BLOG
ChatOps:チャットボットがインシデントを引き受けます

投稿:2017年12月23日   |    更新:2022年3月9日

あなたの考えていることをずっと追いかけていて、あなたの計画の実行を助ける、そんな小さな ロボット があったら素晴らしいでしょう。もし、あなたがインシデント監視インフラストラクチャを担当する管理者なら、それは存在します。チャットボットと呼ばれる彼らは、インシデント管理ワークフローを最適化するための鍵です。

ここではチャットボットとChatOpsを使うのが、DevOps手法を採用している組織にとってとても重要な理由について説明します。

chat

チャットボットの定義

「チャットボット」は人によって異なるものを意味します。大まかに定義すると、チャットボットは、人間と「会話」をするプログラムです。チャットボットはずいぶん昔から存在しています。あなたがAOL(注:America Online)がまだインターネットを支配していた時代に育ったなら、例えばSmarterChildというAIMインスタントメッセージングサービスのためのチャットボットを覚えているでしょう。

インシデント管理とインフラストラクチャの監視の分野でいうチャットボットは、もっと狭い意味を持ちます。彼らは人間の言うことを理解し会話をするだけでなく、人の代わりにアラートを監視しインシデントに対応します。

言い換えれば、この意味でのチャットボットは、SlackやHipChatなどのコミュニケーションプラットフォームと統合され、人間の入力に応答してコマンドを処理するプログラムです。コマンド自体は、多くの場合、バックグラウンドで動作するサーバで実行されていますが、管理者が行う必要があるのは、何をするかチャットボットを教えることだけで、残りは事前に定義された手順に基づいて自動的に処理されます。

チャットボットとChatOps

チャットボットは開発業務におけるツール、プラットフォームであり、ChatOpsと呼ばれます。彼らは開発者と運用チームに以下のような利益をもたらします。

コマンドを実行するための便利なインタフェースを提供する

すでにSlack、HipChatや他のコミュニケーションプラットフォームをすでに使っている場合、なぜコマンドを実行するために異なるインタフェースに乗り換えるのでしょうか。チャットボットならばあなたがコマンドを実行する必要はありません。チャットインターフェイスから直接実行させることができるので、ずっと素早く実行できます。

チーム全体を可視化

あなたがチャットボットとの対話を公開していれば、参加するすべての人があなたが実行したコマンドを確認することができます。これは、あなたのチーム全体を可視化し、チームメンバーが同じコマンドや矛盾したコマンドを実行していないことを確認できます。そして同時に、チーム全体が学習する機会も提供します。

リアルタイムなアクションを促進

伝統的に、チームは集まり、計画を立て、別れて、実行します。チャットボットとChatOpsを使うと、コミュニケーションと操作インターフェースが統合されているので、対話と実行が同時に可能です。重要なオペレーションを実行する前、計画を立てるための時間が要らないとは言いませんが、例えばインフラの障害に対応しているときのように時間が最重要である場合、計画とオペレーションが同時に行えるのは大きな利点です。

チャットボットとChatOps、DevOpsチーム

これらの利点は、ほぼすべてのタイプの組織に有用です。組織がDevOpsチームスタイルのワークフローに移行しつつある現在、これは特に重要だといえるでしょう。

それはなぜか。DevOpsチームの2つの原則は、シームレスなコミュニケーションとオペレーションの俊敏性であるためです。ソフトウェアの継続的デリバリー(と透明性と公開性)を求める場合は、チームメンバー間のコミュニケーションギャップを回避する必要があります。また、インシデント対応時に継続的デリバリーのパイプラインを壊さぬよう、迅速かつ容易に行動できる必要があります。

同じ論理は、監視とインシデント管理にも適用されます。監視チームを継続的に活動できるようにしたい場合、リアルタイムでインシデントを特定し解決するため、瞬時に可視化されたコミュニケーションが可能な手段が必要です。素早いアクションと効率的かつ協調的な方法でチームメンバー間に責任を持たせるための方法です。チャットボットはこのすべてを可能にします。そのため、チャットロボットはDevOpsの世界を席捲しているのです。

book-markカテゴリー :DevOps
book-markタグ: