AppOpticsインテグレーションガイド

Project Description

本記事は米国PagerDuty社のサイトで公開されているインテグレーションガイドをそのまま日本語に翻訳したものです。日本語環境での動作を保証するわけではありません。原文はこちらを参照してください。


AppOpticsは、クリティカルなITシステムのメトリクスを収集して可視化できる強力なサービスです。PagerDutyとのインテグレーションにより、PagerDutyインシデントを自動的にトリガーし、システムの潜在的な問題について直ちに通知できるようになります。

PagerDutyとのインテグレーション設定は簡単です。AppOpticsとPagerDutyのを接続するには、このガイドに従ってください。インストールが完了していない場合は、お問い合わせください。

PagerDutyでの作業

  1. ConfigurationメニューからServiceを選択します
  2. 新しいサービスを作成する場合はServiceページで+Add New Serviceをクリックします。既存のサービスに追加する場合は、サービスの名前をクリックします。その後、Integrationsタブをクリックし、+New Integrationボタンをクリックします。

 

 

  1. Integration Typeメニューからアプリケーションを選択し、Integration Nameを入力します。新しいサービスを作成する場合は、General Settingsで、新しいサービスのNameを入力します。次に、インシデント設定で、新しいサービスのEscalation Policy(エスカレーションポリシー)、Notification Urgency通知の緊急性)Incident Behavior(インシデントの動作)を指定します。
  1. Add ServiceまたはAdd Integrationボタンをクリックして、インテグレーションを保存します。するとサービスのIntegrationsページにリダイレクトされます。

 

  1. 新しいインテグレーションのIntegration Keyをコピーします。

AppOpticsでの作業

  1. PagerDutyの情報を手元に置いて、Organization DetailページのNotification Servicesセクションに移動します。
  2. PagerDuty integrationをクリックし、Add Configurationボタンをクリックします。

  1. PagerDuty設定の詳細を入力してください:

Title:サービスの宛先名(例:Pagerduty hook)。

Service Key:PagerDutyサービスページからコピーしたサービスAPIキー(必須)。

Description:このトリガーを引き起こした問題の簡単な説明。このフィールド(または短縮バージョン)は、電話、SMSメッセージ、およびアラート電子メールを生成するときに使用されます。また、PagerDuty UIのインシデントテーブルにも表示されます(必須)。

Incident Key:このトリガーイベントを適用する必要があるインシデントを識別します。このキーで開始されたインシデントがない場合(例:未解決)、新しいキーが作成されます。同じキーですでに開始されたインシデントがある場合、このイベントはそのインシデントのログに追加されます。イベントキーを使用すると、問題報告の重複を削除できます。このフィールドが指定されていない場合、PagerDutyは新しいインシデントを一意のキーで自動的に開きます(オプション)。

  1. サービスを設定すると、アラートをサービスの宛先に関連付けることができます。アラート作成の詳細については、アラートナレッジベースの記事を参照してください。簡単にAppOpticsを複数のPagerDutyサービスに関連付けることができます。

 

  1. アラートが発生するとペイロードがPagerDutyに送信されます。

 

  1. インシデントの詳細を表示するには、DetailsペインでView Messageを選択します。

  1. AppOpticsの最新の機能では、AppOpticsサービスからトリガーされるインシデントは、AppOpticsからUIへのクリアを受け取ると自動的に解決されます。

よくある質問

AppOpticsを複数のPagerDutyサービスで動作させるように設定するには?

これは、現在のバージョンでは簡単です。AppOptics内の各PagerDutyサービスは、異なるサービスAPIキーに結びつけることができます。PagerDutyとAppOptics内で複数のPagerDutyサービスを作成してください。

AppOpticsはトリガーされたアラートの自動クリアをサポートできますか?

AppOpticsはトリガーインシデントの自動クリアをサポートするようになりました。AppOpticsサービスのインシデントは、AppOptics UIからのクリアメッセージを受け取ったときに解決されます。Webhookインテグレーションには、ペイロードに「クリア」属性が含まれます。AppOpticsの終了時には、メトリックやソースがアラートの条件に違反すると、アラートがトリガーされた状態になります。すべてのエラー信号が正常な値に戻ることは、閾値を超えないことを意味します。不在状態の場合、正常状態とは、不在の後に再び信号発信を開始したことを意味します。トリガーされた状態では、アラートが解除されるまで、再通知間隔ごとに通知が送信されます。アラートを無効にすると、トリガーされた状態はすべてクリアされます。アラートページの新しい「resolve」ボタンを使用して、トリガー状態のアラートを手動でクリアすることができます。トリガーからクリアにアラートが移行すると、再通知タイマーがリセットされます。

うまく動作しません。どうすればいいでしょうか?

うまくいかない際には私たちにご連絡ください。

Project Details