NEWS
PagerDuty 価格体系変更のお知らせ

投稿:2018年9月12日   |    更新:2022年3月22日

最先端のインシデント管理機能をニーズに合わせてお求めやすく

企業向けは基盤となる「Platform」と拡張機能「Products」に

PagerDutyは米国時間2018年9月12日(日本時間12日未明)に新しい価格体系(プラン)を同社のイベント「PagerDuty Summit 2018」で発表しました。新しい体系では、企業向けのインシデント管理の基本機能を「Platform」として提供し、その上に追加する形で、インシデント対応の自動化や分析に資する最先端の機能を「Product」として提供します。同日付で販売を開始しています。

新しい価格表(日本語)はこちらをご覧ください。

英文のニュースリリースはこちらにあります。14日間すべての機能を無料で試せるフリートライアルも提供していますので、ぜひお試しください。

Platformは、PagerDutyの利用に際して必ずご契約いただくプランです。企業のお客様の規模に合わせて

  • 小規模向けの「Platform Team」(1ユーザー月額29ドル)と
  • それ以上の「Platform Business」(同39ドル)

の2つが用意されています。

Productは、DevOpsをさらに加速するための拡張機能であり、

  • 「Event Intelligence」(1ユーザー月額20 ドル)
  • 「Modern Incident Response」(同15ドル)
  • 「Visibility」(従来のOperation Command Console機能。同15ドル)
  • 「Analytics」(価格は応談)

をご用意します。従来はいずれもスタンダードプランまたはエンタープライズプランで提供されていた機能でした。

(なお上記の価格は年間契約の場合の月額です。)

今回の改訂により、貴社のニーズと規模に合わせて、PlatformとProductsをご自由に組み合わせることができます。Event IntelligenceやModern Incident Responseといった最先端のインシデント自動化機能を必要に応じて組み合わせることで、以前よりもお手頃な価格でご利用いただけるようになります。

❇例えばModern Incident Responseをご利用いただくには、従来は月額49ドルのスタンダードプラン以上のご契約が必要でした。新体系では「Platform Team」(29ドル。電話での無料通知件数に制限があります)+「Modern Incident Response」(15ドル)の 44ドルでご利用いただけます。

最小機能だけを提供するLite、全機能が利用できる新エンタープライズプラン(1ユーザー月額99ドル)もご用意しております。

なお、Event Intelligenceなどの概要はこちらのブログでもご紹介しています。合わせてご覧ください。

Pagerduty_Price

9月中はこれまでのベーシック、スタンダード、エンタープライズプランでの販売も継続しますが、10月以降はお求めいただけなくなります。

既にご契約いただいているお客様は引き続き旧プランでのご利用が可能です。従来プランから新プランへ移行される場合は弊社担当営業までお問い合わせください。

<この件のお問い合わせ先>
株式会社Digital Stacks
デジタルマーケティング部 川尻 智幸
TEL:050-1742-0590 info@digitalstacks.net

以上