Raygunインテグレーションガイド

Project Description

本記事は米国PagerDuty社のサイトで公開されているインテグレーションガイドをそのまま日本語に翻訳したものです。日本語環境での動作を保証するわけではありません。原文はこちらを参照してください。


アプリケーションのパフォーマンスとエラーの追跡を1つのプラットフォームで。Raygunは問題を自動的に検出して診断することにより、より速くより強固で堅牢なソフトウェアを構築するのに役立ちます。

PagerDutyでの作業

 

  1. ConfigurationメニューからServiceを選択します

 

  1. 新しいサービスを作成する場合は、Serviceページで+Add New Serviceをクリックします。既存のサービスに追加する場合はサービスの名前をクリックします。その後、Integrationsタブをクリックし、+New Integrationボタンをクリックします。

 

 

  1. Integration Typeメニューからアプリケーションを選択し、Integration Nameを入力します。新しいサービスを作成する場合は、General Settingで新しいサービスのNameを入力します。次に、Incident Settingで新しいサービスのEscalation Policy(エスカレーションポリシー)、Notification Urgency(通知の緊急性)、Incident Behavior(インシデントの動作)を指定します。

 

  1. Add ServiceまたはAdd Integrationボタンをクリックして、新しいインテグレーションを保存します。すると、サービスのIntegrationsページにリダイレクトされます。

 

 

  1. Integration Key欄の文字列をコピーします。

 

 

Raygunでの作業

 

  1. アプリケーションのダッシュボードから、左側のメニューからIntegrationを選択し、PagerDutyを選択します。

 

 

  1. 先ほどコピーしたIntegration KeyService integration keyフィールドに貼り付け、アラートの閾値を設定します。チェックボックスをオンにしてアラートを有効にし、変更を保存します。Testボタンを使用すると、RaygunとPagerDutyが通信していることを確認できます。

 

 

Raygunのアラートが設定した閾値を超えると、PagerDutyのインシデントがトリガーされます。インシデントをクリックすると、関連するアラートをRaygunで開くことができます。

 

よくある質問

 

1つのアプリケーションが複数のPagerDutyサービスにアラートを発することはできますか?

 

現時点では、Raygunの各アプリケーションはPagerDutyの単一のサービスにしか通知できませんが、Raygunで監視しているアプリケーションごとのIntegration KeyをPagerDutyに設定すれば、異なるPagerDutyサービスに通知できます。

Raygunのアラートを解決または無視すると、対応するPagerDutyインシデントが解決されますか?

 

いいえ。Raygunで解決されたアラートはPagerDutyインシデントを解決にしません。また、PagerDutyインシデントを解決してもRaygunのアラートは解決になりません。

 

Project Details