Logseneインテグレーションガイド

Project Description

本記事は米国PagerDuty社のサイトで公開されているインテグレーションガイドをそのまま日本語に翻訳したものです。日本語環境での動作を保証するわけではありません。原文はこちらを参照してください。


Logsene by Sematext はエンタープライズクラスのログ管理ソリューションです。 Logseneは、Fluentd、Logstash、Syslogなどの幅広いログ収集ツールからログを受信でき、Java、Scala、Go、Node.js、Ruby、Pythonなどのプログラミング言語用の多くのロギングフレームワークをサポートしています。 また、LogseneはElasticsearchのAPIを使いKibanaと連携し、アラートや異常の検出機能を内蔵しています。クラウド(SaaS)とオンプレミスの両方で利用可能です。また、 SPM Performance Monitoringと統合して、メトリック、イベント、ログを相関させます(これらの手順については、 PagerDutyとSPM Performance Monitoringのインテグレーションを参照してください)。

 

PagerDutyでの設定

  1. Configuration メニューからServices を選択します。
  2. Serviceページで、
    インテグレーションのために新しいサービスを作成する場合は、 +Add New Service をクリックします。
    既存のサービスにインテグレーションを追加する場合は、統合を追加するサービスの名前をクリックします。 その後、Integrations タブをクリックし、 + New Integration ボタンをクリックします。
  3. Integration Type メニューから追加したいアプリを選択し、Integration Nameを入力してください。
    インテグレーションのために新しいサービスを作成する場合は、General Settingsで新しいサービスのNameを入力します。次に、Incident Settingsで、新しいサービスのEscalation Policy(エスカレーションポリシー)、Notification Urgency(通知の緊急度)、Incident Behavior(インシデントの動作)を指定します。
  4. Add Service またはAdd Integration ボタンをクリックして、新しいインテグレーションを保存します。すると、サービスのIntegrationsページにリダイレクトされます。
  5. 新しいインテグレーションのIntegration Keyをコピーします。

Logseneでの設定

  1. メニューからApp Settingsをクリックして、Logsene AppのApp Actionsに移動します。
  2. Alerts / PagerDutyに移動します。
  3. Service API keyフィールドにPagerDutyのインテグレーションキーを入力します 。
  4. Saveをクリックします 。
  5. PagerDutyへの通知を有効にするには、 Alerts/Notification Transportsに移動します。
  6. PagerDutyを選択します 。

    これでLogseneとのインテグレーションが完了しました。ご不明な点がございましたらsupport@pagerduty.com までお問い合わせください 。

 

よくある質問

 

Sematext Logseneのインシデントは自動的に解決されますか?

いいえ。ただし、ユーザーは「通常状態に戻る」メッセージを受け取ることができます。

 

Sematext Logseneを複数のPagerDutyサービスに関連付けるよう設定できますか?

いいえ。現在PagerDutyはSematext Logseneのグローバル設定であり、1つのAPIキーだけが管理されています。

 

インシデントの重複は排除されますか?

インシデントの重複排除はされませんが、多すぎるアラートやトリガーを回避できるSematext Logsene内の設定があります。

 

2ウェイのack-back統合はありますか?

いいえ。

 

ログはSematext Logseneで参照できますか?

はい。すべてのアラートはSematext Logsene内に保存され、表示されます。

 

API呼び出しが200(成功)を返さない場合、再試行のメカニズムはありますか?

いいえ。

Project Details