BLOG
新着情報:インシデントレスポンス、PagerDuty®プロセスオートメーション、インテグレーションなどの更新

投稿:2022年7月28日   |    更新:2022年9月22日

PagerDuty Operations Cloudの新しいアップデートと機能拡張を発表できることを嬉しく思います。PagerDuty Summitの成功を受けて、製品のいくつかの領域で開発が続けられています。製品チームからの最近のアップデートには、インシデントレスポンス、PagerDuty® Process AutomationとPagerDuty® Runbook Automation、パートナーインテグレーションとエコシステム、そしてコミュニティーとアドボカシーイベントのアップデートが含まれています。インシデントレスポンスの自動化を支援し、他のチームにエスカレーションされる問題の量を減らすことに加えて、次のことが可能です。

-[ Incident Response]https://pagerduty.digitalstacks.net/blog/whats-new-product-update-2022-07-28/#Incident-Response)と[Service Standards](ttps://pagerduty.digitalstacks.net/blog/whats-new-product-update-2022-07-28/#Service-Standards)の間の一貫性と予測可能性を向上させます。

  • PagerDuty CloudWatch Logsプラグイン、Systems Managerプラグイン、ECS Remote Commandプラグインなど、最新のPagerDuty® Process AutomationとPagerDuty® Runbook Automation AWS Plugins for Automated Diagnosticsについて説明します。
  • 最近リリースされた他のAWSプラグイン(ECSとLambda)やAnsibleプラグインのアップデート、PagerDuty® Process AutomationとPagerDuty® Runbook Automationの多数のコアおよび商用アップデートに関する詳細を最新の4.4.0リリースでキャッチアップすることができます
  • 最近リリースされた他のAWSプラグイン(ECSとLambda)やAnsibleプラグインのアップデート、PagerDuty® Process AutomationとPagerDuty® Runbook Automationの多数のコアおよび商用アップデートに関する詳細を最新の4.4.0リリースでキャッチアップすることができます
  • PagerDuty App for Slackの改良を含む、最新のパートナー統合とエコシステムのアップデートをお楽しみください。次世代Slack V2 専用インシデントチャンネルの改善(早期アクセス)およびWebhooks V3など
  • PagerDuty App for ZendeskのAutomation Actions により、カスタマーサービスエージェントの生活を改善し、解決までの時間を短縮し、エンジニアリングチームへのエスカレーションを削減します。
  • 製品廃止のお知らせ とユーザー管理画面のコールトゥアクションで常に最新情報を入手
  • 今後のイベントに登録し、最近のポッドキャストやTwitchストリームを閲覧し、コミュニティチームや製品チームのメンバーと一緒に新製品やソフトウェア業界のリーディングプラクティスを学ぶことができます。

インシデントレスポンス

Service Standards

Service Standardsは、チーム全体で「良い」とは何かを標準化する基準を定義することで、運用の成熟度を高め、より良いカスタマーエクスペリエンスを提供できるようになります。ベストプラクティスに従ってサービスを一貫して構成し、インシデント対応時の予測可能性を向上させます。組織全体にわたってサービスの所有権を拡大します。サービス設定の精度を向上させることで、分析機能を強化します。管理者とアカウント所有者は、デフォルトでサービス標準を表示できますが、権限を調整して、全てのユーザーが表示できるようにすることもできます。

  • 検索機能の強化
  • 全スケジュールとチームスケジュールの切替
  • 詳細度に合わせて情報を折りたたんだり、拡大したりすることができます。
  • タイムウィンドウ表示によるスケジュール比較の容易化
  • オンコール対応者をシフト時間と共に効率的に表示

ナレッジベースで詳細をご覧いただくか、オンデマンドでウェビナーをご覧ください。

Service Standardsのデモ映像はこちらからご覧いただけます。

PagerDuty® Process AutomationソフトウェアとPagerDuty® Runbook Automation

pagerdutyaws-banner-logos.svg

自動診断のための新しいAWSプラグイン

あなたのアプリやサービスはAWSにありますか?もしそうなら、AWS上のインシデントをより速く、より効率的にトリアージするのに役立つ自動診断のためのAWSプラグインを用意しました。これらの新しいプラグインは、既存のライブラリーに追加されます。

更新内容は以下の通りです。

  • CloudWatch Logsプラグインは、AWSインフラストラクチャーとアプリケーションから診断データを取得します。これにより、ユーザーはより簡単に、複数のアカウントや製品にまたがるAWSの自動診断を実行できるようになりました。

process-automation-aws-plugins-for-automated-diagnostics-1536x850.png

  • Systems Managerプラグインにより、構成管理、パッチ適用、監視およびセキュリティーツールエージェントの展開などのタスクをより迅速に実行し、正確に実行することができます。運用者は、セキュリティーのベストプラクティスを備えた単一のインターフェイスで、グローバルなEC2フットプリントを表示および管理できるようになりました。
  • ECS Remote Commandプラグインは、コンテナ上でコマンドを実行するための機構を提供します。これにより、開発者や運用者は、サービスを再展開する前に、実行中のアプリケーションからリアルタイムに診断データを取得することができます。

ブログをお読みいただくか、お問い合わせください

PagerDuty®プロセスオートメーションソフトウェアとPagerDuty® Runbookオートメーション リリース4.4.0

商用製品ユーザーは、LambdaとECS(Fargate)の新しいAWSジョブステッププラグインを利用できるようになりました。

詳細はこちら

Lambda Custom Code Workflowステップでは、Jobステップで提供されたカスタムコードを入力として、新しいLambda関数を作成、実行、オプションで削除することができます。Runbook Automationのユーザーにとって最も有利なのは、ソフトウェアをインストールすることなく、カスタムスクリプトをジョブのステップとして実行できることです!

ご好評いただいているAnsibleプラグイン、最近の追加機能拡張と修正を行いました。

  • Ansibleインラインインベントリーを修正
  • Ansible Gradleを7.2に更新
  • Ansibleの行区切りをLFに正規化(unix)
  • Ansible Ansibleのバイナリーディレクトリーへのパスを設定するフィールドを追加
  • Ansibleのバイナリーディレクトリへのパスを設定するフィールドを追加

詳細はこちら

また、その他のさまざまな商用アップデートコア製品のアップデートについては、リリースノートで詳しく説明されています。

統合とパートナーエコシステム

pagerdutyzendesk-banner-logos-1536x286.png

PagerDuty App for Zendesk - Automation Actions

カスタマーサービス担当者は、PagerDuty App for Zendesk内で直接Automation Actionsを実行できるようになりました。この自動化により、効率が向上し、担当者の急増する作業負荷が軽減され、プレッシャーの高い顧客ケースに対応する際に担当者が手動タスクを実行しなければならない場合のミスの可能性が減り、労力を増やさずに担当者の生活を向上させるだけでなく、担当者も楽になります。また、カスタマーサービス担当者が自動的に問題を検証し、重要な情報を即座に取得して、対応チームが診断して解決できるよう支援します。Automation Actionsを実行することで追加されるコンテキストは、対応チームが解決時間を短縮するために瞬時にアクセスするために重要であり、バックエンドチームの負荷も軽減されます。エンジニアリングチームにエスカレーションされる問題の量を減らすことができ、緊急度が低い問題や顧客への影響が少ない問題などによる作業の中断を減らし、より効率的に作業できるようになります。

pagerduty-app-for-zendesk-automation-actions-run-script-1536x905.png

pagerdutyslack-banner-logos.svg

PagerDutyアプリ for Slack専用インシデントチャンネル改良のお知らせ

次世代Slack V2のインシデント専用チャンネルの改善は、アーリーアクセスで、現在、お客様にご利用いただける状態になっています。これらの改善により、組織内のコラボレーションチームは、インシデントの専用インシデントチャンネル内から以下にアクセスすることができます。

  • 全てのインシデントの詳細、履歴、および更新を表示
  • 全てのインシデントアクションを実行
  • 全てのレスポンダーをチャンネルに追加(レスポンダーが事前にSlackアカウントをPagerDutyにリンクしている必要あり)
  • 専用のZoom会議ブリッジを投稿または作成

ブログを読む

Webhooks-V3-Update

Webhooks V3 のチーム統合を管理したいアクセス制限ユーザー、またはその知り合いの方はいらっしゃいますか?そのような場合、Manager Team Role の割り当てを受けることができます。これにより、グローバル管理者やアカウント所有者が日々の運用を管理する必要がなくなり、あなたと運用チームのメンバーに権限を与えることができます。

permissions-restricted-user-manager-role-1536x905.png webhooks-v3-manage-webhooks-status-settings-1536x905.png

製品廃止のお知らせ

今後予定されている非推奨製品について、チームにお知らせください。

V1/V2ウェブフック

現在、PagerDuty環境でV1/V2ウェブフック拡張を使用している場合、機能を維持するためにそれらをV3ウェブフックサブスクリプションに移行する必要があります。

移行ガイドに従ってください。

重要な日程

  • V1ウェブフック – V1のウェブフック拡張は、2021年11月13日から非対応(新機能やバグ修正の停止)となり、2022年10月に動作停止となります。
  • V2ウェブフック – V2ウェブフック拡張は、2022年10月にサポートが終了し、2023年3月に動作しなくなります。

必要な権限

  • 管理者 またはアカウント所有者 は、アカウント全体を移行することができます。
  • チームマネージャー は、割り当てられたチームのウェブフックのみを移行できます。

ウェブフックとは? ウェブフックを使用すると、PagerDutyアカウントで重要なイベントが発生したとき、例えばインシデントがトリガー、エスカレート、解決されたときにHTTPコールバックを受け取ることができます。イベントに関する詳細は、Slackや独自のカスタムPagerDuty Webhookプロセッサーなど、指定したURLに送信されます。

ご質問がある場合は、PagerDutyの担当者またはサポートチーム(support@pagerduty.com)までご連絡ください。

ウェブフックについてもっと知る

この記事はPagerDuty社のウェブサイトで公開されているものをDigital Stacksが日本語に訳したものです。無断複製を禁じます。原文はこちらです。

book-markタグ: