Scoutインテグレーションガイド

Project Description

本記事は米国PagerDuty社のサイトで公開されているインテグレーションガイドをそのまま日本語に翻訳したものです。日本語環境での動作を保証するわけではありません。原文はこちらを参照してください。


Scoutアプリケーションは、企業レベルのニーズに合わせて開発されたサーバ監視システムを提供します。リアルタイムグラフを使用してインフラに可視性を追加し、ワンクリックで拡張性の高いプラグインとカスタムソリューション用のAPIを使用します。

このインテグレーションに問題がある場合は、PagerDutyまでご連絡ください。

PagerDutyでの作業

  1. ConfigurationメニューからServiceを選択します
  2. 新しいサービスを作成する場合はServiceページで+Add New Serviceをクリックします。既存のサービスに追加する場合は、サービスの名前をクリックします。その後、Integrationsタブをクリックし、+New Integrationボタンをクリックします。

  1. Integration Typeメニューからアプリケーションを選択し、Integration Nameを入力します。新しいサービスを作成する場合は、General Settingsで、新しいサービスのNameを入力します。次にインシデント設定で、新しいサービスのEscalation Policy(エスカレーションポリシー)、Notification Urgency通知の緊急性)Incident Behavior(インシデントの動作)を指定します。
  2. Add ServiceまたはAdd Integrationボタンをクリックして、インテグレーションを保存します。するとサービスのIntegrationsページにリダイレクトされます。

 

Scoutでの作業

  1. 上部のナビゲーションバーのNotificationsをクリックします。

  1. Notification ChannelsAdd PagerDutyをクリックします。

  1. PagerDutyへのログインに使用するメールアドレスとパスワードを入力します。

  1. 先ほど作成したサービスを選択し、Finish Integrationをクリックします。

  1. これでインテグレーションが完了しました。Notification Channelとして表示されるはずです。

 

ScoutとPagerDutyが通信していることを確認する

Scout内でアラートが発生したら、次の操作を行ってPagerDutyが新しいインシデントをトリガーしたことを確認できます。

  1. Scoutでインシデントを作成するために使用できるトリガーを作成します。Amazon EC2インスタンスでは、Rubyとscout gemをインストールした後、CPU使用率が50%を超えたときにアラートを送信するように、「CPU Steal」メトリックが設定されます。これを行うには、Serverタブに移動してサーバを選択します。次にTriggerタブを選択し、Add Triggerを選択します。以下の画面が表示されます。

  1. Create Triggerをクリックし、トリガーが作成されていることを確認します。

  1. インシデントをトリガーします。EC2 Amazonインスタンスでは、コマンドラインから次のコマンドを実行することでこれを行うことができます:perl -e "while(1){}"

  1. Scoutにアラートが表示されていることを確認します。

  1. 同じインシデントがPagerDutyにも表示されていることを確認します。

よくある質問

Scoutの設定でPagerDutyに通知する方法を変更できますか?

以下のScoutのサイトの説明文に示すように、差分インテグレーションポリシーを使用して統合をカスタマイズできます。

Scoutでアラートが解決された場合、インシデントはPagerDutyでも解決されますか?

はい。「解決」は自動的にAPIを介して伝播され、ダッシュボードに表示されます。

Project Details