DOCS
インテグレーションガイド / Crashlytics

Crashlytics

本記事は米国PagerDuty社のサイトで公開されているインテグレーションガイドをそのまま日本語に翻訳したものです。日本語環境での動作を保証するわけではありません。原文はこちらを参照してください。

Crashlyticsは軽量ながら非常に強力なクラッシュレポートソリューションです。 CrashlyticsとPagerDutyをインテグレーションすることで、アプリケーションのクラッシュレポートに関するリアルタイムのアラートを受け取ることができます。

PagerDutyでの設定

  1. Configuration メニューからServices を選択します。
  2. Servicesページで: 新しいサービスを作成する場合は、 +Add New Service をクリックします。 既存のサービスにインテグレーションを追加する場合は、統合を追加するサービスの 名前をクリックします。 その後、Integrations タブをクリックし、 + New Integration ボタンをクリックします。 RS-Add-New-Service-13
  3. Integration Type メニューから追加したいアプリを選択し、Integration Nameを入力してください。 インテグレーションのために新しいサービスを作成する場合は、General Settingsで新しいサービスのNameを入力します。 次に、Incident Settingsで、新しいサービスの Escalation Policy (エスカレーションポリシー)、Notification Urgency (通知の緊急度)、Incident Behavior(インシデントの動作)を指定します。
  4. Add Service またはAdd Integration ボタンをクリックして、新しいインテグレーションを保存します。 すると、サービスのIntegrationsページにリダイレクトされます。 RS-Integration-Settings-11
  5. 新しいインテグレーションのIntegration Keyをコピーします。 RS_Updates__API_Services-1024x146-8-300x43

Crashlyticsでの設定

  1. まだの場合、AppsメニューからAddを選択して、監視する新しいアプリを作成します。 AddApp-300x50
  2. 画面の指示に従います。 setup-300x266
  3. アプリの設定メニューから、監視するアプリのService HooksPagerDutyを選択します。 次に、インテグレーションキーを入力し、Verify<をクリックします。 verify_api_key-295x300
  4. Crashlyticsにクラッシュが報告されたときにPagerDutyサービスがトリガーしたインシデントが表示されるはずです。 trigger3-300x33