BLOG
コンピューターの使い方:最先端のインフラストラクチャーの様相はどう変わったか

投稿:2017年12月31日   |    更新:2022年3月9日

今日のインフラストラクチャ はあなたの祖父母の時代のITインフラではなく、1世代前のインフラでもありません。 パンチカード、真空管、フェライトコアメモリー、フロッピー、ダイヤルアップインターネットの時代はもう終わりました。

そして今日のインフラは、5年前、あるいは1年前のITインフラでもありません。 現代のインフラは絶えず変化しています。この記事で私たちにできるのは、インフラのスナップショットを見せ、それが今度どうなるのかという一般的なイメージを伝えることです。

インフラの効果的な監視には、今日のインフラの様相とそれがどう変わっていくか、将来何がそこに含まれることになるのかを理解しておく必要があります。

thomas-kvistholt-191153-1024x684-768x513

ハードウェア:たぶんムーアの法則の予想を下回る

ハードウェアインフラは比較的安定しており(「相対的に」という言葉が強調されています)、数年間は半安定の状態にあります。 ムーアの法則が限界に達しつつあるという推測は時期尚早ですが、Mooreの法則が描く曲線は、少なくともプロセッサ速度とRAM容量(大容量ストレージは別の話かもしれない)に関しては、部分的に平準化しつつあるようです。

ソフトウェア:変化するのが自然

この平準化は、ITインフラの最も重要な変化がソフトウェア側で起きていることを意味します。これは驚くべきことではありません。なぜなら、現代のインフラはかなりの部分をソフトウェアに負っているからです。 SDN(Software-defined networking)、仮想マシン、コンテナなどは、今日のハードウェアとソフトウェアの間の線が事実上ひどくあいまいになっていることを示しています。

ソフトウェアとしてのITインフラが現代のコンピューティングの大事な要素だということは驚くべきことではありません。 結局のところ、ハードウェアは基本的にフレームワークであり、何かを可能にするために設計された構造です。 その可能性を利用できる人は、世界にあらゆる違いを生み出すことができます。

ハードウェアの遅れから解放される

ソフトウェアベースのインフラへの移行は、これまでのプラットフォームの変化をはるかに超えた意味を持ちます。一つは、ハードウェア自体の変更の速度に大きな遅れが見られることです。物理サーバー、ネットワーク、および周辺機器を交換またはアップグレードするには、費用がかかり、時間がかかるので。その必要性が明確になるまで(またはなった後まで)、多くの組織が長い時間待って、それからハードを更新していました。この遅れはほんの数年かもしれませんが、レガシーなハードウェアとそれに必要なレガシーなソフトウェアの両方を共存させることを要件としたために、ソフトウェアレベルにもインフラのハードウェア自体にも影響を与えました。

しかし、現代のソフトウェアベースのインフラでは、アプリケーションソフトウェアとインフラを構成する要素の両方が、基本的なハードウェア要素の大部分(全てではないにしても)から隔離されています。ハードウェアが抽象化レイヤーの要件をサポートできる限り、インフラ自体にはハードウェアの遅れの影響がほとんどありません。

「ソフト」要因

結果として、インフラソフトウェアとアプリケーションソフトウェアの両方の変化の速度は、現在の組織文化やソフトウェア設計と開発の速度に関する現実の制限などの他の要因に支配されています。 これらの要因は一般的に「ソフト」的であり、それが課す遅れははるかに短く、特定の組織内の一般的な状況により多く依存しするようになっています。

今日のインフラ

つまり、今のコンピューティングへの理解は、現代のITインフラの現状を今のこの時点でとらえたスナップショットに過ぎないことを意味します。 そのようなスナップショットには何が含まれているでしょうか? 大事な要素は次のようになります。

  • クラウド。インフラが抽象化された複数の層の上に位置するソフトウェアである場合は、それが特定のサーバーまたはネットワークのセットに結び付けられる理由はありません。 クラウド(基本的に高レベルの抽象化レイヤー)は、開発者が相互作用する最も基本的なインフラになります。 開発者が作成し管理するインフラは、それがVM上で実行されているアプリケーションであっても、仮想化されたホストシステム上で実行されているコンテナで構成されているものであっても、実質的に完全に仮想化されています。
  • 仮想化。 仮想化は既存のものとなっていて、私たちは今この事実の意味を理解し始めているだけです。 既存のオペレーティングシステムはもともとハードウェアによって課せられた制約を念頭に設計されていました。 ハードウェアに課せられた制限を参照することなく完全に設計されたシステムはまだありません。

しかし、現在のオペレーティングシステムの限界があっても、標準となった仮想化を使えば、アプリケーションだけでなく、それらが存在する環境も、伝統的なOSで実行された簡単なプロセスと同じくらい簡単に、作成、管理、 破壊できます。

  • パイプライン全体の自動化 インフラがソフトウェアの場合、他の種類のソフトウェアを管理するのと同じ方法で、インフラを管理するのが合理的です。 また、この自動化をソフトウェア配信パイプライン全体にわたって拡張することも合理的です。それがパイプラインの全プロセスを管理するための単一のシステムの形を取ったとしても、あるいは必要に応じてタスクを互いに引き離す一連のスクリプトの形になったとしてもです。

伝統的に、自動化はしばしばスケジュール駆動型でした。 しかし、現代のインフラストラクチャーでは、通常、イベント駆動型です。 これにより、より大きな柔軟性が得られ、不要な遅延が排除されます。

  • 切れ目のない配送。 そういうフレキシブルな応答駆動型の自動化は、当然、継続的な配信につながります。 手作業による介入や配送プロセスによる遅れがないのですから、連続してはならない理由はありません。

実際、配信が途切れ途切れになっていた理由は、通常、仮想化されていないインフラと配信パイプラインが自動化されていなかったからです。 仮想化されたソフトウェアベースのインフラを完全に自動化する機能と組み合わせることで、ハードウェアベースのインフラの制約に対応する必要性がなくなり、継続的な配信が可能になりました。インシデント管理で継続的な配信を最適化する方法については、こちらをクリックしてください。

https://www.pagerduty.com/resources/learn/continuous-delivery

では、今日私たちはどうにコンピュートするのでしょうか? 私たちは仮想化され、抽象化の複数のレイヤーによってハードウェアレベルから隔離された環境でコンピュートしています。 当社の開発およびデプロイメントパイプラインは、イベント駆動型の自動化によって途切れることなく管理されています。 多くの点で、現代のIT環境は、従来のハードウェアベースのIT世界から隔離された仮想世界になっており、数年前にITを支配していた懸案の多くが無関係になっています。

バーチャルな明日?

以上が今日のスナップショットだとすれば、明日は、さらに5年先、10年先はどうなるのでしょうか? もちろん、実際に知る方法はありません。今日の予測は、時間が経つにつれ、だんだんと的外れになる可能性があります。

しかし、ここにいくつかの他の予測があります。ハードウェアによって課せられた制約から仮想コンピューティング環境を解放する効果が見え始めたことがその1つにあげられます。また、仮想化されたコンピューティングと、バーチャルリアリティと、昔からの物理的な経験の区別が崩壊する可能性があります。多くの点で、今日のコンピューティングの変化の速度は、私たちの能力によって制限されています。つまり変化が発生したときにそれを私たちが吸収し、発達するにつれてその力をフルに活用する能力によって制限されています。しかし、自動化とインテリジェンス機能は、垂直でもドメインでもほぼ全ての機能を破壊的に変え、効率性の新たな可能性を広げ、人々の作業の焦点を劇的に変える可能性があります。

おそらくコンピューティングと日々の経験の両方の仮想化は、将来の変化を吸収する速度を早めます。私たちが未来のクリエーターになり、未来に参加する可能性が高いとしても、このような場合、もし今私たちがその一部を垣間見られたとしても、将来のコンピューティングと人間生活の両方が完全に理解不能になります。世界を変えるなら私たち自身も変えることになるのです。

book-markカテゴリー :ベストプラクティス
book-markタグ: