DOCS
インテグレーションガイド / Catchpoint

Catchpoint

本記事は米国PagerDuty社のサイトで公開されているインテグレーションガイドをそのまま日本語に翻訳したものです。日本語環境での動作を保証するわけではありません。原文はこちらを参照してください。

Catchpointを使用すると、オンラインアプリケーションのパフォーマンスを管理、監視、テストできます。 PagerDutyでCatchpointを設定するには、以下の手順に従ってください。

PagerDutyでの設定

  1. ConfigurationメニューからServicesを選択します。
  2. Serviceページで: インテグレーションのために新しいサービスを作成する場合は、+Add New Serviceをクリックします。 既存のサービスにインテグレーションを追加する場合は、追加するサービスの名前をクリックします。Integrations タブをクリックし、+ New Integration ボタンをクリックします。 RS-Add-New-Service-13-300x113
  3. Integration Typeメニューから追加したアプリを選択して、Integration Nameを入力してください。 インテグレーションのために新しいサービスを作成する場合は、General Settingsで新しいサービスのNameを入力します。 次に、インシデント設定で、新しいサービスのEscalation PolicyNotification Urgency、およびIncident Behavior を指定します。
  4. Add ServiceまたはAdd Integrationボタンをクリックして、新しいインテグレーションを保存します。 すると、サービスのIntegrationsページにリダイレクトされます。 RS-Integration-Settings-11-300x109
  5. 新しいインテグレーションのIntegration Keyをコピーします。 RS_Updates__API_Services-1024x146-8-300x43

Catchpointでの設定

  1. SettingsメニューのAPIを選択します 。 catchpoint-settings-api-300x213

2.Alerts APIステータスをEnabledStatusActiveEndpoint URLhttps://events.pagerduty.com/generic/2010-04-15/create_event.jsonに設定します。

3.FormatオプションからTemplateを選択します。

4.テンプレートを選択するドロップダウンメニューでAdd Newをクリックします。(既存のテンプレートは、テンプレート名の上にカーソルを置いて Edit / View Propertiesアイコンを選べばそのメニュー内で編集できます)。

AlertsInCP-300x99 5.ライトボックスがポップアップし、テンプレートの名前を作成して内容を定義することができます。 コンテンツは有効なJSONでなければならず、以下で説明する3つの必須フィールドを含める必要があります。 service_key event_type description . ほかに渡せる追加のパラメータについては、Events APIのドキュメントにあります 。

アラートマクロの使用

JSONフィールドは、ハードコードされ、システムから提供されたデータで動的に埋められます。 これには、テスト名、アラートの重大度、アラートをトリガした条件、テスト実行によってアラートがトリガされたノードの場所などのデータが含まれます。アラートAPIテンプレートでタイムスタンプと重大度を指定する例として、 ${macroName} 構文でマクロが使用されるJSONのアラートの場合をあげておきます。

{ 
"service_key": "YOUR-INTEGRATION-KEY-HERE",
"event_type": "${switch("${NotificationLevelId}","0","trigger","1","trigger","3","resolve")}",
"description": "${switch("${NotificationLevelId}","0","WARNING","1","CRITICAL","3","OK")}: ${TestUrl}",
"incident_key": "${AlertInitialTriggerDateUtc}",
"client": "${TestName}",
"client_url": "${TestUrl}",
"details": {
"NodeName": "${NodeDetails("${NodeName}")}",
"NodeClientAddress": "${NodeDetails("${NodeClientAddress}")}",
"NodeMean": "${NodeDetails("${NodeMean}")}",
"Test Name": "${TestName}",
"Test URL": "${TestUrl}"
}
}

アラートマクロインデックス

サポートされているすべてのアラートマクロの一覧は、 Catchpointナレッジベース で確認できます。 注:ナレッジベースにアクセスするには、Catchpointアカウントにログインする必要があります。

よくある質問

  1. Catchpointは複数のPagerDutyサービスと統合できますか?

    はい。 Catchpointは、異なるエンドポイントに特定のアラートを送信することにより、異なるアラートをPagerDutyサービスに分割することができます。

  2. Catchpointがトリガするインシデントは自動的に解決されますか?

    はい。 Catchpointは、通知レベルが3またはImprovedであるときに、event_typeフィールド内にswitchステートメントを適用して解決を送信することによって、PagerDutyインシデントを自動的に解決できます。