Zenoss 5インテグレーションガイド

Project Description

本記事は米国PagerDuty社のサイトで公開されているインテグレーションガイドをそのまま日本語に翻訳したものです。日本語環境での動作を保証するわけではありません。原文はこちらを参照してください。


Zenossは、数多くのIT組織で使用されている非常に普及しているオープンソースネットワーク、サーバーおよびアプリケーション監視システムです。 これは、あらゆるオープンソース監視システムで利用可能な最高のイベント管理システムの1つを提供します。 Zenossのプラグインアーキテクチャにより、Zenossを誰でも適応できるようになりました。PagerDutyは、PagerDuty APIを使用してオンコールスケジュール、アラート、インシデント追跡を提供することで、Zenossの機能を拡張します。 PagerDutyの最も重大なZenossイベントを通知され、即座に行動を起こすことができます。

このガイドでは、Zenoss 4のインストールをPagerDuty ZenPackにインテグレートする方法について説明します。 正確なLinuxディストリビューションとZenossの設定に合わせて、これらの指示を少し変更する必要があります。 インストールが失敗した場合は、当社までご連絡ください。

 

Zenoss 4の場合はこちらをクリック

Zenoss 3の場合はこちらをクリック

 

PagerDutyでの設定

  1. Configurationメニューから Servicesを選択します。
  2. Service ページで:インテグレーション用の新しいサービスを作成する場合は、+Add New Service をクリックします。既存のサービスにインテグレーションを追加する場合は、インテグレーションを追加するサービスのNameをクリックします。 その後、Integrations タブをクリックし、+New Integrationボタンをクリックします。
  3. Integration Typeメニューからアプリケーションを選択し、Integration Nameを入力します。インテグレーションのための新しいサービスを作成する場合は、General Settingsで、新しいサービスのNameを入力します。 次に、Incident Settingsで、新しいサービスのEscalation Policy (エスカレーションポリシー)、Notification Urgency(通知の緊急度)、Incident Behavior(インシデントの動作)を指定します。
  4. Add Service または Add Integration ボタンをクリックして、新しいインテグレーションを保存します。 すると、サービスのIntegrationsページに回送されます。
  5. 新しいインテグレーションのIntegration Keyをコピーします。注:異なるPagerDutyポリシーごとに使用する複数のGeneric APIインテグレーションを作成できます。Zenoss 5は、任意の数の異なるPagerDutyアカウントとGeneric APIのインテグレーションとに組み合わせることができます。

 

Zenoss 5サーバーシェルでの設定

  1. Zenossサーバーのシェルにrootとしてログインし、次のコマンドを実行してZenPackをインストールします。
wget http://wiki.zenoss.org/download/zenpacks/ZenPacks.PagerDuty.APINotification/1.1.0/ZenPacks.PagerDuty.APINotification-1.1.0.egg
serviced service run zope zenpack-manager install ZenPacks.PagerDuty.APINotification-1.1.0.egg
  1. ZenossのWebインターフェイスから、ADVANCED > Settings > PagerDutyの順にクリックします。
  2. 次にPagerDuty Subdomainv1 API keyを記入して、Apply をクリックします。APIアクセスキーの詳細については、このナレッジベースの記事を参照してください。
  3. 注:サービスAPIキーはここでは使いません。詳細については前述の記事をお読みください。
  4. 注:Applyボタンを押すと、すべてのPagerDuty Generic APIサービスのリストが入力されます。 サービスが表示されない場合は、設定でサービスがPagerDuty内のGeneric APIタイプであることを確認します。
  1. EVENTS > Triggersに移動し、 +ボタンをクリックしてトリガーを追加します。
  1. あなたのトリガーIDを入力してください。下記の場合はPagerDutyを使用していますが、 “Critical Alert”のようなもっと説明的なものを使いたい場合は使っても構いません。一度IDを入力し終わったら、SUBMITボタンをクリックします。
  1. トリガーを選択し、gear アイコンをクリックして設定します。
  1. PagerDuty内でアラートをトリガさせたいルールにトリガーを設定します。 ルールの設定が完了したら、SUBMITボタンをクリックします。
  1. 左側のメニューからNotifications をクリックし、 +アイコンをクリックして新しい通知を追加します。
  1. 通知のIDを入力し、アクションのPagerDutyを選択します。この例では、IDのためにPagerDutyを使っていますが、より説明的なものを使用したい場合はそれを使っても構いません。フォームに入力し終わったらSUBMIT ボタンをクリックします。
  1. 新しい通知を選択し、 gearアイコンをクリックして設定します。
  1. Enabledチェックボックスをオンにして、以前にドロップダウンボックスで作成したトリガーを選択し、Add ボタンをクリックします。 Triggers下のボックスに表示されます。
  1. Contentタブをクリックします。次に、ドロップダウンメニューでPagerDutyのインテグレーションを選択(または入力)します。これは、Zenoss内でアラートがトリガーされたときに通知を受けるインテグレーションです。Zenossの複数のPagerDutyサービス/インテグレーションに接続している場合は、ここでさまざまなサービスやインテグレーションを選択します。PagerDuty ZenPackは、残りのフィールドに自動的に入力します。これらのフィールドの多くはカスタマイズ可能です。使用可能な変数の一覧については、FAQを参照してください。終了したら SUBMIT ボタンを クリックします。

 

インストール後の確認

すべてが機能していることを確認するには、Zenoss内で新しいアラートをトリガーし、PagerDuty内のインシデントをトリガーします。 インシデントの詳細を表示する際、View in Zenossリンクを使用して、Zenoss Webインターフェース内のイベントに移動できます。

 

よくある質問

 

複数のPagerDutyインテグレーションで動作するようにZenossをセットアップするにはどうすればよいですか?

各Zenoss通知をPagerDutyサービスに関連付けることができるので、これは現在のインテグレーションでは簡単です。Zenoss内に複数の通知を追加するだけで、それぞれのPagerDutyサービスと結びつける必要があります。

 

ネットワークがダウンしているときにZenoss通知が発生したらどうなりますか?

何らかの理由でPagerDutyサーバーにアクセスできない場合、Zenossは60秒ごとにPagerDutyに通知を再送信します。これは通知設定の下で設定可能です。

 

ZenossはPagerDutyに失敗の報告を送るためには外部インターネット接続が必要ですが、外部接続を失った場合、どのように通知を受け取りますか?

外部のpingチェックサービスを設定して、サイトの外部接続を監視する必要があります。もちろん、PagerDutyを使ってこれらのサービスからアラートを転送することもできます。

 

私はZenoss内でアラートを未確認のままにしたのに、PagerDutyはそれを確認していますが、何が起こったのですか?

PagerDutyは未確認のインシデントをサポートしていません。イベントは解決されるまで、PagerDuty内では確認されたままになります。

 

アラートの詳細をカスタマイズするにはどうすればよいですか?

その他のイベントプロパティは、 ZenOSSコア管理ガイドのセクション7.1.2(ページ89)に記載されています。
注:インシデントキーは、インシデントごとに一意である必要があります。

 

もっと質問がありますか?

分からないところがある場合は私たちに連絡してください。

Project Details