Automation
PagerDuty Process Automationソフトウェア

ビジネスとITのプロセスを標準化・自動化することで、より迅速な運用を実現します。

専門知識から再現可能な自動化を

手動手順を標準化して自動化し、既存の自動化をエンドツーエンドのプロセスに組み込めます。

運用チームの生産性を改善

エンドユーザーやスタッフに安全に操作を委譲し、専門家へのエスカレーションを削減できます。

イノベーションの能力を向上

手動タスクを自動化し、労力を削減して開発業務時間を拡大。ビジネスとITの変革をサポートします。

製品機能

既存のITインフラとシステムにプラグイン

Process Automationは、多くのプラグインをデフォルトで提供しており、既存のインフラやシステムと統合可能です。独自のプラグインを非常に簡単に作成でき、Webhooksを使用して統合することもできます。これらの統合は、入力、ノード、ステップ、出力として自動化されたジョブのリソースとなります。

automation image

マルチステップの自動化プロセスを定義

エンジニアは、ノードやノードで実行するステップなどのリソースを組み込んだマルチステップのジョブを定義します。ステップには、既存の自動化の実行、API 呼び出し、コマンドの発行などが含まれます。

auto motion iamge 3

セルフサービス型の自動化業務を安全に委任

関係者は、UIから自動化を呼び出すか、プラグイン統合を使用して、ServiceNow、JIRA、Slack、PagerDutyなどの一般的な運用インターフェイスから直接自動化を呼び出すことができます。自動化の実行権限は、ロールベースおよびコンテキストベースのアクセスコントロールに従います。

autoMotionImage

統合されたセキュリティーと内蔵のロギング

Process Automationは、認証とアクセスコントロールのためにSSOとLDAPを統合しています。また、シークレット管理システムと統合し、きめ細かなアクセス制御も可能です。内蔵のログ機能により、全てのジョブの実行と結果を監査証跡として残すことができます。

autoMotionImage 4

高可用性、自己管理型デプロイメント

ロードバランサーとサーバーの冗長性を備えたProcess Automationクラスターを導入することで、容量と耐障害性を向上させることができます。Process Automationは、あらゆるクラウド環境または仮想環境に導入できます。

auttion

PagerDuty Process Automationは、企業のファイアウォール内にインストールされるセルフホスティングの開発およびランタイム環境です。プラグインアーキテクチャーにより、既存のITインフラ、アプリケーション、セキュリティと統合可能です。ロードバランサーの後ろに冗長サーバーを配置した高可用性構成でデプロイすることができます。

ジョブ開発者は、ウェブブラウザー経由でデザインタイム環境にアクセスできます。ジョブ実行者は、ウェブブラウザー、コマンドライン、または他のアプリケーションからのAPI呼び出しによって自動化されたジョブを呼び出すことができます。自動化されたジョブは、時間や条件に応じて実行するようスケジュールしたり、イベントや他のビジネスプロセスによって起動させることができます。

PagerDuty Process Automationは、自動化に関わるノードを常に監視し、インフラの状態の変化にジョブが動的に適応し、反応することを可能にします。

automation