BLOG
PagerDutyがお届けする今年夏の新機能

投稿:2018年8月30日   |    更新:2022年3月10日

2018年はPagerDutyにとって極めて重要な一年でした。 過去6ヶ月間にわたり、私たちは多くのPagerDutyの新機能の開発を加速し、デジタルオペレーション管理プラットフォームとモバイルアプリケーションのさまざまなアップデートと拡張をリリースしました。

これらの機能により、各組織は、レスポンス体制の編成と継続的な開発と配信をさらに最適化できます。開発者、運用チーム、DevOpsの実践者、および管理者が、コンテキストの洞察とインタラクティブなアプリケーションを通じて、カスタマーエクスペリエンスのあらゆる側面を視覚化できるようになります。

(訳注:下記の新機能の機能名は英文が正式名称です。和文の名称はDigitalStackが仮に訳したもので、正式ではありません。)

新機能のリリース

イベントインテリジェンスのリリース

最新の製品であるイベントインテリジェンス(Event Intelligence)は、デジタルシグナルと人間の対応行動の両方を組み込み、機械と人間のテレメトリーを組み合わせて、デジタルオペレーションを最適化します。自動適応学習アルゴリズムは、ノイズを削減し、チームがイノベーションと生産性向上に容易に集中できるようにします。 統合されたイベントインテリジェンスとインシデント対応により、誰もが同じ情報に接し、問題をより迅速に解決するために必要なコンテキストが確保されます。 ルーティングとワークフローの自動化、インテリジェントなアラート相関分析、ノイズ抑制、類似インシデントの憑依、API、およびプログラマビリティが連携して、レスポンダーが必要とする正確なマシンと人間のコンテキスト情報を提供します。

イベントルール(Event Rules) 、PagerDutyのルーティングとワークフローの自動化機能は、200以上のツールから大量のイベントデータをプログラムで管理するのに役立ちます。 イベントデータ、問題の重大度、サポート時間などに基づいて、ルーティング、抑制、通知、およびその他の動作をインテリジェントに自動化できます。

b234b4b1a43dc2e003c9d6762a6d0c9d

インテリジェントアラートグルーピングIntelligent Alert Grouping)により、重要なコンテキストを集中しながらノイズを削減し、適応的機械学習とルールベースのアプローチによって、複雑なシステムにわたる関連する着信アラートを自動的にグループ化して1つのインシデントすることで、トリアージをスピードアップします。

3c909a4e6d2f73646aaaaebc158cd5d1

類似インシデント(Similar Incidents)は 、トリアージを改善するのに役立つように、インシデント内に過去の関連のある問題を自動的に埋め込んで表示します。過去に類似の問題を処理していたエキスパートや過去のその問題の発生頻度を把握したり、過去のインシデントから得たより迅速に問題を解決するのに役立つ修復手順を含めて、状況に応じた洞察を得ることができます。

PagerDuty_ProductUpdatesBlog_201808_SimilarIncidents

継続的な強化

今年の年初に、モダンインシデントレスポンス(Modern Incident Response)機能をリリースしました。私たちは、顧客からのフィードバックを取り入れながら、この製品を引き続き改良し続けています。

モダンインシデントレスポンス(Modern Incident Response)機能 の更新

既にPagerDutyのレスポンスプレイ機能を使用し、複数のチームのレスポンスをモバイル化し、ワンクリックでインシデントに関するアップデートを送れるようステークホルダーを登録している方もいらっしゃると思います。今夏からはさらに レスポンスブリッジResponse Bridge)をレスポンスプレイにつなぎ合わせて、レスポンダーがシームレスにコラボレーションできるようになりました。この機能によって問題の最下部までレスポンダーが下りていけるようになり、ビジネスの重要なサービスをすばやく元に戻せるようになります。

7b1c7fb90ae0467a0f13935db2d43eed

ライブコールルーティングの機能拡張Live Call Routing enhancements)。 電話番号をダイヤルしてオンコール通話相手にすぐにアクセスできるほか、重要なアプリやサービスに関連付けられたオンコールスケジュールとエスカレーションポリシーでオンコールをルーティングすることができます。

  • あるコールが次のレスポンダーにエスカレートする前に鳴動時間をカスタマイズする

  • 自動受付の文言をカスタマイズする

  • コール内容を文章に転記する

この柔軟性は、さまざまなチームの対応プロセスに対応し、チーム全体および組織全体の学習を促進します。

レスポンスのモバイル化中の全エスカレーションのインシデントタイムライン項目化。 インシデントレスポンスに携わっているのが誰かを知ることは、インシデントレスポンスを加速するうえで重要であり、適切な人材を重要な問題の解決に専念させ、他者が開発に戻れるようにします。 PagerDutyのインシデントのタイムラインは、レスポンスプレイ、カスタムインシデントアクション、チャットの会話など、豊富なインシデント関連アクティビティをキャプチャします。 現在では、レスポンスのモバイル化中に発生するすべてのエスカレーション関連アクティビティもインシデントのタイムラインに記載されており、定期的な問題や新たな問題に直面した場合に貴チームが信頼する貴重な事後検証(ポストモーティム)にその内容を簡単に含めることができます。

クリティカルインシデント関連の活動をどのようにあなたの事後検証に含めることができるかについて詳しくはここでご覧ください

インテグレーションとAPI

PagerDuty開発プラットフォームは柔軟なAPIと拡張性ツールを提供しており、どんなチームもPagerDutyと簡単に統合して拡張することができます。 私たちはすでに280以上のビルトインのインテグレーションとエクステンションをカバーしており、さらに追加しています!

最新の PagerDuty とServiceNowの公認インテグレーションは、ITチームが重要なサービス管理およびセキュリティインシデントの問題にリアルタイムで対処するのに役立ちます。 チームは脅威を緩和し、根本原因の特定とサービス修復を加速する力を得られます。 この統合により、チームは解決までの平均時間を短縮し、デジタルでの障害がビジネスへ及ぼす影響を軽減できます。

  • サービス群とチームの同期

  • ServiceNowプラットフォーム全体にわたるリアルタイム応答

  • 自動化されたエンタープライズワイドなモバイル化

  • セキュリティインシデントレスポンスの迅速化

413b10f1da5d0e94dc98087594bf2169

PagerDuty + Microsoft AzureとVisual Studio Team Services(VSTS)は、もうひとつの新しいインテグレーションです。ソフトウェア開発のライフサイクル全体を通して、チームに運用上の健全性の洞察とイベントインテリジェンスを提供することに私たちも大きく期待しています。各チームは、PagerDutyとMicrosoftを使用して、アプリケーションのコーディング、所有、および管理を効率的に行うことができるため、顧客に影響を与える問題を先取りしてより高品質なアプリケーションやサービスを迅速に提供できます。 その他の利点は次のとおりです。

  • PagerDutyインシデントとMicrosoft Azure Metric AlertsとMicrosoft Visual Studio Team Services Work Itemsとの自動同期

  • 新しいMicrosoft Azure Metric Alertsフォーマットのサポート

  • インシデントレスポンスとサービス提供の迅速化

  • 改善されたコンテキストによる開発サイクル時間の短縮

  • 各サービスとAzureインフラストラクチャ全体の可視性の向上

V2 webhooks。 インシデントベースのWebフックを使用すると、インシデントが発生したときに外のWebhook URLにWebhookメッセージを送信できます。 Webhook受信者は、ID、イベント、作成日時、インシデント、ウェブフック、およびログエントリなどの複数のメッセージ要素を含む、メッセージ配列のペイロードを受信できます。

あるアカウントに拡張機能を追加するためのAPI 。 APIを介してサービスに拡張機能(webhookなど)を追加できます。

モバイル

アップデートiOSのUniversal Linksのサポート (訳注:Universal LinksはiOS 9以降で導入されています)。レスポンダーが時間を節約できれば収益とカスタマーエクスペリエンスにポジティブなインパクトを与えられるため、調和のとれたモバイルエクスペリエンスが、レスポンダーにとってとても重要です。そのため、私たちはiOSのUniversal Linksのサポートを実装しました。 iOS Safari、Mail、Messagesからタップされた、インシデント、エスカレーションポリシー、ユーザーへのリンクは、PagerDuty Appでシームレスに開けます。

モバイルアプリについて多くのご意見をいただきました。人々はどこにいてもモバイルデバイスからアクセスできて、エスカレートできるようにすることが大好きなので、次の機能を追加することでアプリをさらに便利にすることに決めました。

これらは2018年のこれまでに用意した全アップデートです! しかし、今年はまだ終わっていませんし、後半に発表する予定も増えています。製品や機能の最新かつ最大限の情報を知るためにチューニングはそのままにブログをチェックしてください。

本記事は米国PagerDuty社のサイトで公開されているものを日本語訳したものです。原文はこちらです。

book-markタグ: