FusionReactor Cloudインテグレーションガイド

  • Posted by Digital Stacks
  • On 2018年7月3日
本記事は米国PagerDuty社のサイトで公開されているインテグレーションガイドをそのまま日本語に翻訳したものです。日本語環境での動作を保証するわけではありません。原文はこちらを参照してください。 FusionReactorは「監視のみ」を超えて、サーバのダウンタイムを最小限に抑え、修正時間を短縮します。   PagerDutyでの設定 ConfigurationメニューからServicesを選択します。 Servicesページで: インテグレーションのために新しいサービスを作成する場合は、+Add New Serviceをクリックします。 既存のサービスにインテグレーションを追加する場合は、追加するサービスの名前をクリックします。その後、Integrationsタブをクリックし、+ New Integrationボタンをクリックします。 APIと直接統合を選択し、Integration Nameを入力します。Nameのための新しいサービスを作成する場合は、「一般設定」で新しいサービスの名前を入力します。 次に、インシデント設定で、新しいサービスのEscalation Policy(エスカレーションポリシー)、Notification Urgency(通知の緊急性)、およびIncident Behavior(インシデントの動作)を指定します。 Add ServiceまたはAdd Integrationボタンをクリックして、新しいインテグレーションを保存します。すると、サービスのIntegrationsページにリダイレクトされます。 新しいインテグレーションのIntegration Keyをコピーします。 FusionReactor Cloudでの設定 あたたの企業名と一致するドロップダウンメニューからAlertingを選択します。PagerDutyを使用しないと、このメニューにはPagerDutyが表示されません。 結果のAlerting Settingsページで、インテグレーションリストからPagerDutyを見つけてConfigureを選択します。 以前にコピーしたPagerDutyIntegration Keyを入力し、次に設定をSaveします。 サイドバーからAlertingを選択し、Subscriptionタブに移動してCreate New Subscriptionを選択します。 新しいサブスクリプションにNameを付け、 ServiceドロップダウンメニューからPagerDutyを選択し、サブスクリプションにDescriptionを付けます。固定のIncident Keyを指定する場合は、ここで同様に行うことができます。固定インシデントキーを指定すると、このFusionReactorサブスクリプションは一度に1つのPagerDutyインシデントのみを開くことができます。ナレッジベースにインシデントキーと受信トリガーの重複排除について詳しい解説があります。サブスクリプションをセットアップしたら、サブスクリプションをSaveしてください。 サブスクリプションが作成されたので、Testボタンを使用してPagerDutyでテストインシデントをトリガーすることができます。 PagerDutyがFusionReactorのSubscriptionとして設定されたので、監視対象サーバとアプリケーションからの通知を使用して、このサブスクリプションにChecksをリンクすることでPagerDutyでインシデントをトリガーすることができます。   よくある質問   FusionReactorは複数のPagerDutyサービスでインシデントを起動できますか? 現時点では、FusionReactorは単一のintegration keyにのみ関連付けることができるため、インシデントは単一のサービスでしか起動できません。ただし、異なるChecksでPagerDutyのインシデント動作が異なる場合は、同じインテグレーションキーを使用して異なる構成の複数のサブスクリプションを作成できます。   FusionReactorチェックがOK状態に戻ると、PagerDutyインシデントは自動的に解決されますか? はい。PagerDutyインシデントはError状態でトリガーされ、OK状態で解決されます。
Read More

Foglightインテグレーションガイド

  • Posted by Digital Stacks
  • On 2018年6月14日
本記事は米国PagerDuty社のサイトで公開されているインテグレーションガイドをそのまま日本語に翻訳したものです。日本語環境での動作を保証するわけではありません。原文はこちらを参照してください。 このインテグレーションには、現在廃止予定となっているv1 REST APIを使用する必要があります。このインテグレーションを設定するには、サポートに連絡してv1 REST APIキーにアクセスしてください。 v1 REST APIの廃止の詳細については、こちらのFAQをご覧ください:https://v2.developer.pagerduty.com/v2/docs/v1-rest-api-decommissioning-faq 現在v2 REST APIの使用のためパートナーと協力してインテグレーションのアップグレードを行っています。 Foglightは、さまざまなテクノロジー(Java、.NET、仮想または物理サーバ、データベースなど)の管理を可能にするパフォーマンス監視パッケージです。現地点でFoglightはPagerDutyと簡単にインテグレーションできます。FoglightのモニタリングをPagerDutyアカウントと結びつける方法について、このガイドを参照してください。このインテグレーションガイドでは、Foglight for SQL Serverを使用していますが、他のFoglight製品との統合も有効です。 インテグレーションに問題がある場合は当社までご連絡ください 。support@pagerduty.com   PagerDutyでの設定 ConfigurationメニューからServicesを選択します。 Servicesページで、新しいサービスを作成する場合は、+Add New Serviceをクリックします。既存のサービスにインテグレーションを追加する場合は、追加するサービスの名前をクリックします。その後、Integrations タブをクリックし、+ New Integrationボタンをクリックします。 Integration Typeメニューから追加したいアプリを選択し、Integration Nameを入力してください。新しいサービスを作成する場合は、General SettingsでサービスのNameを入力します。次に、Incident Settingsで、新しいサービスのEscalation Policy(エスカレーションポリシー)、Notification Urgency(通知の緊急度)、Incident Behavior(インシデントの動作)を指定します。 Add Service またはAdd Integrationボタンをクリックして、新しいインテグレーションを保存します。すると、サービスのIntegrationsページにリダイレクトされます。 新しいインテグレーションのIntegration Keyをコピーします。 Configurationメニューから、API Accessを選択します。 API Accessページで、+Create New API Keyボタンをクリックします。 ポップアップするダイアログで、キーのDescriptionを入力し、 APIのバージョンを選択するよう求められます。また、キーをRead-onlyとして作成するオプションもあります。このボックスをチェックしないと、フルアクセスキーが作成されます。 バージョン管理に関する注記: API v2.0はPagerDutyとの通信が容易にできるよう設計されています。ほとんどの既存のPagerDutyとのインテグレーションには、API v1.0キーが必要です。使用するAPIバージョンについて質問がある場合は、 support@pagerduty.comまでご連絡ください。 オプションの入力が終わったら、Create […]
Read More

Front インテグレーションガイド

  • Posted by Digital Stacks
  • On 2018年6月7日
本記事は米国PagerDuty社のサイトで公開されているインテグレーションガイドをそのまま日本語に翻訳したものです。日本語環境での動作を保証するわけではありません。原文はこちらを参照してください。 FrontはPagerDutyへのインシデントアラートをトリガーするSLAを提供します。 Frontはチームのファースト・インボックスとしてすべての外部通信を1か所に集約します。チームは、eメール、SNS、チャット、音声など、あらゆるコミュニケーションチャネルでコラボレートすることができます。   Frontでの設定 Frontで、Account Settingsに移動し、Integrationsを選択してPagerDutyをクリックします。 Enable Integrationボタンをクリックして、PagerDutyを有効にするためにトグルボタンをオンにします。Sign in to PagerDutyボタンをクリックし、アカウントをリンクします。 ポップアップ認証ウィンドウで、PagerDutyアカウントへのログイン情報を入力し、Authorize Integrationボタンをクリックします。 トリガーされたFrontのメッセージに使用するService NameとEscalation Policyを選択して、Finish Integrationボタンをクリックします。 Saveボタンをクリックすると、PagerDutyとFrontのインテグレーションが有効になります。 PagerDutyアラートのルールを作成するには、Account Settings移動し、Rulesを選択して、Add a team ruleボタンをクリックします。 条件を設定してください(詳しくはUnderstanding rulesの記事を参照)。Trigger in PagerDutyを選択してSaveボタンをクリックします。   よくある質問   PagerDutyでFrontを複数のサービスに接続することはできますか? Frontは現在、PagerDutyの単一のサービスにのみ接続できます。
Read More

Freshserviceインテグレーションガイド

  • Posted by Digital Stacks
  • On 2018年3月23日
本記事は米国PagerDuty社のサイトで公開されているインテグレーションガイドをそのまま日本語に翻訳したものです。日本語環境での動作を保証するわけではありません。原文はこちらを参照してください。 Freshserviceは、クラウド上のプラグアンドプレイで使えるITIL対応サービスデスクです。Incident、Problem、Change、Release and Asset Managementなどのコア機能をクラウド上でカバーしています。 このインテグレーションにはREST APIキーが必要です。このキーは、管理ユーザーとアカウント所有者のみが生成できます。また、REST APIを使うには、Standardプラン以上が必要です。REST APIキーの生成については、ナレッジベースに詳しく書いてあります。 Freshserviceでの設定 Freshserviceにログインします。Adminセクションで、 Integrations下にリストされている Helpdesk Productivityを選択します。 使用可能なインテグレーションのリストからPagerDutyまでスクロールし、切り替えをクリックします。 プロンプトが表示されたら、PagerDutyアカウントにログインします。 ログインすると、新しいPagerDuty Serviceを作るように求められます。サービスに名前を付けてescalation policyを選択し、Finish Integrationをクリックします。 新しいPagerDutyサービスにコピーするWebHook URLが表示されます。これをクリップボードにコピーし、タブはその開いたままにしてください。   PagerDutyでの設定 Configurationメニューから Servicesを選択します 。 Freshserviceから作成した新しいサービスを選択します。 サービスのIntegrations タブで、下にスクロールしてAdd an Extension をクリックします。 Extension TypeドロップダウンからGeneric Webhookを選択し、Webhookの名前を入力して、コピーしたwebhook URLを貼り付け、Saveをクリックします 。 Configurationメニューから、API Access を選択します 。 API Accessページで+Create New API Key ボタンをクリックします。 ポップアップするダイアログで、キーのDescription を入力し、 API versionを選択するよう求められます。 また、キーをRead-onlyとして作成するオプションもあります。 このボックスをチェックしないままにすると、フルアクセスキーが作成されます。 Create […]
Read More