Opsmaticインテグレーションガイド

Project Description

本記事は米国PagerDuty社のサイトで公開されているインテグレーションガイドをそのまま日本語に翻訳したものです。日本語環境での動作を保証するわけではありません。原文はこちらを参照してください。


Opsmaticは自動ドリフト検出による構成監視と、ホストの状態比較をするツール、活動を視覚化するためのツールを提供します。Opsmaticを使うと、チーム全体の視認性が向上し、問題をより迅速に解決することができます。
PagerDutyを設定して、Opsmaticフィードとタイムラインビューに、通知、Ack、解決アラートをプッシュできます。 さらに、失敗したポリシーチェック、保存された検索結果を基に自動的にインシデントを作ったり、あるいはキーイベントをトリガーとして手動でPagerDutyでインシデントを作るよう設定することもできます。

 

Opsmaticでの設定

  1. Manage Organizationsに移動します。
  2. Opsmatic Integration Tokenをコピーします。

 

PagerDutyでの設定

  1. あなたのアカウントのConfigurationタブで、ドロップダウンメニューから Servicesを選択します。
  2. API統合を使ってOpsMaticにイベントを送信させたい、既存のPagerDutyサービスを選択します。まだサービスがない場合は、新しいサービスを作成することができます。
  3. サービスの名前をクリックし、 IntegrationsタブでExtensionsを探します。
  4. Add an extensionをクリックし、 Generic Webhookタイプを選択し、拡張機能に名前を付けて、次のエンドポイントURLを使用します。Your Integration Tokenを、Opsmaticからコピーしたインテグレーション用トークンに置き換えてください。
    https://api.opsmatic.com/webhooks/events/pagerduty?token=[Your Integration Token]
  5. Saveをクリックすると、webhookが追加されます。 OpsmaticのフィードとタイムラインにPagerDutyのアップデートが表示されます。

 

自動インシデントの作成

Opsmaticでの設定:

  1. Integration Settings pageにアクセスして、使用するPagerDutyサービスのインテグレーション用APIキーを追加します。 資格情報が正しく設定されていることを確認するためのtestボタンが用意されています)。
  2. Notifications Pageに移動して、PagerDutyインシデントをトリガーする必要があるSaved Searchマッチを設定します。
  3. Assertionの結果による自動インシデントを作成するには、Assertions Overview page へ移動します。Notification destinationsをクリックし、Create PagerDuty Incidentの横にあるチェックボックスをオンにして、Saveをクリックします。
  4. Assertions Overview pageに戻ります。作業対象のAssertionを含むグループをクリックします。インシデントを作成させたい各アサーションのPagerDutyアイコンの横にあるチェックボックスをオンにします。

注:アサーションが失敗すると、PagerDutyインシデントが作成されます。アサーションがパスの状態に戻ると、インシデントは自動的に解決されます。

セットアップが失敗した場合、 サポートチームにお問い合わせください。

Project Details