Composeインテグレーションガイド

Project Description

本記事は米国PagerDuty社のサイトで公開されているインテグレーションガイドをそのまま日本語に翻訳したものです。日本語環境での動作を保証するわけではありません。原文はこちらを参照してください。


Composeは、プロダクション対応のオートスケーリングMongoDBやElasticsearchを提供するデータベースサービスです。Composeのコンポーネントは、データベースの状態の変更やパフォーマンスの問題を通知するMongoDBイベントのアラートを提供しています。ComposeはすべてのアラートをPagerDutyに配信し、ユーザーはエスカレーションポリシーと決められた連絡方法に従って通知を受けます。

 

PagerDutyでの設定

 

  1. ConfigurationメニューからServicesを選択します。
  2. Servicesページでの操作:

新しいサービスを作成する場合は、+Add New Serviceをクリックします。

 

      既存のサービスに追加する場合はサービスの名前をクリックします。 その後、Integrationsタブをクリック.   し、+New Integrationボタンをクリックします。

 

 

  1. Integration Typeメニューからアプリを選択し、Integration Nameを入力します。新しいサービスを作成する場合は、Genaral Settingsで新しいサービスの名前を入力します。 次に、Insident Settingsで、新しいサービスのEscalation PolicyNotification UrgencyInsident Behaviorを指定します。

 

  1. Add ServiceまたはAdd Integrationボタンをクリックして保存します。 サービスのIntegrationsページにリダイレクトされます。

 

 

  1. Integration Keyをコピーします。

 

 

Composeでの設定

 

  1. 左側のメニューバーにあるAccountをクリックします。

 

 

  1. サブメニューからNotificationsを選択します。

 

 

  1. PagerDuty alertsスイッチをオンにします。 APIキーのフィールドが表示されるので、以前にクリップボードにコピーしたPagerDuty APIを入力します。

 

  1. Save alert settingsをクリックします。 Compose内にアラームがあると、対応するインシデントがPagerDuty内でトリガーされます。

 

Project Details