BLOG
PagerDuty、Atlassianユーザーのためのデジタルオペレーションを推進

投稿:2018年10月3日   |    更新:2022年5月19日

IT Operations、DevOps、およびDeveloperチームは、PagerDutyの300以上の統合を利用して、どのツールスタックを使用していても、エンドツーエンドのリアルタイムデジタル操作を強化します。 PagerDutyの顧客はすべての規模、業界、およびデジタルでの成熟に対応しているため、通信、APM、ITサービス管理(ITSM)などのニーズにどのツールを使用しているかについて常にお客様にお聞きしています。

今年の初めに、PagerDutyはITSMソリューションとしてServiceNowを活用しているチームのための新しい統合を開始しました。 Atlassian Suiteとの包括的な統合を開始することができ、AtlassianユーザーはPagerDutyのリアルタイムデジタルオペレーションの機能を日常業務に追加することができます。

今月(2018年9月)のバルセロナでのAtlassianサミットでは、PagerDutyチームは共通のお客様のうち3000人を超える方々と交流する機会を得ました。 Atlassian Suiteの最新のプラットフォームとのインテグレーションは、お客様からのフィードバックを共有した結果として構築されたものです。Atlassian Summitは、これらを発表するのに理想的な場所でした。 PagerDutyとAtlassianは、Jira Software、Jira Service Desk、Jira Ops、およびBitbucketの双方向インテグレーションの新しいセットを組み込むように、 パートナーシップを拡大して深めました。これによりチームはリアルタイムでアクションとコラボレーションを行うことができます。 さらに、PagerDutyのイベントインテリジェンス機能は、デジタル信号と人間の反応行動の両方を組み合わせて、Jiraにさらに深いコンテキストを提供し、Atlassianユーザーの生産性を向上させます。

Atlassianユーザーは、すでにJira SoftwareやJira Service Deskなどのようなシンプルな製品を使うのが大好きです。これらの新しいインテグレーションにより、よりスマートで効率的に作業することがさらに容易になりました。 PagerDutyは、Atlassianユーザーが本物のリアルタイムオペレーションを自分たちのデジタルでの仕事に活用できるようにし、さらにAtlassian Suiteだけでは本来は利用できない機能を追加できるようにします。

Pagerduty

リアルタイム運用センターでできること

PagerDutyを使うと、Jira SoftwareとJira Service DeskでPagerDutyとの双方向同期で問題や重要なサービス要求を処理し、インシデント解決を加速できます。 こうした柔軟性は、お客様との会話で常に出てくるテーマでした。私たちは、この新しいレベルの機能性をお客様と共有できることを嬉しく思います。 全体として、PagerDutyのAtlassianとのインテグレーションにより、PagerDutyを使うチームは、デジタルオペレーションプロセス全体で問題の検知、対応、通信、改善をより効果的に行うことができます。 AtlassianユーザーのためのリアルタイムIT運用のハブと記録システムとしての役割を果たすことで、PagerDutyを使うチームは、Atlassian Suiteの中で好きな方法で作業することができます。クラス最高のModern Incident Response、Event Intelligence、 Analytics Visibilityといった製品に対応しています。

image1-2

すべての信号、より少ないノイズ

Atlassianユーザーは、PagerDutyプラットフォームが提供する300以上の監視、コラボレーション、開発、セキュリティ、およびその他のツールとのインテグレーションに期待することができます。 PagerDutyのイベントインテリジェンス製品は、Atlassianユーザーのためのゲームチェンジャーですあり、チームの効率性をさらに高めます。機械学習を利用して信号からノイズをカットし、チームの時間を節約し、あなたの組織にとって本当に大事なことに集中できるようにします。 また、Jiraとの同期を維持することで、チームの生産性が向上します。 この豊富なコンテキスト情報をAtlassian Suiteに追加することで、ユーザーはデジタルオペレーションのライフサイクル全体にわたって効率を上げることができます。

自動化されたリアルタイムOpsが可能に

データは、適切な人の手元にある場合にのみ役立ちます。 これを念頭に置いてPagerDutyプラットフォームは構築されました。新しいAtlassianのインテグレーションも例外ではありません。 PagerDuty + Atlassianを使うと、リアルタイムで、適切なコンテキストで、適切な人と交流できます。 インシデントに関するバックグラウンド情報を検索する必要はありません。それは自動で用意されます。ユーザーはPagerDutyとJiraの間で、豊かで実用的なインシデントを自動または手動で同期できます。 このような柔軟性により、チームはAtlassianのツールスタックとSlackのようなChatOpsツール全体でワークフローの統合を調整できます。

無料で試してみてください。簡単に始められます

PagerDutyとAtlassianの両方のユーザーは、それぞれのソリューションをどのように簡単に(そして素早く)始めることができるかをすでに知っています。では、私たちの統合ソリューションは他と何が違うのでしょうか? PagerDuty + Atlassianは簡単に設定でき、製品間で同期し、ビジネスに合わせて拡張できます。チームがどこでどう働いていても適応するインテグレーションを提供することで、共通のお客様がJiraとAtlassian Suiteを合理的に利用できるようにしました。 Atlassianを試用するチームは、PagerDutyプラットフォームとの統合により、イベントインテリジェンス、300以上の監視ツールとの統合、オンコールのローテーションとスケジューリング 、冗長性のある通知の配信など、スAtlassian Suiteだけでは使えない機能を活用できます。

image3-1

新しいAtlassian Suiteとのインテグレーション

Jira Service Desk

  • Jira Service Deskの統合により、エージェントは重要な要求に対してオンコールのレスポンダーに従事し、通知することができます
  • カスタマーサービスエージェントのビジネスコンテキストとサービスの健全性の可視化
  • PagerDutyのサービス要求状態、優先度、および注意事項の双方向同期
  • Jira Service Desk UIに表示されるサービス要求のエスカレーションに関する詳細情報

Jira Software

  • Jira Software( Cloud / Server )はPagerDuty Event Intelligence Awareなもので、デジタル信号と人間の対応行動の両方を見て、より上流のコンテキストを提供します
  • PagerDutyからJiraにフィールドをマップする機能を含む、PagerDutyで識別された問題とインシデントの詳細をさらに詳しく提供
  • 問題のステータス、優先順位、および注意事項に関するPagerDutyとの双方向同期
  • 問題をエスカレートし、Jira Software内からのをオンコール中のレスポンダーを呼び出せます
  • PagerDutyのインシデントをJiraに自動または手動で同期できます

Bitbucket

  • ビルドやテストの失敗に素早く対処して、パイプラインをグリーンに保つ
  • コミットによって障害が発生した場合は、すぐにエンジニアに知らせて対応させる
  • PagerDutyと Bitbucketとの統合の詳細

Jira Ops

  • 自動的に、またはボタンを押すことでJiraインシデントを開く
  • 課題(Issue)のステータスのPagerDutyとの双方向同期
  • 問題をエスカレートし、Jira内からオンコールのレスポンダーを呼び出せる
  • PagerDutyがJira Incidentタイムラインと統合されます
  • PagerDutyと JiraOpsとの統合の詳細

本記事は米国PagerDuty社のサイトで公開されているものを日本語訳したものです。原文はこちらです。

book-markカテゴリー :ニュース&告知
book-markタグ: