BLOG
DevOpsのメインストリーム化

投稿:2018年4月25日   |    更新:2022年6月10日

PagerDutyで、私たちはDevOpsコミュニティとITプロフェッショナルが成功するために、どのように支えることができるかを考えて多くの時間を費やしています。私たちは、DevOpsの実践の進化のやり方と理由、実務家に価値を提供する方法、PagerDutyに高い信頼を寄せているコミュニティにどのように役立つのかについて、特に興味を持っています。

このことを念頭に、私たちは最近業界リーダーを対象としたWebセミナーを開催し、最新の実践とDevOpsの将来に関する予測を共有するよう求めました。 APMだけでなく、アプリケーションやセキュリティ監視の世界の視点を取り入れ、デジタル運用管理についての洞察を得ました。このグループには次の人たちが参加しています。

  • Ilad Rabinovich氏、Datadogの技術コミュニティ担当ディレクター
  • Chris Gervais氏、Threat StackのエンジニアリングVP
  • John Rakowski氏、AppDynamicsのプロダクトマーケティングディレクター
  • Arager Chakrabarti氏、PagerDutyのエンジニアリングディレクター

私たちは、「DevOpsがやがて主流になるか?」とか、「エンタープライズ企業がDevOpsのプラクティスを採用することはできますか?」など、DevOpsの将来に関する多数の質問を検討しました。パネリストは多くのことをシェアしてくれたので、その中から、私たちは以下のハイライトを得られました。

2017-predictions

DevOpsはやがてメインストリーム化するのか?

各スピーカーは、DevOpsがやがてメインストリーム化するのかということに関して考えを述べました。

DatadogのIlan Rabinovich氏は、ツールの普及、関連カンファレンス、マーケティング活動の環境全体を上げて、この産業はDevOps用語でいう「ピーク使用量」を達成したとコメントしました。 彼はさらに、誰もが同じ方法でDevOpsの言葉を使用しているわけではなく、真のDevOpsは “CAMS” definition:に定義されれいるような、文化、自動化、定量化、共有などによって証明されると指摘しました。

Threat StackのChris Gervais氏は、普及が遅れたとしてもDevOpsという言葉は確実に主流になると認めました。彼は、多くの組織や特定の種類の企業にとって、DevOpsはその活動のファブリックに組み込まれていることを提示しました。特に、SaaS製品を作っていスタートアップとファームには、DevOpsを一種の基盤となる固有の機能として活用しており、DevOpsのアプローチはまったく新しいものではなく、そうした企業の創業物語の一部になっています。 infrastructure as codeの考えに沿い、素早く進歩したい企業はコミュニティと同じくDevOpsツールの有用性を取り入れています。最近のTechCrunch の記事ではDevOpsは廃れたと宣言されたが、今やメインストリーム化しているはずだ、という冗談も口にしました。

AppDynamicsのJohn Rakowski氏は、DevOpsのメインストリーム化を「はいといいえ」という提案の一種とみなしています。同氏は、他のパネリストと意見を交わすことなく、DevOpsについて聞き取ること無しでは何処へも行けないと同意し、2016年までにDevOpsが主流戦略になるという2015年のGartnerの予測について言及しました。現実はあまり緊密に連携していなくても、Rakowski氏はメインストリーム化できると信じていましたが、 DevOpsの定義に関する継続的な闘争と議論は、特にさまざまな業界や組織にわたって残っています。彼は、エンタープライズ企業のDevOpsとスタートアップ企業のDevOps、DevOpsのメリットを得るために別々のチームを作成している企業などの有意義な違いを見分けました。

Arup Chakrabarti氏は、DevOpsは中小企業にとって「まさにそのままの存在です」と述べています。既存の企業にとって、DevOpsは標準ではありませんが、多くの企業は進化してあります。彼は、遅くて煩わしいことで知られている銀行や通信事業者の中には、DevOpsをポケットに入れて素晴らしい仕事をしていると指摘しました。しかし、彼は、DevOpsコミュニティが企業内でメインストリーム化できるためにはもっと多くの作業を行う必要があることを示唆しています。

エンタープライズ組織はDevOpsプラクティスを採用できますか?

エンタープライズ企業でDevOpsを採用するという問題で、Rabinovich氏は、採用とは技術よりも文化や組織の整合性のことだと感じています。 エンタープライズ企業では、ビジネスユニットやプロジェクトに割り当てられた別個のITチームが行動目標や営業目的などの共有によって内紛調整を対処できるサイロを作成することができます。

Rabinovich氏は「DevOpsの成功した組織は、まず文化と共有に取り組んだ後、ツールやメトリックを使って旅を加速しました。」とコメントしました。彼は市場にはテクノロジー製品を攻撃するために、ツールや、イベントや他のソリューションを販売していますが、文化と共有はメインストリームをもっと集中すべきエリアだと感じています。 DevOpsツールを購入することも一つのことですが、チームが共同の文化を構築していないと、データを共有できても進歩がほとんどなしで、学習も難しくなるとIlanは示唆しています。彼の見解では、CAMSモデルを活用し、共通の目標を特定するために共同作業をすることは、組織の成功への鍵となる道筋です。これは、アライメントと効率性を高め、追加リソースの確保につながる成功を追跡して共有する方法を生み出すからです。

Threat StackのGervaisは、エンタープライズの採用の聴衆からの、DevOpsは上から下、それとも下から上へ押し上げられているのか という質問に対応しました。.Gervaisは、これはただのCIOが DevOpsで “ready set go” というようなケースではなく、その代わりにmiddel outプロセスだと言えます。つまり、DevOpsはITチームの一部だけではなく、何人かの同好の一人一人がビジネス上の問題に集中するときに成長します。ビジネス上の問題に取り組まれる時、チームはDevOpsモデルの実験やテストを行い、従来のエンタープライズプロジェクト計画から外れる可能性のあるメトリクスを確立することでメリットを得られます。 Gervaisは、DevOpsが伝統的なIT組織やPMO組織に由来する場合、本質的に開始能力に制限があることを示唆しています。

Rakowskiの観点から見ると、エンタープライズ企業全体でDevOpsを実装することは、  

「DevOpsの採用はエンタープライズ企業全体でどのように進んでいますか?」などの質問を見て究極の問題とみなされています。ソフトウェアは顧客インタラクションと従業員の生産性を高めルための中心部であり、アプリケーションはビジネス成果を上げるようにします。そのように、技術がビジネスパフォーマンスの第一ドライバーとなっているため、より速いリリースが必須であるという現実があります。 DevOpsを実装しているRakowski州は、エンタープライズにとっての選択肢ではなく、ユーザーにサービスを提供し、ビジネスに価値をもたらすためにITが果たさなければならないことである。

PagerDutyのChakrabartiは、DevOpsの採用は、彼が考えるエンタープライズ企業が直面する最大の課題の3つ:文化、共有、アライメントによって推進されていることを示しています。 Opsチームは安定性に集中し、開発チームはイノベーションと変化に焦点を当てているため、根本的に不安定であり、異種のグループが組織内でサイロを作成します。結果として、彼は、サイトの信頼性と革新のバランスをとるビジネスの成功に焦点を当てた共通の目標を通じて、整合性を確立する強い必要性を認識しています。

マーケット上の雑音を除いて、パネリストはDevOpsがメインストリームかし、2017年以降にエンタープライズに移行していることに同意しているようです。 共有や文化の変革など、採用を推進する重要な要素は、DevOpsイニシアチブの基本要素であり、アライメントは成功と同じ傾向にあります。

このブログシリーズの次回の記事では、「中央オペレーションチームがアプリケーションコードベースに近づくのか」、「セキュリティがDevOpsの運用モデルの一部になるのか」など、さらに重要な質問について検討します。

その間、BrightStudioのデベロッパーズウェブセミナーの2017年の予測と傾向全体をチェックしてください!

Screen-Shot-2018-03-16-at-10.54.57-300x282

本記事は米国PagerDuty社のサイトで公開されているブログをそのまま日本語に翻訳したものです。原文はこちらを参照してください。

book-markカテゴリー :DevOps
book-markタグ: