Uptimeインテグレーションガイド

Project Description

本記事は米国PagerDuty社のサイトで公開されているインテグレーションガイドをそのまま日本語に翻訳したものです。日本語環境での動作を保証するわけではありません。原文はこちらを参照してください。


Uptimeは、WebサイトとWebアプリケーションの稼働とパフォーマンスを監視する(訳注:いわゆる外形監視)サービスの中でのリーダーです。Uptimeは5大陸の異なる30カ所から1分間隔であなたのWebサイトをチェックします。

PagerDutyでの作業

  1. ConfigurationメニューからServicesを選択します
  1. 新しいサービスを作成する場合はServicesページで+Add New Serviceをクリックします。既存のサービスに追加する場合は、サービスの名前をクリックします。その後、Integrationsタブをクリックし、+New Integrationボタンをクリックします。

 

  1. Integration TypeメニューからGeneric APIを選択し、Integration Nameを入力します。新しいサービスを作成する場合は、General Settingsで、新しいサービスのNameを入力します。次に、インシデント設定で、新しいサービスのEscalation Policy(エスカレーションポリシー)、Notification Urgency(通知の緊急性)、Incident Behavior(インシデントの動作)を指定します。
  1. Add ServiceまたはAdd Integrationボタンをクリックして、インテグレーションを保存します。するとサービスのIntegrationsページにリダイレクトされます。

 

  1. 新しいインテグレーションのIntegration Keyをコピーします。

Uptimeでの設定

  1. ダッシュボードから、Alertingを選択し、Push Notificationsをクリックしてそのメニューに移動し、New Profileをクリックして(訳注:新しいプロファイルを)作成します。

  1. Provider TypeドロップダウンメニューからPagerDutyを選択し、Service API KeyフィールドにIntegration Keyを入力します。次にPagerDutyのインシデント生成のオプションとして、Uptimeの中でチェックにパスした場合のために、Auto Resolve?オプションを選びます。(オプションとして)プロファイルのAlias名を入力します。

  1. Contactsタブに移動して、新しい通知プロファイルを割り当てる連絡先を見つけます。 Actions列の下にある歯車のアイコンをクリックして連絡先を編集します。

  1. Edit Contactsボックスで、Push Notificationsフィールドの中に、作成したPagerDutyプロファイル名をタイプして検索し、入力します。 Saveをクリックして変更を確定します。

  1. Monitoringセクションに移動し、既存のチェックの編集をするか、Add Checkをクリックして新規のチェックを追加します。

  1. Edit Checksボックスで、必要に応じて設定を行い、Contactsフィールドに連絡先を追加します。Saveをクリックして変更を確定します。

以上で、Uptimeでのチェックが失敗すると、それがPagerDutyのインシデントをトリガします。

よくある質問

Uptimeは複数のPagerDutyインテグレーションに通知できますか?

はい。 Uptimeでインシデントをトリガーしたいサービスごとに、これらのインテグレーションの手順を繰り返して設定してください。

再チェックにパスすると、UptimeはPagerDutyインシデントを解決にしますか?

はい。PagerDuty側のインシデントを自動的に解決させるためには、チェックを作成または編集するときにAuto resolve on Check Upを有効にします。

Project Details