Japan IT Week 春 出展報告

  • Posted by Digital Stacks
  • On 2022年4月19日
Digital Stacksは、4月6日~8日まで東京ビッグサイトで 開催された「Japan IT Week 春 2022」の「AI・業務自動化展」に、インシデント対応フローを自動化する「PagerDuty」と運用操作を自動化する「Rundeck」をはじめ、20点を超えるSaaS製品を出展しました。 Japan IT Week 春 2022は、3日間で4万人近いお客様が来場される盛況となりましたが、既に日本での知名度も高いPagerDutyには、特に多数のお問い合わせをいただきました。「AWS CloudWatchやSlackとはどうインテグレーションするのか?」といった、エコシステムの広いPagerDutyならではのご質問や「Rundeckで運用はどう変わるのか」といったご質問に、限られたお時間でしたが、ご説明させていただきました。 ご来場いただいた皆様には、弊社のSaaS総合カタログ「TechCatalog」のJapan IT Week版をお配りしました。全製品についての詳しい情報はこちらのサイトでご覧になれます。 https://www.techcatalog.net/ また、弊社Facebookページで当日の写真をごらんいただけます。 https://www.facebook.com/DigitalStacksCorporation
Read More

PagerDutyをJapan IT Week 春に出展します

  • Posted by Digital Stacks
  • On 2022年3月21日
4月6日~8日まで東京ビッグサイトで 開催される「第31回 Japan IT Week 春」の「AI・業務自動化展」にPagerDutyをはじめ、多数のSaasを出展します。来場者限定で、Digital Stacksがお勧めするSaasツールを紹介するパンフレット「TechCatalog」 と、スタートガイドブックサンプル版を無料で贈呈いたします。是非ご来場ください。   入場には招待券が必要です。(招待券をお持ちでない場合、入場料¥5,000/人) 弊社から無料の招待券をお配りしていますので、下記URLよりダウンロードしてご利用ください。 e招待券URL: https://www.japan-it-spring.jp/ja-jp/visit/e-ticket-ex/ai.html?=coitharu2022?co=ml_ai-s-69zyvz ■展示会情報 名称:第31回 Japan IT Week 春 会期:2022年4月6日(水)~8日(金) 時間:10:00~18:00(最終日のみ17:00終了) 会場:東京ビッグサイト 東ホール 主催:RX Japan株式会社 (旧社名: リード エグジビション ジャパン) 公式HP:https://www.japan-it-spring.jp/ja-jp.html
Read More

インシデントフローと対応の省力化を実現するPagerDuty&Rundeckを出展~Japan IT Week 秋

  • Posted by Digital Stacks
  • On 2021年11月10日
Digital Stacks(本社東京都品川区)は、10月27日~29日まで幕張メッセで 開催された「Japan IT Week 秋」(主催:RX Japan)の「システム運用自動化展」に、インシデント対応フローを自動化する「PagerDuty」とインシデントに対応するエンジニアが使うための操作デッキ「Rundeck」を出展しました。 既に知名度の高いPagerDutyについてご自分とチームの実務に合うかどうかをお聞きになるお客様に多数来訪していただきました。世界標準のインシデント管理ツールの概要と当社の日本語でのサポート対応についてお伝えする良い機会になったと思います。 併せて、インシデント対応に当たるエンジニア(レスポンダー)のためにシステム操作をワンデッキ上で実行できるRundeckをご紹介し、いままでのTelnet+SSHでのコマンド操作とは違う標準化されたインシデント対応のメリットをお伝えしました。どうもありがとうございました。さらなるご説明を要望されたお客様には個別にコンタクトさせていただき詳細をお伝えいたします。 (弊社Facebookページで当日の写真をごらんいただけます。) https://www.facebook.com/DigitalStacksCorporation なお、Digital StacksではPagerDutyとRundeckの導入の操作を解説した「PagerDuty スタートガイドブック」「Rundeck スタートガイドブック」を無料プレゼント中(Rundeckは先行予約受付中)です。ご興味のある方はぜひご覧ください。 PagerDuty スタートガイドブック https://pagerduty.digitalstacks.net/readme-japan-it-week-autumn-2021 Rundeck スタートガイドブック https://rundeck.digitalstacks.net/readme-japan-it-week-autumn-2021   ■RundeckとPagerDutyについて Rundeck:定型のシステム運用作業をランブックとして自動化 システム運用の中で、スクリプトやcronで回していた定型の作業をランブックとして登録しておき、オペレーターやレスポンダーが簡単に利用できるようにする、ランブックオートメーションツールです。結果として復旧までの時間とコストを大幅に削減できるほか、エンジニアの教育コストも下げられます。あるランブックを誰が利用できるかといった権限も設定できるため、不安なく利用できるようになります。2020年9月にPagerDutyが買収し、UXの共通化を図っています。 PagerDuty:運用監視とインシデント対応のフローを自動化する司令塔 システムを監視するツールからの障害のシグナルを受け取り、各障害に適応したインシデント対応ワークフローを自動的にドライブします。フローにあらかじめ登録された作業者(レスポンダー)からその時間に対応可能なレスポンダーを選び、SMSやメール、チャットツールにより、インシデント発生とその状況を必要であれば繰り返し送信して確実に知らせます。障害対応の手順をマニュアルで何度も見返したり、連絡がつながらず障害が拡大したりすることがなくなります。 Digital Stacksでは、このほかにも企業の方のデジタルトランスフォームを支援する製品・サービスを取り扱っておりますので、ぜひこの機会に海外の新しいテクノロジーにご興味をお持ちの方は弊社までお問い合わせください。 ■展示会情報 名称:第12回 Japan IT Week 秋 会期:2021年10月27日(水)~29日(金) 会場:幕張メッセ 主催:RX Japan株式会社 (旧社名: リード エグジビション ジャパン) 公式HP:https://www.japan-it-autumn.jp/ja-jp.html ■株式会社Digital Stacksについて 株式会社Digital Stacksは、欧米を中心とした世界の最新クラウドテクノロジー製品をいち早く発掘して日本国内の法人のお客様に提供しています。全ての企業と企業人のデジタルトランスフォーメーションの加速をサポートし続けます。 本社所在地: 〒141-0001 東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア4階SHIP 414号室 代表取締役CEO: 島田憲治 事業開始: […]
Read More

システム運用を強力に支援するPagerDutyとRundeckをJapan IT Week秋に出展

  • Posted by Digital Stacks
  • On 2021年10月25日
Digital Stacks(本社東京都品川区)は、10月27日~29日まで幕張メッセで 開催される「Japan IT Week 秋」の「システム運用自動化展」において、インシデント管理ツールPagerDutyと運用操作を自動化するRundeckなどを出展します。 当社のブースにお立ち寄りいただくだけで、新世代のソフトウェア開発・運用監視・障害対応・各種業務の自動化ツールとプラットフォームについての情報を得られます。また、来場者限定で、各製品のスタートガイドブックなどを無料でプレゼントいたします。是非ご来場ください。   Rundeck:定型のシステム運用作業をランブックとして自動化 システム運用の中で、スクリプトやcronで回していた定型の作業をランブックとして登録しておき、オペレーターやレスポンダーが簡単に利用できるようにする、ランブックオートメーションツールです。結果として復旧までの時間とコストを大幅に削減できるほか、エンジニアの教育コストも下げられます。あるランブックを誰が利用できるかといった権限も設定できるため、不安なく利用できるようになります。2020年9月にPagerDutyが買収し、UXの共通化を図っています。   PagerDuty:運用監視とインシデント対応のフローを自動化する司令塔 システムを監視するツールからの障害のシグナルを受け取り、各障害に適応したインシデント対応ワークフローを自動的にドライブします。フローにあらかじめ登録された作業者(レスポンダー)からその時間に対応可能なレスポンダーを選び、SMSやメール、チャットツールにより、インシデント発生とその状況を必要であれば繰り返し送信して確実に知らせます。障害対応の手順をマニュアルで何度も見返したり、連絡がつながらず障害が拡大したりすることがなくなります。   ■展示会情報 『Japan IT Week 秋』(10月27日~29日、幕張メッセ) は日本最大のIT展示会です。今回も400社が出展する予定であり、ITの各分野を幅広く網羅して開催することで、ビジネス拡大を求める出展社、来場者にとって欠かせない展示会となっています。出展ブースでは製品・サービスの販売・受注、課題についての相談、見積り・導入時期の打合せなどが行われ、“実質的な商談の場”となっています。   名称:第12回 Japan IT Week 秋 会期:2021年10月27日(水)~29日(金) 時間:10:00~17:00 会場:幕張メッセ 主催:RX Japan株式会社 (旧社名: リード エグジビション ジャパン)  公式HP:https://www.japan-it-autumn.jp/ja-jp.html 入場には招待券が必要です。(招待券をお持ちでない場合、入場料¥5,000/人) 弊社から無料の招待券をお配りしていますので、下記URLよりダウンロードしてご利用ください。 e招待券URL https://www.japan-it-autumn.jp/ja-jp/exhibit/ex_e_inv/aso.html?co=ml_aso-a-56spqg ■株式会社Digital Stacksについて 株式会社Digital Stacksは、欧米を中心とした世界の最新クラウドテクノロジー製品をいち早く発掘して日本国内の法人のお客様に提供しています。全ての企業と企業人のデジタルトランスフォーメーションの加速をサポートし続けます。   本社所在地: 〒141-0001 東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア4階SHIP 414号室 代表取締役CEO: 島田憲治 事業開始: 1995年3月 URL: https://www.digitalstacks.net/ […]
Read More

PagerDuty、NYSE上場

  • Posted by Digital Stacks
  • On 2019年4月15日
PagerDutyは現地時間2019年4月10日にニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場を果たしました。
Read More

PagerDuty、AWS CloudWatch、GuardDutyなどとのインテグレーション4種を発表

  • Posted by Digital Stacks
  • On 2018年11月28日
”PagerDuty Launches New AWS Integrations for CloudWatch, GuardDuty, CloudTrail, and Personal Health Dashboard” by Andrew Marshall Amazonの元従業員によって設立された会社だから当然と思われるかもしれませんが、PagerDutyはAWSユーザーが何らかのシグナルから自動的に正しい洞察と行動を導くのを何年も助けてきました。 当社のAmazon CloudWatchとのインテグレーションを使えば、各チームは顧客に影響を与える問題を積極的に軽減し、自信を持って組織がAWSとハイブリッド環境の両方を更新し、拡張していくことができます。 今年初め、 AWS Marketplace のEnterprise Contracts for AWS Marketplace を通じて、PagerDutyのサブスクリプションがAWSのお客様にご利用いただけるようになりました。 今週のAWS re:InventでPagerDutyは、AWS CloudWatch Events、GuardDuty、CloudTrail、Personal Health Dashboardのための全く新しいAWSインテグレーションをローンチしたことをラスベガスで発表しました。 Amazon CloudWatch(Events, Alarms):AWSサービスへのゲートウェイ AWSユーザーは全AWSエコシステムの一部として展開したAWSサービスのステータスを監視するために使うパフォーマンスデータを、Amazon CloudWatchを利用して得られます。パブリッククラウドリソースを活用しても、ユーザーがサーバーの基盤となるサーバーの状態やパフォーマンスを無視することはできません。 実際には、使用するさまざまなツールを監視することは、企業が重要なアプリケーションをAWSに移行するにつれて、ますます重要になっています。 CloudWatch AlarmsとのPagerDutyのインテグレーション(AWSと当社に共通するユーザーがしばらく使用していたもの)は、ユーザーがリソースの使用状況(メモリの最適化など)をカスタマイズした細かなアラームしきい値を設定することで監視できました。 これらのアラームがトリガーされると、PagerDutyを介して必要な解決の自動処理を始められます。 これは非常に強力な組み合わせです。PagerDutyが提供する中で一番の人気のあるインテグレーションではないにしても、それが人気のあるインテグレーションの1つである理由は驚くことではありません。 非常に便利なツールですが、CloudWatch Alarmsは指定期間に1つのメトリックしか監視せず、全期間で同じしきい値を基準にして、あるメトリックの値がそれを超えた場合に1つまたは複数の指定されたアクションを実行します。 言い換えれば、特定の時点で一度だけアラームが発生します。 今週のAWSでは、当社のAmazon CloudWatch Alarmsインテグレーションを補完する新しいAWSインテグレーションであるCloudWatch Eventsの提供を開始しました。 CloudWatch Eventsは、AW Sリソースの変更を記述するシステムイベントのストリームであり、CloudWatchが収集するメトリックを強化するものです。 「イベント」は、AWS環境を支えるサービスと同様に、AWS環境に起きる変化のことだと考えてください。 […]
Read More

PagerDuty 価格体系変更のお知らせ

  • Posted by Digital Stacks
  • On 2018年9月12日
最先端のインシデント管理機能をニーズに合わせてお求めやすく 企業向けは基盤となる「Platform」と拡張機能「Products」に PagerDutyは米国時間2018年9月12日(日本時間12日未明)に新しい価格体系(プラン)を同社のイベント「PagerDuty Summit 2018」で発表しました。新しい体系では、企業向けのインシデント管理の基本機能を「Platform」として提供し、その上に追加する形で、インシデント対応の自動化や分析に資する最先端の機能を「Product」として提供します。同日付で販売を開始しています。 新しい価格表(日本語)はこちらをご覧ください。 英文のニュースリリースはこちらにあります。14日間すべての機能を無料で試せるフリートライアルも提供していますので、ぜひお試しください。 Platformは、PagerDutyの利用に際して必ずご契約いただくプランです。企業のお客様の規模に合わせて 小規模向けの「Platform Team」(1ユーザー月額29ドル)と それ以上の「Platform Business」(同39ドル) の2つが用意されています。 Productは、DevOpsをさらに加速するための拡張機能であり、 「Event Intelligence」(1ユーザー月額20 ドル) 「Modern Incident Response」(同15ドル) 「Visibility」(従来のOperation Command Console機能。同15ドル) 「Analytics」(価格は応談) をご用意します。従来はいずれもスタンダードプランまたはエンタープライズプランで提供されていた機能でした。 (なお上記の価格は年間契約の場合の月額です。) 今回の改訂により、貴社のニーズと規模に合わせて、PlatformとProductsをご自由に組み合わせることができます。Event IntelligenceやModern Incident Responseといった最先端のインシデント自動化機能を必要に応じて組み合わせることで、以前よりもお手頃な価格でご利用いただけるようになります。 ❇例えばModern Incident Responseをご利用いただくには、従来は月額49ドルのスタンダードプラン以上のご契約が必要でした。新体系では「Platform Team」(29ドル。電話での無料通知件数に制限があります)+「Modern Incident Response」(15ドル)の 44ドルでご利用いただけます。 最小機能だけを提供するLite、全機能が利用できる新エンタープライズプラン(1ユーザー月額99ドル)もご用意しております。 なお、Event Intelligenceなどの概要はこちらのブログでもご紹介しています。合わせてご覧ください。 9月中はこれまでのベーシック、スタンダード、エンタープライズプランでの販売も継続しますが、10月以降はお求めいただけなくなります。 既にご契約いただいているお客様は引き続き旧プランでのご利用が可能です。従来プランから新プランへ移行される場合は弊社担当営業までお問い合わせください。 <この件のお問い合わせ先> 株式会社Digital Stacks デジタルマーケティング部 川尻 智幸 TEL:050-1742-0590 info@digitalstacks.net 以上
Read More