的に作業し、優れたソフトウェアをより迅速に提供できるように、文化とプロセスを構築することを目的とした一連の原則です」。

文化やプロセスはクレジットカードで変更することはできません。ツールを使用すると、組織はより優れたコラボレーション、自動化、継続的デリバリーを実現できます。しかし、正しい考え方と選択がなければ、ツールの全機能が達成されない可能性があります。

例としてSlackを取り上げましょう。新しい会社に転職した私の元同僚は会議に出席していました。彼は、Slackのチャンネルを作ってコラボレーションすることが、チームをDevOpsに変えるために素晴らしいと言うのを聞きました。Slackが彼らのすべてのコミュニケーション問題を解決するだろうと彼のマネージャーは確信しました。しかし、Slackを採用してから6か月後でも、マネージャを含めチームの大半がまだSkypeを使用していました。Slackは、製品をより早く市場に投入するために使用されるツールというよりは、ビールの醸造について話すための場所になったのです。問題はSlackではありませんでした。それはチームと組織の参加の不在、そして製品の全機能に関する知識の欠如でした。

ツールとベストプラクティスをチームと短期、長期の目標の達成にいかに機能させるかが、DevOpsチャンピオンとしての我々が話すべきことです。たとえば、チームや組織の全体の目標は何ですか? 目標が特定されたら、主要なステークホルダーからどのようにして賛同を得るのでしょうか。合意が成された後、どのようにしてソリューションを実装しますか?

組織変更

I-want-you

変化は多くの組織や個人にとって困難であり、意味のある変化は一晩では起こりません。人と組織がどのように変化を成し遂げるかを理解することは重要です。

Kotter 8-Step Process for Leading Changeが提唱するのは、最初のステップで変化の必要性を明確にし、すぐに行うべき理由を考え、小さなことから始め、勝とうとする前に内部にいるチャンピオンを見つけて育てるということです(この場合の変化はツールの購入)。

組織内の人々が問題を認識していない、またはより良い運営方法が存在することを認識していない場合、チームメンバーの賛同と新しいアイデアを採用し行動を起こすように動機付けることは困難です。もしかすると現在のプロセスが十分であるため、人々は現在の状態に完全に満足しているかもしれません。または、少なくとも現在の状態が既知である可能性があります。しかしながら、チーム全体がうまく機能し、より早く、より機敏な方法で彼らの共通の目標を達成するためには、最初に新しいメカニズムを導入しなければなりません。

DevOpsチャンピオンになる方法

DevOpsの世界でチャンピオンになることは、勝利を超えて進むことを意味します。それは、チームと組織構造と文化を深く掘り下げて、ツールの範囲を超えた問題を特定し、他の人と協力して、明確な結果につながる必要な変化を受け入れることを意味します。つまり、最初に戻って最終の目標を定義する必要があります。以下はあなたが始めるように頼むことができる簡単な質問です。

  • あなたのコアバリューは何ですか?
  • なぜあなたはもっとアジャイルな会社やチームになろうとしているのですか?
  • あなたのチームや組織はどんな障害に直面していますか?
  • ツールやプロセスは何を達成するのでしょうか?
  • 人々はどのようにしてコミュニケーションやコラボレーションをしていますか?
  • サイロはありますか? それはなぜですか?
  • あなたはどのように顧客を擁護していますか?
  • 従業員は権限を与えられていますか?

最終状態を定義したら、志を同じくする他の人をチャンピオンチームの一員にし、達成しようとしていることを見失なわないようにしましょう。1つのチームやテスト環境から始めるなど、変化を始めるときはスモールスタートを忘れずに。小さく始めて勝利を築くことによって、内部のチャンピオンは彼ら自身をクリエイトし​​始めるでしょう。

覚えておいてください。企業は熱心にDevOpsを売ろうとしています。しかし、結局のところ、DevOpsは製品ではありません。それは、自動化、コラボレーション、人、そしてプロセスの方法論と考え方なのです。

*この記事のオリジナル版は、opensource.comで以前に公開されたものです

本記事は米国PagerDuty社のサイトで公開されているものをDigitalStacksが日本語に訳したものです。無断複製を禁じます。原文はこちらです。

book-markカテゴリー :DevOps
book-markタグ: