BLOG
サービスがサービスでない場合とは?

投稿:2022年9月13日   |    更新:2022年11月11日

PagerDutyをよくご存知の方は、テクニカルサービスの不適切な動作に関するアラートを連想されることでしょう。あなた自身も、あるサービスが利用できない、反応が遅い、間違った情報を返してくるなどの通知を受けたことがあるのではないでしょうか。これがPagerDutyプラットフォームにおけるサービスの一般的な使用方法です。 私たちは、サービスを次のように定義しています。 技術サービスは、1つのチームが完全に所有する個別の機能部分を反映しています。1つまたは複数のテクニカルサービスを組み合わせて、顧客に対応する機能またはビジネス機能を提供します。

しかし、PagerDutyのサービスには他の使い方もあります。PagerDutyプラットフォームにおけるサービスとは、インバウンドの情報を受け取ることができるオブジェクトのことです。この情報は、統合、パートナーツール、人間の入力などさまざまなものから来る可能性があり、PagerDutyは、サービスのコンテキストでその情報をどうするかを決定するのに役立ちます。 サービスメタファーに対する理解を深めることは、稼働率の監視以上のことを実現できることを意味します。

image1-1024x280.png

つまり、PagerDutyのサービスの多くは現実の技術サービスを反映したものですが、その受信データに基づくルーティングや意思決定のために、サービスのメタファーを利用する方法もあるのです。

外部ソースやSaaSからの情報

PagerDutyには、主に他のサービスで実行されているプロセスに関する情報を報告するために使用される統合機能が多数あります。これらは一種の技術サービスのように見えます。PagerDutyのサービスは、外部ソースから情報を受け取り、それをあなたのチームに届けるように設定されています。このような「サービスでありながらサービスでない」タイプのサービスは、ワークフロー内のさまざまなアプリケーションからデータを収集し、一カ所で管理するのに適しています。特にセキュリティーの統合は、このような仕組みになっていることが多いです。

例えば、PagerDutyとJFrog Xrayの統合は、JFrog環境で実行されているXrayスキャンの出力としてセキュリティーの脆弱性を報告します。Xrayは統合を通じてPagerDutyに情報を送信し、発見した内容を報告します。このような種類の情報源をどのように管理するのが最善であるかは、あなたのチームが決められます。全てのセキュリティースキャンを1つのPagerDutyサービス(Important Security Scansなど)に報告させ、そのサービスをセキュリティーチームに割り当てたり、スキャンされるアプリケーションを所有するチームに割り当てられた個々のPagerDutyサービスに報告させることは、理にかなっているかもしれません。サービスオブジェクトの柔軟性により、問題を修正する最終的な責任を負うチームに正しい情報を提供する方法を決定できます。

オブジェクトの状態

PagerDutyのサービスは、あなたのエコシステムにあるオブジェクトの状態を表すこともできます。IoT環境、センサーネットワーク、その他同様のコンポーネントで作業している人は、環境の状態を報告するためにPagerDutyを利用できます。

HTTPSリクエストができるものであれば、PagerDutyアカウントにデータを送信できます。ですから、牛乳の残量が少なくなったことを知らせてくれるような冷蔵庫は普通の人にはありませんが、業務用の冷蔵システムは温度が許容範囲外になったらPagerDutyを通じて誰かに警告することができます。PagerDutyの顧客であるGood Eggsはまさにそれを実現しています。PagerDutyのウェブサイトでは、同社の使用例についてより詳しく知ることができます。

アクションまたはアクティビティー

PagerDutyのサービスは、アプリケーションの外でのアクションやアクティビティーを調整するためにも使えます。あなたのチームが情報を得る必要のあるアクション(例えば、従業員のオフボーディング)は、PagerDutyを通じて実行できます。われわれは、迅速に完了する必要がある作業のためにPagerDutyを使用する非技術的なチームのためのいくつかのソリューションを収集してきました。メールでは紛らわしいタスクや依頼は、PagerDutyで通知を送りましょう。

ビジネスガイドのサイトでは、これらのアイデアの一部をご紹介しています。

活動のために組織全体の従業員を調整することは難しいことですが、サービスを利用することでその調整を支援することができます。PagerDutyでは、SEV-1およびSEV-2インシデントへの対応を調整するために、Incident Commanders(IC)を使用しています。ICは、ボランティアとして参加し、インシデントコマンダートレーニングで訓練を受けた社内の人たちです。しかし、全員が同じチームに所属しているわけではありません。では、どのようにして彼らに警告を発すればよいのでしょうか? 私たちの場合、Incident Commander(IC)のエスカレーションポリシーに連動したMajor Incidentsというサービスを用意しています。このモデルを使用しているため、Major IncidentsサービスはResponse Playsに含めることができ、Slackなどのエクステンションと接続できます。重要度の高いインシデントが宣言されると、Major Incidentsサービス上にインシデントが作られ、ICに通知され、ステークホルダーに通知され、Slackチャンネルが作られます。

image2.png

サービスオブジェクトをアクションのメタファーとして使うことで、リソースの連携やリアルタイムなコミュニケーションの可能性が広がります。

他のアイデアがありますか?

私たちはその全てを聞きたいと思っています。私たちのTwitchチャンネルで、あなたのPagerDutyの独創的な使い方を披露してください。私たちの番組のゲストになりたい場合は、 [email protected] までメールを送ってください。


この記事はPagerDuty社のウェブサイトで公開されているものをDigital Stacksが日本語に訳したものです。無断複製を禁じます。原文はこちらです。

book-markカテゴリー :ベストプラクティス
book-markタグ: