インシデント対応のボトルネックを回避する