BLOG
PagerDutyが最新のG2 Grid for AIOps PlatformsでLeaderに選出される

投稿:2022年1月12日   |    更新:2022年9月6日

PagerDutyでは、お客様を最優先にすることを約束します - これは会社のコアバリューです。私たちの製品は素晴らしい価値を提供し、優れたサービスを提供し、そして私たちとビジネスをすることをシンプルにする必要があります。

2022年冬のG2 Grid for AIOps Platforms Relationship Indexは、これらの価値を紹介し、PagerDutyをAIOps分野のリーディングプレーヤーとして取り上げています。

Screen-Shot-2022-01-10-at-11.49.23-AM.png

AIOpsの展望が進化し続ける中、PagerDutyは、よりインテリジェントで自動化されたオペレーションを実現するために、お客様の成功を促進することに力を入れています。ドメインにとらわれないアプローチで、戦略的な投資に基づいて構築することで、「壊して取り替える」という考え方ではなく、組織が観察可能性やその他の監視ツールで成し遂げてきた成功をさらに後押ししています。PagerDutyは、組織内に既にある戦略遂行能力を基に構築することに重点を置いており、ワークフローと連携して大きな価値を提供するために、再調整やわずかな改善点を探すことはしません。

私たちの顧客は、数秒という短い時間で適切な情報を適切な人に届けるためのサービスとしてPagerDutyを信頼しています。AIOps機能の加速は、この約束の実現を加速させ続けてきました。

昨年のレポート以降、AIOpsの領域で導入した新機能は以下のとおりです。

  • 自動化とオーケストレーションのためのRundeckの機能を追加し、チームが安全にセルフサービスオペレーションを実行可能に
  • コンテキストと状況認識のため、数少ないシステムからの変更イベントを、事実上あらゆる構成または展開ツールに統合
  • 過去のインシデントと変更イベントのビューを統合し、モバイル機能を拡張
  • イベントのスループットを40倍に向上
  • イベントオーケストレーションの導入により、ルール管理を簡素化し、複雑なネスト化されたロジックを比較的容易に作成可能に
  • イベントやインシデントがサービスに与える影響を理解しやすくするため、グラフィカルなサービスマッピングを開始
  • 考えられる原因(Probable Cause)を示唆し、問題解決の出発点としてチームを特定のサービスに誘導し、MTTRを短縮

PagerDutyは、AIOpsの約束を実現するために、Actionable Intelligenceの推進に注力しています。PagerDutyのAIOpsソリューションにより、チームは数年にわたる実装を待つ必要はなく、PagerDutyは今すぐペインポイントの解決を応援することができます。

  • 私たちのソリューションは、データサイエンティストを必要とせず、簡単に始められ、価値創造までの時間が短いため、チームがより良い、データ主導の意思決定を行えるよう支援します。 サービス、レスポンダー、インシデント、監視などに関する深い洞察を提供することで、チームはプラットフォームの専門家でなくても、より良い運用上の意思決定ができるようになります。私たちが独自のデータセットを使って開発したMLとデータサイエンスのアルゴリズムは、ノイズの低減、根本原因の迅速な分析、自動化を可能にし、チームはすぐにでもその恩恵を受けることができます。
  • プラットフォームを誰でも使いやすくし、分散チームやハイブリッド運用モデルに合わせた分散構成で、セルフサービスオペレーションを実現します。 PagerDutyのAIOpsは、中央のITチームには診断と自動修復を実行するための簡単なボタンを、開発チームには根本原因のトラブルシューティングを行うための合理的な方法を提供し、600以上のインテグレーションパートナーによってあらゆる技術スタックにシームレスに適合します。
  • インシデント対応のライフサイクルを通じて、自動化された次善の策を提案します。 イベントオーケストレーションでは、より少ないルールでよりスマートにネストされたルールを提供することで手動処理を削減し、インシデントの詳細と同時に考えられる原因や関連する変更を表示し、Rundeckを活用してエスカレーションの回数を減らし、インシデント解決を自動化します。

AIOpsソリューションの詳細については、こちらをご覧ください。


この記事はPagerDuty社のウェブサイトで公開されているものをDigital Stacksが日本語に訳したものです。無断複製を禁じます。原文はこちらです。

book-markカテゴリー :DevOps
book-markタグ: