BLOG
最新情報:オンコール管理、インシデント対応、Event Intelligence、プロセス自動化など

投稿:2022年3月30日   |    更新:2022年9月9日

PagerDutyのデジタルオペレーションプラットフォームの新しいアップデートと機能拡張を発表できてうれしいです。製品チームからの最近の更新は、オンコール管理、インシデント対応、プロセス自動化、PagerDutyコミュニティー&アドボカシーイベントが含まれます。新しい機能により、ユーザーや顧客はインシデントの迅速な解決や以下のようなことを行うことができます。

  • 既存のオンコール管理スケジューリング機能のビジュアルを改善しました。
  • アーリーアクセスプログラムに参加して、最新の自動インシデント対応機能をお試しください。
  • PagerDuty® Process Automationのリブランディング、PagerDuty® Runbook AutomationのGAリリース、PagerDuty® Process Automation On-Prem 4.0のリリースについて詳しく説明します。
  • CollabOps統合内で直接PagerDuty® Automationアクションを実行できるようになります。
  • Event Intelligenceと機械学習で不要なノイズを削減します。
  • 最新のパートナーエコシステムの発表についてお読みください。
  • コミュニティーチームと製品チームのメンバーが新製品やソフトウェア業界のリーディングプラクティスを紹介しています。今後のイベントへの登録や、最近のポッドキャストやTwitchストリームをどうぞ。

オンコール管理

スケジュール一覧のUI刷新

スケジュール一覧ページのUIが新しくなります。この新しいビジュアルにより、必要な情報を簡単かつ迅速に見つけることができ、より柔軟な対応が可能になります。その他の変更点は以下の通りです。

  • 検索機能の強化
  • 全スケジュールとチームスケジュールの切り替え
  • 詳細度に合わせた情報の折りたたみと拡大
  • 時間帯の表示により容易にスケジュール比較
  • オンコール対応者をシフト時間と共に効率的に表示 アカウントへのアーリーアクセス展開が進行中です。

インシデント対応

ステータスアップデートの通知テンプレート

ステータスアップデートの通知テンプレートがアーリーアクセス可能になりました。この機能により、インシデント対応中の社内コミュニケーションに必要なコンテンツとコンテキストを追加できます。これらの新しい柔軟なテンプレートにより、チームはコミュニケーションにロゴを追加したり、会社の標準に従ってテキストをフォーマットしたりすることができます。このアーリーアクセスプログラムへの参加をご希望の方は、こちらのフォームにご記入ください。

サービスパフォーマンスレポート

PagerDuty Labs Insightsから新しいサービスパフォーマンスレポートが利用できるようになりました。このレポートでは、さまざまなサービスが時間とともにどのようにインシデントの影響を受けているか、マクロトレンドと具体的な詳細について掘り下げることができます。サービスごとのインシデントを時系列で表示する折れ線グラフや、指定した日付範囲に基づく指標を表示するサービス一覧表をご活用ください。このレポートは、今後数カ月間にアップデート展開される4つのレポートの第1弾で、新しいインタラクティブな可視化、直感的なドリルダウン機能、より多くのフィルターオプションなどのUI改良が施されています。今後ともご期待ください。 insights-service-performance-number-of-incidents-chart-alt-small

詳しくはこちら

プロセス自動化

PagerDuty® Process Automationは、お客様がビジネスの全てを自動化し、一貫性を高め、解決時間を短縮できるよう支援します。お客様は、ビジネスシステム全体のITおよび業務手続きを自動化する権限を与えられます。自動化されたプロセスは、指定されたスケジュールに従って実行され、発生したイベントによって自動的に起動し、ステークホルダーはボタンをクリックするだけで安全に実行することができます。

PagerDuty® Process Automationの3つの最新製品に触れる前に、PagerDutyの自動化製品ラインの公式リブランディングについての詳細もご覧ください。Rundeck®やPagerDuty® Process Automation、そして各製品の詳細については、こちらをご覧ください。

pagerduty-process-automation-powers-human-assisting-and-event-triggered-automation-diagram-small

PagerDuty® Automation Actions

PagerDuty® Automation Actionsは、PagerDutyのお客様が、インシデントの影響を受けたサービスに対して、ボタンをクリックするだけで、サービスの自動診断と修復を実行できるようにするアドオンです。 automation-actions-small

automation-actions-run-action-check-diskspace-small

PagerDuty® Runbook Automation

これまで「Rundeck Cloud」として発表していた当社のランブック自動化クラウドサービスは、「PagerDuty® Runbook Automation」として、一般提供を開始しました。これは、自動化されたITワークフローを組織内のより多くの人に安全に委ねることで、企業のクラウド運用を加速させるためのSaaS型サービスです。 automation-runbook-automation-jobs-small

PagerDuty® Process Automation On-Prem Version 4.0

これまで「Rundeck Enterprise」として知られていた、プロセス自動化の幅広いユースケースをサポートするセルフマネージドソフトウェアは、「PagerDuty® Process Automation On-Prem」という名称に変更されました。 automation-process-automation-welcome-dash-small

automation-ruleset-visualizer-small

最新の4.0では、以下のような内容が盛り込まれています。

  • Process Runner。Process Runner(Enterprise Runnerとして発表)は、HTTPS経由でクラスターのエンドポイントにコールバックしてタスクリストを取得するため、ゾーン間のSSHトンネルが不要になります。ファイアウォールの背後に配置され、ノードに安全に接続し、ネットワークゾーン内で自動化タスクを実行するため、最新のゼロトラストセキュリティーモデルに適合しています。

  • 強化されたセキュリティー機能。User Class Management(ユーザークラス管理)、Enhanced Webhook Security(強化されたウェブフックセキュリティー)、User Manager Password Complexity and Password Reset by Email(ユーザーマネージャーのパスワードの複雑性とメールによるパスワードリセット)、Failed Login Rate Limiting(ログイン失敗率の制限)などの機能により、自動化ソリューションに強化されたセキュリティーを提供します。

  • プラグインの拡張。新しい拡張プラグインは次の通りです。AWS Systems Manager、Azure Active Directory Single SignOn、PagerDuty User Management Job Steps、およびThycotic Key Storage Pluginです。

  • Enterprise更新Core Product更新の詳細はこちら 詳しくはリリースノートをご覧ください。

  • Process RunnerとPagerDuty® Process Automationを使って、多くの顧客のシングルテナントを管理する方法をご覧ください。

  • 詳しくはリリースノートをご覧ください。

Automation + CollabOps

Automated ActionsとSlack用PagerDutyアプリ

Automation ActionsがPagerDuty CollabOpsと統合され、レスポンダーがSlackから直接自動診断と修復を実行できるようになりました。レスポンダーは、インシデントのコンテキストで実行可能な自動化されたアクションを表示し、起動し、自動化されたジョブからの実行状況と出力を確認することができます。このように、レスポンダーはコンテキストを変更することなく、通常業務で使用しているUIで作業を継続することができます。

rundeck-actions-chatops-b-slack-actions-menu-2048x1152

Event Intelligence

インシデント通知の自動停止

2月28日より提供されているAuto-Pause Incident Notifications(インシデント通知の自動停止)は、機械学習を応用して、従来から自動解決していた一過性のアラートを検出し、一時停止することができます。ボタンをクリックするだけで、不要なノイズを除去することができます。さらに、APIを活用することで、特定のサービスに対してどれだけの一過性アラートが発生しているかという基本的な統計情報を把握することができます。 auto-pause-incident-notifications-v2-small

詳しくはこちら

パートナーエコシステム

AWS 金融サービスコンピテンシーパートナー

PagerDutyはAWS 金融サービスコンピテンシーパートナープログラムに認定されました。このコンピテンシーにより、PagerDutyは金融サービス組織にとって信頼できるクラウドプロバイダーとしてAWSのウェブサイトに掲載されています。このコンピテンシーは、PagerDutyとAWSがともに、より多くの金融サービス組織がクラウドスケールをフル活用できるよう支援できることを示します。自動化、DevOps、Service Ownershipプロセス、コミュニケーションの合理化を通じて、デジタル運用管理をレベルアップしていきます。

詳しくはこちら

製品廃止のお知らせ

今後予定されている製品廃止について、チームにお知らせください。

Impact Metrics - 2022年2月をもって、Impact Metricsの機能としてのサンセットが完了しました。

V1ウェブフック
  • サポート終了日 2021年11月13日 V1ウェブフックのサポートを終了しました。この日以降、V1ウェブフックの機能リクエストやバグ修正の受付は行っておりません。
  • 終息日 2022年10月 V1ウェブフックの使用終了日が2022年3月から2022年10月に延期され、現在一般提供されているV3ウェブフックに置き換わります。この日付以降、お客様はV1ウェブフックを使用したり、新規に作成したりすることができなくなります。さらに、V1ウェブフックを使用しているアプリのインテグレーションは機能しなくなるため、開発者は早急にV3ウェブフックを使用するようにアプリを更新することをお勧めします。ただし、V1ウェブフックをベースに構築されたSlack V1は既に非推奨となり、ご利用いただけなくなります。詳しくは、こちらのサポート記事をご覧ください。
V2ウェブフック
  • サポート終了日 2022年10月 V2ウェブフックのサポートは終了し、2022年10月以降、V2ウェブフックに関する機能リクエストやバグ修正の受付は終了します。 -** 終息日 2023年3月** 2023年3月以降、お客様は新しいV2ウェブフックを作成したり、使用したりすることができなくなります。さらに、V2ウェブフックを使用しているアプリのインテグレーションは機能しなくなるため、開発者はできるだけ早くV3ウェブフックを使用するようにアプリを更新することをお勧めします。ただし、V2ウェブフックをベースに構築されているSlack V2インテグレーションは、2023年1月までの期間限定で利用可能です。Slack V2 Next Generation(V3ウェブフックをベースに構築)をお使いのお客様には影響ありません。 V3ウェブフックへの移行手順の詳細については、こちらのサポート記事をご参照ください。

ウェビナー&イベント

以下のウェビナーやイベントで、PagerDutyの最近の製品アップデートと、それがどのようにお客様に利益をもたらすかについて、より詳しく学んでください。

  • クラウドと大規模化するITプロセスの自動化を実現する新製品をリリース PagerDutyの最新ランブック自動化クラウドサービス、異種環境間のITプロセスを自動化する新機能、そしてRundeck by PagerDutyの将来についてご紹介します。 オンデマンドでウェビナーを見る
  • インシデントレスポンス(AIR)の自動化。手動から自動化への道のり AIRとは何か、AIRが解決する問題とは何か、機械がどのように人間の認知的負担を軽減するのか、手動から予防への道のりはどのようなものか、そしてPagerDuty AIRのパワーを紹介する10分間のデモをお楽しみください。オンデマンドでウェビナーを見る
  • PagerDutyとSalesforceで顧客とカスタマーサービスチームをインシデント対応の中心に PagerDutyのデベロッパーアドボケイトであるKat GainesとSalesforceのプロダクトマネジメントシニアディレクターであるNoopur Bakshiから学びましょう。また、PagerDutyとSalesforceがどのように重要なカスタマーサービスチームが顧客対応をしているか、顧客フィードバックをレスポンス時間の改善に使うメリット、そして顧客フィードバック、カスタマーサービス組織、バックエンドエンジニアリングチーム間のコミュニケーションとコラボレーションの壁を取り払い、顧客に影響のある混乱を解決しているかをご紹介します。ウェビナーはオンデマンドでご覧いただけます。

今後開催されるイベントのお申し込みはこちら

PagerDuty Community Twitch Stream

PagerDuty Twitch StreamPagerDuty Community Twitch StreamのTwitchチャンネルで、デベロッパーアドボケートが率いる最新のストリームに参加してください!過去のストリームはYouTube Twitch Streams Channelでご覧いただけます。

もし、チームでこれらの機能拡張を活用できそうだったら、ぜひアカウントマネージャーに連絡して、14日間の無料トライアルに申し込んでください


この記事はPagerDuty社のウェブサイトで公開されているものをDigital Stacksが日本語に訳したものです。無断複製を禁じます。原文はこちらです。

book-markカテゴリー :DevOps
book-markタグ: